韓国、ソウルで電動キックボードに二人乗りする男女。2021年。急速に普及したもののヘルメット着用義務化に伴いシェアリングサービスでは需要が急減(AFP=時事)

韓国、ソウルで電動キックボードに二人乗りする男女。2021年。急速に普及したもののヘルメット着用義務化に伴いシェアリングサービスでは需要が急減(AFP=時事)

 韓国の業界団体の調査によればヘルメット着用義務化によって電動キックボード業者の売上や利用者は一時30%から50%も減ったとされる。

「ヘルメットを持ち歩く人なんていませんからね、髪型を気にして嫌がる人もいるでしょうし、蒸れるとか、単に面倒とかって人もいます。これを日本政府も、日本の業界団体や企業も気にしたのでしょうね。あとはインバウド、外国人観光客に気を使った部分もあるのでしょう」

 国情やレギュレーションの違いもあるため比較はできないが、ヘルメットの着用義務がない、もしくはゆるい国は多い。

「対して警察はヘルメットを義務化したかった。行政も事故の増加は避けたかった。しかし国と業界は普及の妨げになると特別扱いで小特にねじ込んで推進した。後者が押し切った形ですね」

 警視庁は当初からノーヘルに懸念を示していた。繰り返される電動キックボードによる違反行為に対して集中的な取り締まりも続けた。また業界団体にも対策を要請している。行政もまた、今回事故のあった中央区も2022年5月16日に以下の要望書を提出している。

〈本区は、銀座や京橋、日本橋などの商業・業務が集積し、路上パーキングが多いことや、一部地域では歩行者天国が実施されるなどの地域特性があり、限られた道路空間に新たな交通主体が加わることにより、交通事故の増加などを懸念しております。
 本区といたしましては、特定小型原動機付自転車に関して、交通事故の危険性が高い道路空間には通行禁止区域を設ける等の必要があると考えております。つきましては、改正道路交通法の施行に当たり、各警察署が地域町会の意見を取り入れ、地域特性に配慮するなど、より柔軟に交通規制の対応ができる制度となるよう要望いたします〉

 この中央区の懸念通り、同区が電動キックボードのシェアリングサービス死亡者第1号となってしまった。やはり見切り発車による公道実験とサービスが混乱を招いている。

人身事故だったらと思うと怖い

「決まったことなので仕方がない話ですが、私もバイク乗りですから、個人的にはヘルメット着用は義務化すべきだと思います。15km/hだって打ちどころが悪かったら死にますよ。何でも死ぬと言われればそうですけど、ヘルメットをちゃんと被って助かる人は本当に多いのです。自転車だってそうですよ」

 警視庁によれば、自転車の交通事故で死亡した人の約6割が頭部の致命傷によるものだとしている。また致死率もヘルメットの着用者に比べて2.2倍となっている(2017年~2021年統計)。自転車は13歳未満を除けばヘルメットの着用は努力義務となっているが、電動アシスト自転車などは24km/hまではアシスト機能が効くように設計されているわけで、自転車のヘルメット着用に対して国や全国の自治体が力を入れている意味がよくわかる。それなのに電動キックボードとなるとノーヘルにこだわる、本当に不思議な話である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン