芸能

深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由

地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子

地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子

「ネット配信大手が手がけるオリジナルドラマの撮影も始まり、女優としての活動を再開しています。ところが、久しぶりに地上波ドラマへの出演の話が進んでいたのに、立ち消えになってしまったそうです」

 テレビ局関係者がこう言って首をかしげる“女優”とは、深田恭子(39才)だ。9月7日、深田は自身のインスタグラムを半年ぶりに更新し、穏やかな笑顔で海を眺める写真をアップした。

「一時は健康的なイメージの“深キョン”らしからぬ激ヤセぶりに、心配の声が上がっていました。インスタで久しぶりに見せた元気な姿に、安堵したファンも多かったでしょう」(前出・テレビ局関係者)

 昨年5月に「適応障害」でドラマを降板し、休養に入った深田。昨秋から徐々に仕事復帰し、イベントなどでは明るく振る舞う姿を見せていたものの、決して“本調子”とはいえない状態が続いていた。

「2022年中に公開予定だった主演映画は、深田さんの体調が安定せずスケジュール調整が難航。結局、撮影中止になりました。現場では『いまの深田さんでは主演女優として最後まで撮影を続けるのは無理』という声が上がっていたそうです」(映画関係者)

 荒れ模様が続いたのは仕事だけではない。プライベートでも、2019年から交際を続けている不動産会社「シーラホールディングス」会長の杉本宏之氏との関係が、破局寸前にまで陥っていたという。原因は深田の乱れた生活にあった。週に何度も夕方から翌日の昼までお酒を飲むような生活が続き、酒量は増えるばかり。あきれ果てた杉本氏が深田に対して、「もう無理だから!」「別れよう!」と声を荒らげる姿も目撃された。

「ふたりは一時期、本当に別れてしまい、杉本さんが知人に『彼女とは終わりました』と明かしていたこともあった。しかし、深田さんの生活が改まったことでヨリを戻すことになったんです。最近ではウオーキングにはまり、1日に20km近く歩く日もあるとか。かなり健康的な生活を心がけていると聞きます」(深田の知人)

 CMやドラマなど以前に増して精力的に活躍する深田。それではなぜ冒頭のように地上波ドラマへの出演は立ち消えになったのか。

「深田さんはこれまでどんな役にも前向きにチャレンジしてきたので、驚きました。エイズになってしまう女子高生役から妊活妻、ボディースーツの泥棒役まで他の人が敬遠しそうな役柄も幅広くこなし、評価を得てきた女優さんですから。

 今回のドラマの内容は“20才の奔放女子”と“40才で経験ゼロの処女”が織りなすストーリーで、40才処女役に深田さんの名前があげられていたそうです。悩む部分もあったようですが、自分のいまのイメージとは合わないと難色を示したそうです」(別のテレビ局関係者)

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン