芸能

深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由

地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子

地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子

「ネット配信大手が手がけるオリジナルドラマの撮影も始まり、女優としての活動を再開しています。ところが、久しぶりに地上波ドラマへの出演の話が進んでいたのに、立ち消えになってしまったそうです」

 テレビ局関係者がこう言って首をかしげる“女優”とは、深田恭子(39才)だ。9月7日、深田は自身のインスタグラムを半年ぶりに更新し、穏やかな笑顔で海を眺める写真をアップした。

「一時は健康的なイメージの“深キョン”らしからぬ激ヤセぶりに、心配の声が上がっていました。インスタで久しぶりに見せた元気な姿に、安堵したファンも多かったでしょう」(前出・テレビ局関係者)

 昨年5月に「適応障害」でドラマを降板し、休養に入った深田。昨秋から徐々に仕事復帰し、イベントなどでは明るく振る舞う姿を見せていたものの、決して“本調子”とはいえない状態が続いていた。

「2022年中に公開予定だった主演映画は、深田さんの体調が安定せずスケジュール調整が難航。結局、撮影中止になりました。現場では『いまの深田さんでは主演女優として最後まで撮影を続けるのは無理』という声が上がっていたそうです」(映画関係者)

 荒れ模様が続いたのは仕事だけではない。プライベートでも、2019年から交際を続けている不動産会社「シーラホールディングス」会長の杉本宏之氏との関係が、破局寸前にまで陥っていたという。原因は深田の乱れた生活にあった。週に何度も夕方から翌日の昼までお酒を飲むような生活が続き、酒量は増えるばかり。あきれ果てた杉本氏が深田に対して、「もう無理だから!」「別れよう!」と声を荒らげる姿も目撃された。

「ふたりは一時期、本当に別れてしまい、杉本さんが知人に『彼女とは終わりました』と明かしていたこともあった。しかし、深田さんの生活が改まったことでヨリを戻すことになったんです。最近ではウオーキングにはまり、1日に20km近く歩く日もあるとか。かなり健康的な生活を心がけていると聞きます」(深田の知人)

 CMやドラマなど以前に増して精力的に活躍する深田。それではなぜ冒頭のように地上波ドラマへの出演は立ち消えになったのか。

「深田さんはこれまでどんな役にも前向きにチャレンジしてきたので、驚きました。エイズになってしまう女子高生役から妊活妻、ボディースーツの泥棒役まで他の人が敬遠しそうな役柄も幅広くこなし、評価を得てきた女優さんですから。

 今回のドラマの内容は“20才の奔放女子”と“40才で経験ゼロの処女”が織りなすストーリーで、40才処女役に深田さんの名前があげられていたそうです。悩む部分もあったようですが、自分のいまのイメージとは合わないと難色を示したそうです」(別のテレビ局関係者)

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン