スポーツ

アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った

a

4度結婚した猪木さん

 日本のプロレス界を牽引し、国会議員としても活躍したアントニオ猪木さんが、10月1日に亡くなった。79才だった。生前の活躍はプロレス界にとどまらず、政界や実業界にもその名を轟かせた。私生活では4人の女性と結婚。絶縁して二度と会わない女性もいたが、激動の時代を共に歩んだ倍賞美津子(75才)とは離婚後も“戦友”のような関係が続いたという。

 今年5月、猪木さんは青森県の秘湯・蔦温泉に「アントニオ猪木家」の墓を建立している。

「この墓は2019年に亡くなった妻の田鶴子さんのために建てられました。猪木家の墓は故郷の神奈川県にある曹洞宗の本山にあり、猪木さんもそこに埋葬される予定ですが、田鶴子さんとの思い出がある青森の墓に分骨することも検討されているそうです」(猪木さんの知人)

 事実婚を含めて4度結婚している猪木さんの最後の伴侶が16才下の田鶴子さんだった。田鶴子さんはカメラマンとして1990年代後半から猪木さんの写真を撮り始め、2001年に猪木さんの写真集を出版。公私共に彼を支えるパートナーとなり、2013年に猪木さんが2度目の参議院議員になると議員秘書を務めた。

 振り返れば、プロレスの枠を超えた猪木さんの活躍の陰には、常に女性の姿があった。1943年、横浜に生まれた猪木さんは13才のとき、貧困を抜け出すため一家でブラジルに移住してコーヒー農園で働いた。

 現地を訪れた力道山にスカウトされて帰国し、同期のジャイアント馬場さん(享年61)と共にプロレスラーとしてデビューしたのは1960年。最初の“妻”は、武者修行中に知り合ったアメリカ人女性のダイアナさんだった。彼女との間に生まれた娘は、猪木さんの母と同じく「文子」と名づけられたという。

「猪木さんはダイアナさんと娘を連れて帰国しましたが、巡業で忙しい猪木さんと異国暮らしのストレスを抱える彼女のすれ違いが原因で破局。小児がんを患った文子さんは8才で亡くなり、晩年の猪木さんは、“もっと何かしてあげられたのでは”と悔やんでいました」(前出・猪木さんの知人)

W不倫の果ての壮絶離婚劇

 帰国後、『日本プロレス』の若きエースとなった猪木さんの前に運命の女性が現れる。松竹の看板女優だった倍賞美津子である。猪木さんを裏方として支え、後に『新日本プロレス』の隆盛を築いた新間寿さん(87才)が振り返る。

「仲を取り持ったのはプロレスラーの豊登道春さんです。倍賞さんが『トヨさん、たまには若い人を紹介してよ』なんて冗談で言っているときに『それなら猪木がいるよ』と、紹介したのがご縁だったと記憶しています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン