スポーツ

アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った

a

4度結婚した猪木さん

 日本のプロレス界を牽引し、国会議員としても活躍したアントニオ猪木さんが、10月1日に亡くなった。79才だった。生前の活躍はプロレス界にとどまらず、政界や実業界にもその名を轟かせた。私生活では4人の女性と結婚。絶縁して二度と会わない女性もいたが、激動の時代を共に歩んだ倍賞美津子(75才)とは離婚後も“戦友”のような関係が続いたという。

 今年5月、猪木さんは青森県の秘湯・蔦温泉に「アントニオ猪木家」の墓を建立している。

「この墓は2019年に亡くなった妻の田鶴子さんのために建てられました。猪木家の墓は故郷の神奈川県にある曹洞宗の本山にあり、猪木さんもそこに埋葬される予定ですが、田鶴子さんとの思い出がある青森の墓に分骨することも検討されているそうです」(猪木さんの知人)

 事実婚を含めて4度結婚している猪木さんの最後の伴侶が16才下の田鶴子さんだった。田鶴子さんはカメラマンとして1990年代後半から猪木さんの写真を撮り始め、2001年に猪木さんの写真集を出版。公私共に彼を支えるパートナーとなり、2013年に猪木さんが2度目の参議院議員になると議員秘書を務めた。

 振り返れば、プロレスの枠を超えた猪木さんの活躍の陰には、常に女性の姿があった。1943年、横浜に生まれた猪木さんは13才のとき、貧困を抜け出すため一家でブラジルに移住してコーヒー農園で働いた。

 現地を訪れた力道山にスカウトされて帰国し、同期のジャイアント馬場さん(享年61)と共にプロレスラーとしてデビューしたのは1960年。最初の“妻”は、武者修行中に知り合ったアメリカ人女性のダイアナさんだった。彼女との間に生まれた娘は、猪木さんの母と同じく「文子」と名づけられたという。

「猪木さんはダイアナさんと娘を連れて帰国しましたが、巡業で忙しい猪木さんと異国暮らしのストレスを抱える彼女のすれ違いが原因で破局。小児がんを患った文子さんは8才で亡くなり、晩年の猪木さんは、“もっと何かしてあげられたのでは”と悔やんでいました」(前出・猪木さんの知人)

W不倫の果ての壮絶離婚劇

 帰国後、『日本プロレス』の若きエースとなった猪木さんの前に運命の女性が現れる。松竹の看板女優だった倍賞美津子である。猪木さんを裏方として支え、後に『新日本プロレス』の隆盛を築いた新間寿さん(87才)が振り返る。

「仲を取り持ったのはプロレスラーの豊登道春さんです。倍賞さんが『トヨさん、たまには若い人を紹介してよ』なんて冗談で言っているときに『それなら猪木がいるよ』と、紹介したのがご縁だったと記憶しています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン