(共同通信社)

サザンの桑田は「私にとって、永遠のスーパースター」と語った(共同通信社)

《彼女のことでフッとジェラシーを感じてしまったり、その次に起きてくる自分の心の動きというものに自分で気づくことがありますね》

 新間さんも離婚を悔やむ。

「手を取り合って苦労を乗り越えた素敵な夫婦だったので、別れたと聞いたときは残念でなりませんでしたよ。猪木さんには海外でよく『お前、女遊びするなよ』と釘を刺されました。ぼくが知る限り、猪木さんに女性の影はなかったと思います」

 倍賞はのちにインタビューで当時の心境をこう振り返っている。

《離婚したての頃は恨んだこともあったけれど、そういうことは時間が癒してくれたし、(中略)人を一生懸命愛した記憶って、たとえそれが別れにつながっても、素晴らしいことなんだなって改めて思いました》(『SAY』2003年1月号)

 離婚後、猪木さんも周囲に「いい女だった」としみじみ語っていたという。

3度目、そして最後の結婚

 3度目の結婚は1989年。猪木さんが参院選に当選して史上初のプロレスラー出身国会議員となった年だった。

「お相手は22才年下のキャリアウーマン。翌年長男が生まれ一家でアメリカに移住しましたが、息子が成人した2012年に離婚。猪木さんは家族の縁を切られ、後年『息子とまったく会えない』と嘆いていました」(前出・猪木さんの知人)

 そして最後の結婚相手が前述の田鶴子さんだった。

「2017年に入籍したとき、猪木さんは74才。本人は『もう結婚はいいや』と言っていたが、『猪木家の墓に入りたい』と懇願する田鶴子さんが喜ぶならと、婚姻届にサインしたそうです。彼女は猪木姓になったことがうれしくてしょうがないといった様子で、勲章をもらったように誇らしげにしていました」(前出・猪木さんの知人)

 だが、喜びからわずか2年後の2019年に、田鶴子さんはがんでこの世を去った。

「最後の2か月半、猪木さんは田鶴子さんの隣の病室に入院して一緒に過ごすことができたそうです。遺骨は彼女が大好きだったパラオの海に散骨しましたが、尽くしてくれた妻を失った猪木さんはひどく落ち込んでいました」(前出・猪木さんの知人)

 猪木さんは前述の自伝で田鶴子さんの愛情を井戸にたとえた。

《掘っても掘っても水が出てこなくて、「この井戸はどこまで深いんだよ」って驚くほどの深さだった》

 波瀾万丈の人生の終盤、妻を亡くし孤独を感じていた猪木さんのもとを訪れる女性の姿があった。倍賞である。入院中、猪木さんは愛弟子やごく一部の関係者しか病室に入れなかったが、倍賞だけは別だった。彼女が見舞いに来ると猪木さんは穏やかな笑みを浮かべたという。

※女性セブン2022年10月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン