1971年3月に笑顔で婚約を発表した猪木さんと賠償(共同通信社)

1971年3月に笑顔で婚約を発表した猪木さんと賠償(共同通信社)

 当時から倍賞は姉の千恵子(81才)と共に女優として人気を博していたが、豪放磊落で、自称“よく食べる女プロレスラー”。周りの雰囲気を明るくする倍賞の魅力に猪木さんは惹かれていった。

「1971年11月に東京・京王プラザホテルで約1億円をかけた結婚式を挙げました。婚約指輪は1500万円のキャッツアイ。高さ5mのウエディングケーキや豪華な引き出物も話題になりました」(プロレス関係者)

 いまの金額に換算すれば5億円近いド派手婚だったが、新婚夫婦はすぐに試練に直面する。きっかけは猪木さんが当時所属していた日本プロレスを追われたことだった。式の費用は日本プロレスが負担することになっていたが、追放で“自腹”に。さらに、新日本プロレスを旗揚げするために莫大な借金を抱えた猪木さんに、倍賞はこう語りかけたという。

「馬鹿ねえアンタ。お金もらってから辞めればよかったのに。でも、心配しなさんな。あなたひとりくらい私が食べさせてあげる」

 倍賞は女優を休業して猪木さんの仕事を手伝い、宣伝カーのナレーションの吹き込みや、試合のブッキングにも尽力した。猪木さんは自伝『猪木力 不滅の闘魂』(河出書房新社)で、当時の倍賞についてこう書いている。

《厳しい時代だったけど、救われたのが彼女の明るさでね。例えば、会社の宴会なんかがあると、その場をひとつにまとめて盛り上げる能力なんかは凄かった。あの輝きは、俺を何度も助けてくれた》

 1976年、猪木さんは世界をあっと言わせる大勝負に出る。プロボクシング統一世界ヘビー級王者モハメド・アリとの「異種格闘技戦」をぶち上げたのだ。米ニューヨークで行われた調印式には倍賞も同行し、猪木さんの袴の着付けも行った。

「会見のとき、アリが会場にいた倍賞さんをめざとく見つけましてね。『あの人は誰だ』と聞くから『ミセス猪木だ』と答えると、信じられないという顔をするんです。アリは『あんなきれいな人が猪木のワイフなのか?』と驚いていましたが、それくらい魅力的な女性でしたから」(前出・新間さん)

 一人娘をもうけ、公私ともに充実していた夫婦の関係に亀裂が生じはじめたのは1985年。資金集めに奔走する猪木さんは家庭を顧みなくなり、ブラジルの事業にものめり込んだ。

「どうしても今夜は家にいてほしい。そうでなきゃ私たちはダメになる」

 そう訴える妻の言葉に反して、猪木さんは家を空けがちになった。倍賞が映画で共演した萩原健一さん(享年68)との不倫疑惑を報じられたのは1985年。翌年、猪木さんも六本木のクラブママとの密会をすっぱ抜かれ、1988年に離婚が成立した。当時、倍賞と萩原さんは共に不倫を否定したが、離婚成立後に堂々と交際宣言。猪木さんは『週刊ポスト』(1989年6月16日号)のインタビューで複雑な胸中を明かした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン