1971年3月に笑顔で婚約を発表した猪木さんと賠償(共同通信社)

1971年3月に笑顔で婚約を発表した猪木さんと賠償(共同通信社)

 当時から倍賞は姉の千恵子(81才)と共に女優として人気を博していたが、豪放磊落で、自称“よく食べる女プロレスラー”。周りの雰囲気を明るくする倍賞の魅力に猪木さんは惹かれていった。

「1971年11月に東京・京王プラザホテルで約1億円をかけた結婚式を挙げました。婚約指輪は1500万円のキャッツアイ。高さ5mのウエディングケーキや豪華な引き出物も話題になりました」(プロレス関係者)

 いまの金額に換算すれば5億円近いド派手婚だったが、新婚夫婦はすぐに試練に直面する。きっかけは猪木さんが当時所属していた日本プロレスを追われたことだった。式の費用は日本プロレスが負担することになっていたが、追放で“自腹”に。さらに、新日本プロレスを旗揚げするために莫大な借金を抱えた猪木さんに、倍賞はこう語りかけたという。

「馬鹿ねえアンタ。お金もらってから辞めればよかったのに。でも、心配しなさんな。あなたひとりくらい私が食べさせてあげる」

 倍賞は女優を休業して猪木さんの仕事を手伝い、宣伝カーのナレーションの吹き込みや、試合のブッキングにも尽力した。猪木さんは自伝『猪木力 不滅の闘魂』(河出書房新社)で、当時の倍賞についてこう書いている。

《厳しい時代だったけど、救われたのが彼女の明るさでね。例えば、会社の宴会なんかがあると、その場をひとつにまとめて盛り上げる能力なんかは凄かった。あの輝きは、俺を何度も助けてくれた》

 1976年、猪木さんは世界をあっと言わせる大勝負に出る。プロボクシング統一世界ヘビー級王者モハメド・アリとの「異種格闘技戦」をぶち上げたのだ。米ニューヨークで行われた調印式には倍賞も同行し、猪木さんの袴の着付けも行った。

「会見のとき、アリが会場にいた倍賞さんをめざとく見つけましてね。『あの人は誰だ』と聞くから『ミセス猪木だ』と答えると、信じられないという顔をするんです。アリは『あんなきれいな人が猪木のワイフなのか?』と驚いていましたが、それくらい魅力的な女性でしたから」(前出・新間さん)

 一人娘をもうけ、公私ともに充実していた夫婦の関係に亀裂が生じはじめたのは1985年。資金集めに奔走する猪木さんは家庭を顧みなくなり、ブラジルの事業にものめり込んだ。

「どうしても今夜は家にいてほしい。そうでなきゃ私たちはダメになる」

 そう訴える妻の言葉に反して、猪木さんは家を空けがちになった。倍賞が映画で共演した萩原健一さん(享年68)との不倫疑惑を報じられたのは1985年。翌年、猪木さんも六本木のクラブママとの密会をすっぱ抜かれ、1988年に離婚が成立した。当時、倍賞と萩原さんは共に不倫を否定したが、離婚成立後に堂々と交際宣言。猪木さんは『週刊ポスト』(1989年6月16日号)のインタビューで複雑な胸中を明かした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン