芸能

NHK女子アナが「団塊」を「だんこん」と誤読し大炎上も「あの高島彩アナも間違えた」の声

番組内で誤読してしまったNHK神戸放送局の森麻衣子アナ(写真はHPより)

番組内で誤読してしまったNHK神戸放送局の森麻衣子アナ(写真はNHKのHPより)

 NHK神戸放送局の契約キャスター・森麻衣子アナ(29)が104日に放送された情報番組『Live Love ひょうご』NHK総合)で「団塊(だんかい)の世代」を誤読する場面があり、インターネットやSNS上では「放送事故」だと炎上している。番組内では「世代」をテーマにしていたのだが、隣の男性アナがさて、みなさんは何世代でしょうか。団塊やバブル…」と読み始めたところ、森アナが訂正するように割って入って「だんこん」と間違えてしまったのだ。数秒の沈黙の後、隣にいた男性アナが改めて「だんかい」と読み直したところでミスに気付き、森アナは慌てて言い間違えを修正したが、時すでに遅しといった空気になってしまった。 

  生放送での「読み間違い」は珍しくないがこの読み間違いが「だんこん」というワードだっただけに〈NHKなのに気まずすぎる〉〈うっかり地名の読み間違いとは比べられない〉などと厳しい声が相次いでいる。しかし、女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏は「女子アナの“だんこんミス”は実は定番の間違いです」と言う。 

 この間違いはどうしても色々と連想してしまうので、とんでもないミスのようにネット上では書かれていますが、これまで色々な女性アナウンサーが言い間違いをしてきたとされる“定番の誤読”なんです。どれも明確にこの番組で、という事例の記録はありませんが、元フジテレビの大エースだった高島彩アナ(43)がメインMCを務めていた朝の情報番組『めざましテレビ』のなかで同様のミスをしたことはネット上では有名な話です。 

  先日、日本テレビの佐藤真知子アナ(29)が『数十羽(すうじゅうわ)』を“かずじゅうわ”と誤読して炎上していましたが、こういったミスは誰にでも一度や二度はあるものです。特に今回はNHKということもあって厳しい声が多いですが、個人的にはアナウンサーの実力とは別次元の問題だと思います 

  一躍、全国区となってしまった森アナとはどのような人物なのか。 

 「森アナはNHKに定期採用された社員アナウンサーではなく、NHK長野放送局で契約キャスターとして活動していました。お昼の番組『ひるとく』や夕方のラジオ『ゆる~り信州』などで着実にキャリアップを果たし、同局の看板番組である『おはよう日本』土曜の『土曜すてき旅』に出演するなど、堅実に出番を増やしてきました。 

  起用され続けるか分からない契約アナとしてずっと努力してきた存在です。2018年からはNHK神戸の契約キャスターとして勤務していますが、これも彼女の努力の結果としてNHKの地方局異動みたいな扱いを受けたのだと思います。実力もあり、社交力もある結果だと考えられます。今回の失敗は反省したうえで、良くも悪くも全国区のニュースに出て話題になったことを、次のステップに活かしてほしいですね」(丸山氏) 

  これまで努力を続けてきた森アナ。アナウンサー、特にNHKのキャスターにとって誤読はキャリアの“汚点”となりかねないが、これをバネにさらなる活躍に期待したい。

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン