スポーツ

阪神ドラ1選手、入団当初は活躍しても伸び悩む傾向 岡田彰布監督就任で流れは変わるか

阪神ドラフト1位・森下翔太(右)は、即戦力として活躍できるか(左は岡田彰布監督。時事通信フォト)

阪神ドラフト1位・森下翔太(右)は、即戦力として活躍できるか(左は岡田彰布監督。時事通信フォト)

 生え抜きスターならではの操縦術で、岡田彰布監督が猛虎打線を復活させられるか──。10月20日のドラフト会議で、阪神は高松商業の浅野翔吾外野手を指名したが、抽選で巨人に敗れ、外れ1位で中央大学の森下翔太外野手を獲得した。

「大器の浅野を外したのは痛いですが、中央大学の森下翔太を獲得できたのは大きい。同じ中大出身であるDeNAの牧秀悟のように1年目からクリーンアップを打てる可能性のある素材です。即戦力という点から見れば、浅野よりも森下で良かったのではないか」(野球担当記者。以下同)

 17年間も優勝から遠ざかっている阪神だが、近年のドラフト1位指名は成功していると言っていいだろう。2010年以降、新人王は高山俊だけだが、大山悠輔は主軸に成長し、近本光司はリードオフマンとしてチームを引っ張っている。投手では岩貞祐太が中継ぎとして支え、今季は高卒3年目の西純矢が先発で6勝を挙げた。

「もっとも、活躍する選手は多いですが、徐々に成績が下火になっていくパターンも見受けられます。代表的な例は藤浪晋太郎でしょう。高卒で1年目から10勝、11勝、14勝と順調に勝ち星を挙げながら、最近6年間で15勝しかできなかった。髙山も3年目に極度のスランプに陥り、ここ3年はほとんど活躍できていない。佐藤輝明は昨年の前半戦だけで20本塁打打ったのに、後半戦に失速して最終的に24本塁打、打率2割3分8厘に終わった。2年目の今年は打率2割6分4厘、20本塁打でしたが、ポテンシャル的にはもっと好成績を残してもおかしくない」

 1年目は爆発するものの、その後が続かない選手が目立っている。それが今季のリーグ5位のチーム打率に繋がっている面もある。

「阪神は大阪の人気球団ですから、少しでも成績を残せば持ち上げられ、地元でチヤホヤされがち。タニマチ的な存在が出てくることもあるでしょう。かつての星野仙一監督はちょっと活躍した程度で、すぐにスポーツ紙の一面にする風潮に釘を刺していました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
幼稚園をご訪問され、子供たちに声を掛けられた天皇陛下
天皇皇后両陛下が幼稚園をご訪問 工作の様子を見守られ「どんなものができるのかな」と笑顔で声をかけられる場面も
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
スキャンダル写真で芸能界を震撼させた『BUBKA』
《90年代アイドルを震撼させた月刊誌『BUBKA(ブブカ)』》の創刊編集長が急死していた スキャンダル写真で物議「スクープ100万円」「複数訴訟」の全盛期
NEWSポストセブン
新しいヘアースタイルの大谷翔平
《大谷翔平の新ヘアスタイル》“切ってもらうと成績が向上する”と評判の美容師が担当 ソウルで水原被告と一緒にカット、料金は大谷が支払う
女性セブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
フリーになるも苦戦が続く上重聡アナ
《超大型連休続く?》元日テレ・上重聡アナ、「交渉しまして」古巣復帰の苦境 根強い“利益供与問題”のイメージ、自虐ネタに活路か
NEWSポストセブン
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン