芸能

中森明菜、紅白出場に暗雲 事務所移籍で混乱、優れぬ体調「やっぱり人前に立てない」

「S・Aプロジェクト」が進行中

「人前に立つのが怖い」

 今年も残すところ2か月ほど。年末の『NHK紅白歌合戦』の司会者も発表され、出場歌手にも期待が膨らむ。なかでも出場が最も期待されている1人が、中森明菜(57才)だ。今年デビュー40周年を迎えた彼女が最後に紅白に出場したのは2014年で、年末に姿を見せれば8年ぶりの紅白となる。NHKとしても番組の目玉となる歌姫であり、すでに複数のメディアが「明菜に紅白出場のオファーが出された」と報じている。

 この4月には、NHKが『中森明菜 スペシャル・ライブ1989 リマスター版』を放送して好評を博し、11月4日にはBS-TBSが『中森明菜デビュー40周年 女神の熱唱!喝采は今も』を放送する予定もあり、“明菜ブーム”の再燃を喜ぶファンの声は日増しに大きくなっている。「明菜が紅白に出る可能性はかなり高い」(芸能記者)とも囁かれるが、ここにきて、どうも雲行きが怪しくなっているという──。

 明菜は1982年にシングル『スローモーション』でデビュー。同期には、小泉今日子(56才)や松本伊代(57才)、早見優(56才)らがいる「花の82年組」だ。スター揃いのなかでも彼女はずば抜けた人気を誇り、『少女A』は有線放送ランキング最高位2位、トップ10に11週ランクインし、『DESIRE-情熱-』は『ザ・ベストテン』初登場以降7週連続1位という驚異的な記録を叩き出した。

 低音でしっとり聴かせる歌唱力にも定評があり、日本レコード大賞を2度も受賞。一方で、精神的な不安定さも抱えていた。

「1989年7月に当時交際していた近藤真彦さん(58才)の自宅マンションで自殺未遂騒動を起こし、一時的に芸能活動を休止。2000年代には金銭問題や事務所トラブルが立て続けに起き、体調もすぐれませんでした。自宅に引きこもるような時期もありましたが、レコーディングで狭い日本を抜け出して海外に出るなど、リフレッシュしていたときもあったようです」(音楽関係者)

 レコード会社も『少女A』『禁区』『北ウイング』を出すなどデビューから長年蜜月関係にあった「ワーナーミュージック」を離れ、20周年を迎えた後には、一時的にインディーズレーベルから曲を出したこともあった。

「彼女は徹底した完璧主義者で妥協ができないタイプです。年齢とともに音楽性も変化し、洋楽寄りになって実験的な曲が増えました。他方で体調がなかなか回復せず、2017年末のディナーショー出演を最後に活動休止状態になりました」(前出・音楽関係者)

 以降、5年にわたり沈黙を続けていた明菜だったが、今年8月末、突然動き出す。所属事務所が「FAITH」から「HZ VILLAGE」に変わったことを報告。そこは新たに設立した事務所で、明菜自ら代表取締役に就任した。同時に公式Twitterも立ち上げてファンにこんなメッセージを送った。

《長い間、ご心配をおかけしており申し訳ありません。ほんの少しですが、体調が良くなってきましたので、この度、お手紙を書かせていただこうと思いました。(中略)デビュー40周年として、何らかの活動をと日々体調と向き合ってきておりましたが、まだ万全な体調とは言えません。ゆっくりになってしまうと思いますが、歩き出していきたいと思いますので、どうか見守っていただけると嬉しいです》

 この復帰宣言に、明菜を待ちわびていたファンは歓喜した──はずだった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト