芸能

世界中のK-POPファンが熱狂! BTS、NCT DREAM、Stray Kids出演の韓国音楽授賞式TMA開催〈PART1〉

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

 韓国音楽シーンは、早くも2022年を総括する季節に突入した。そんな中、BTSが急きょ出演を決め話題となった音楽授賞式『2022 THE FACT MUSIC AWARDS (TMA)』が、10月8日、今年は約3年半ぶりに有観客で開催された(韓国・KSPO DOME/オリンピック体操競技場)。TMAに出演した注目の男性アーティストのライブレポートをお届けします。

受賞コメントのネイティブな英語スピーチが語るもの

 本イベントではK-POPに限らず、韓流バラードやトロット(演歌)、今年BTSのSUGAが楽曲提供したPSY(サイ)の出演など、今の韓国エンタメをけん引する男女20組が出演、韓国音楽の幅広さを物語っていた。2年以上にわたってファンと直接向き合うライブができない前代未聞の事態を経験し、K-POPはさらに世界を見据えて成長。それを感じたのは、TMAの各賞受賞のコメントに飛び交うネイティブな英語のスピーチだった。

 韓国語、英語、中国語、日本語、どのグループも多国語を上手に操り、特に英語に関してはどのグループにもネイティブに話せるメンバーが必ずいる。その美しい発音を聞くにつれ、世界への本気度を感じることができる。コロナ禍を経てBTSはもちろん、K-POPがまた一段と世界の音楽シーンに近づいたことを証明するグローバルなイベントとなった。

【TNX】(Hottest)
*(  )内は受賞内容

10代のフレッシュなオラオラ感がたまらない! 

『Nizi Project』を経て日本でも人気になった音楽プロデューサーJ.Y.Parkと『江南スタイル』のPSYがプロデューサーとして出演したサバイバルオーディション番組『LOUD』(2021)から誕生した6人組『TNX(ティーエンエックス)』。PSYが代表を務める事務所『P NATION』初のボーイズグループで、グループ名は「The New siX」の略で「新しい6人組」の意が込められている。 6人中5人がまだ10代というあどけなさを残しつつ、見事に揃えられたビジュアル、透明感のある歌声には伸びしろがあり余り、まぶしすぎる存在だ。

 この日はデビューアルバム『WAY UP』のタイトル曲『MOVE』を披露。パワーあふれるダンスナンバーで、彼らの歌唱力、表現力、ダンススキルが存分に詰め込まれている。初期のK-POPシーンを彷彿とさせるような懐かしいオラオラな曲調に、フレッシュで美しいビジュアルのミスマッチが見ごたえのあるステージとなった。

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

【TREASURE】(今年のアーティスト)

強烈なビートのエネルギッシュなカル群舞

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

 2018年に放送されたサバイバル番組『YG 宝石箱』から誕生し、2020年にデビューした日韓混合の12人組『TREASURE』。BIGBANGやBLACKPINKらが所属するYG ENTERTAINMENTが約4年ぶりに輩出したグループで、日本人メンバーが4人も存在する(この日の出演は10人)。約8か月ぶりとなるジャパンミニアルバム『THE SECOND STEP : CHAPTER TWO』を引っさげて、11月から21万人動員の日本アリーナツアーを開催する。

 レッドカーペットでは、スキップ混じりのステップで入場してやんちゃぶりを発揮し、ステージでは、ヒップホップのダンスナンバー『JIKJIN』を披露。黒にイエローのラインをあしらったライダーズスーツで、バイクに乗って登場するハルトの強烈なオープニングから、強いビートにあわせた迫力のあるダンスで、イントロから会場を惹きつける。クセになる「JIKJIN」というサビのフレーズと、一列になるラインダンスのようなフォーメーション、大所帯ならではの“カル群舞”(全員で完璧にそろえた刃物のようにキレのあるダンス)は圧巻だった。

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

【TOMORROW X TOGETHER】(今年のアーティスト)

ワルでブラックな新しいTOMORROW X TOGETHER

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

 顔面偏差値の高さはK-POPナンバー1ともいわれるTOMORROW X TOGETHER。BTSの後輩グループとして2019年のデビュー以来、5人全員が少女漫画に出てきそうな超ド級の美しいビジュアルを備え、ファンタジーな世界観とハイレベルなパフォーマンスで世界中にファンを持つ。ダイナミックかつ繊細なパフォーマンスが最強の魅力だ。

 今年5月にリリースした『Good Boy Gone Bad』では、初恋に破れた純粋な少年の怒りと喪失感というブラックな感情を、激しい歌詞とダンスで表現。これまで見せたことのないダークな新しい魅力を世界中に知らしめた。

 この日も2次元から飛び出したような完璧なビジュアルが爆発。魔法の粉が舞う幻想的なステージの中、白い羽衣をまとった天使のような5人が登場する。一転、天使の衣を脱いでブラックスーツに変身、炎が激しく上がる中、インパクトのあるイントロから、けだるく激しく荒くれた表情で力強いパフォーマンスが始まった。王子顔の代表・ボムギュのブラックな顔も必見だ。

王子顔ボムギュのブラックな表情が新鮮
Ph/Aflo

王子顔ボムギュのブラックな表情が新鮮 (Ph/AFLO)

全ステージ終了後に出演者全員が登壇したエンディングでは、BTSと肩を抱き合いこの日のパフォーマンスをねぎらい合う様子が、双方のファンの心をわし掴みにした。

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

(c)2022 THE FACT & FANN STAR All rights reserved.

関連キーワード

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン