国際情報

【フォトレポート】北方領土へ泳いで渡航、拘束後にロシアへ抗議文を突きつけた「1977年の網走五郎」伝説

「網走五郎」こと渡辺尚武氏。写真は尖閣諸島・魚釣島に手漕ぎボートで渡航した際のもの(本人提供)

「網走五郎」こと渡辺尚武氏。写真は尖閣諸島・魚釣島に手漕ぎボートで渡航した際のもの(渡辺氏提供)

 2021年8月、国後島に住むロシア人男性、ワードフェニックス・ノカルド氏(当時38歳)が泳いで北海道・標津町にたどり着き、日本政府に亡命を申請した事件が話題となった。それとは逆に、北海道から北方領土に泳いで渡った日本人男性が45年前にいたことをご存じだろうか。彼にインタビューした報道写真家・山本皓一氏がレポートする。

 * * *

 北方領土に泳いで渡った男の名は「網走五郎」こと渡辺尚武氏。現在79歳で、沖縄でボクシングトレーナーを務めている。

 北海道出身の渡辺氏は、1963年に札幌市内の高校を卒業後、大学受験するも2度失敗。進学を諦めて上京し、多くの世界王者を輩出した協栄ジムに入門した。だが、裸眼視力が悪く、プロボクサーとなるための受験資格を満たすことができなかった。

 失意の渡辺氏は“言葉の錬金術師”の異名で知られる劇作家・寺山修司氏が主宰する前衛劇団「天井桟敷」に入る。北海道にちなんだ「網走五郎」の芸名を寺山氏から授かったものの、その寺山氏と衝突して3年で退団してしまう。その後は、全国各地をアルバイトしながら旅する生活を続けていた。

 1977年7月、納沙布岬に立った32歳の渡辺氏は、霧の向こうにぼんやり見える北方領土を眺め、こう思ったという。

「俺と似ている……」

 社会から疎外され続けるばかりの自身の半生と、日本から切り離されたまま歳月が過ぎていく北方領土が重なって見えたのだろう。そして驚くべき行動に出る。ウエットスーツを着込んだ渡辺氏は、納沙布岬から7キロ先の水晶島を目指して泳ぎ始める。目的は、ソ連に北方領土返還を求めることだった。それは、自身の人生を取り戻すための行動でもあったという。

 白昼堂々と泳ぎ始めた渡辺氏の姿は、すぐに根室航路標識事務所の職員に発見され、通報を受けた海上保安庁は巡視艇「はまなみ」を現地に急行させる。だが、渡辺氏は日本とソ連の中間線を突破し、納沙布岬から約3.7キロにある貝殻島付近で座礁したまま放置されていた日本の刺し網漁船に辿り着き、そこで休憩を始めた。

「はまなみ」はその姿を確認したものの、すでにそこはソ連が実効支配する海域のため、手出しできない。渡辺氏は持っていた日の丸の旗を振るなどのパフォーマンスを演じたが、間もなく後方からやってきたソ連の警備艇に取り押さえられ、連行されてしまう。

 だが、拘束されることも最初から想定していた渡辺氏は、あらかじめ用意していた「抗議文」をソ連政府の役人に手渡した。それはこんな書き出しで始まっていた。

〈私は単身、泳いで日本からやって来た網走五郎と言う者です。年齢は三十二歳。私は貴国に亡命したくてやって来たのではありません。北方領土返還の抗議に来たのです。歯舞・色丹・国後・択捉の四島は日本固有の領土です。早急に返還して下さい〉

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン