芸能

渡部建、妻が第二子妊娠で今後の活動へ弾み? 逆に「イジりにくい」の声も

渡部建

渡部建も妻の第二子妊娠にコメントを発表

 女優の佐々木希(34才)が17日、インスタグラムで第二子を妊娠したことを報告。「新たな命に、心から嬉しく思い、家族みんなで喜んでおります」と、喜びいっぱいのコメントを発表した。佐々木は2017年にお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(50才)と結婚し、2018年9月に第一子を出産。しかし第二子妊娠に至るまでに、夫婦の間には大きな試練があった。

 結婚当時の渡部は、芸能界屈指の食通として引っ張りだこで、グルメ本を次々と出版。『王様のブランチ』(TBS系)、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)ほか、人気番組のレギュラーをいくつも持つ超売れっ子芸人だったが、2020年6月に複数の女性との不適切な関係が報じられ、芸能活動を自粛した。そして今年2月、芸能活動を再開したが、もっぱら出演番組は『白黒アンジャッシュ』(チバテレビ)のみ。露出が少ない状態が続いている。

「渡部はアンジャッシュの冠番組で復帰しましたが、復帰計画は何度も取り沙汰されました。レギュラーだった『行列のできる法律相談所』の特番で復帰するというもの、親交の深い有吉弘行が司会の『有吉反省会』(日本テレビ系)の最終回に出るというもの、ことあるごとに渡部のことをネタにしてきた『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)に出演するのではというもの……。

 一番具体的だったのは、大晦日の『笑ってはいけない』(日本テレビ系)で電撃復帰するというプランでしたが、収録まで済ませたのに事前に情報が漏れたことなどからお蔵入りになりました」(芸能記者)

 その間も佐々木は芸能活動を継続し、ドラマ、映画、CM、バラエティと大活躍。「ダメ夫」と「良き妻」のコントラストが際立つ数年間だったが、第二子妊娠によって渡部の状況も少しは変わりそうだ。

「一連の騒動の後、巷では『佐々木はあんな男とは別れたほうがいい』という声が数多く上がりました。もし渡部がやったのが普通の不倫なら、世間は渡部をそこまで厳しく責めなかったでしょうが、不倫の舞台が多目的トイレだった印象は最悪。渡部が『白黒アンジャッシュ』に復帰した際、いくつかのネット局が放送を終了した大きな理由はそれでしょうし、いまだにキー局への復帰が叶わないのも、スポンサーへのクレームが怖いからでしょう。

 ただ、不倫騒動を乗り越えて佐々木が第二子を妊娠したということは、少なくとも夫婦の間では問題は解決済みということ。渡部はすでに充分に社会的制裁を受けましたし、夫婦が信頼関係を取り戻しているのなら、外野がどうこう言う必要はありません。松本人志、有吉弘行、マツコ・デラックスなど、腕があるMCに上手にイジってもらえば、“禊は済んだ”と世間に許される可能性はあります」(キー局関係者)

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン