ライフ

携帯電話の普及でヤクザが「厄介になったこと」 組長からの”金要求”、動画流出で処分も

1996年、携帯電話とPHSが急速に普及した(イメージ、時事通信フォト)

1996年、携帯電話とPHSが急速に普及した(イメージ、時事通信フォト)

 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、携帯電話が普及したことで厄介ごとが増えた件について。

 * * *
 ヤクザにとって便利になったが、同時に不便になったものがある。”携帯電話”だ。ガラケーからスマホに変わり、通信エリアは拡大、今や、いつでもどこでもつながるが「かえって厄介になった」と暴力団幹部A氏は真顔で話す。

 たとえば組長の金策だ。以前は組事務所に連絡をした際や、組長と会った時に話があるのが普通だったと聞くが、今は四六時中、携帯電話で連絡が取れるため、必要になればいつでもダイレクトに電話がかかってくるという。

 ある木曜日の昼時、親分から直接電話がかかってきたことがあったという。

「おい、1000万必要なんだが」
「いつまでですか?」
「再来月や」
「わかりました。再来月ですね。そこまで時間があるんですよね」
「なんとかなるか」
「はい、なんとかします」
「おう、頑張れや」

 電話はそれで終わった。再来月までなら問題ないとA氏は考えた。

 ところが翌々日の日曜日、親分からまた電話がかかってきた。

「おまえどうや。できたか?」
 親分の声は明るかった。
「えっ、何がですか?」
「何がって、ゼニや」
「はっ?再来月までには、なんとか頑張って作ります」
「何言うとんじゃ。再来月まで貸してくれって話しや。今すぐや」
「今日、日曜日でっせ」
「なんとかせぇ」

 電話はそこで切れた。親分の催促に曜日も時間も関係ない。極道の世界は組長の言葉が絶対だ。できないとは言えず、いかにできるようにするかを考えるのみである。

「命令系統が一方向だから、たとえ抗争中だろうが、できませんという答えはない。『あいつ、やってしまわないかんな』と言われたら、どうやってやるかを考えるだけだ」(A氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン