国際情報

習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」

話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた

話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた

 11月末から中国全土と世界の各国都市で断続的に行なわれた「ゼロコロナ政策」への抗議デモ。抗議の声に動かされるように、上海市は12月5日からコロナ対策を一部緩和すると発表した。デモ現場では「習近平は退陣せよ!」「自由が欲しい!」といったスローガンも叫ばれ、ついに中国人民は覚醒した──かのようにも見えるが、実際はそう単純ではない。中国事情に詳しいライター・西谷格氏がデモ現場で周縁の声を拾うと、もう一つの景色が見えてきた。

 * * *
 11月27日に東京・新宿駅西口で突発的に開催されたのを皮切りに、28日には麻布の中国大使館前、30日に新宿駅南口、12月2日に池袋駅西口前、3日に大阪市西区の靱公園、4日に高田馬場駅前など、日本でも1週間ほどの間に在日中国人によるゼロコロナへの抗議運動が続いた。

 12月2日夜、池袋駅西口では数十人の中国人が集まり、ゼロコロナ政策によって犠牲になったとされる人々への追悼集会を行なった。この日はスローガンを叫ぶことはしないと事前に決められていたものの、現場では中国政府に対して批判的なビラが配られ、言論封殺への抗議を示す白紙を掲げる人々が多数集まった。LEDランプのロウソクを中心に、輪ができていた。

 輪の中心のほうにいる人々の意見は、これまでの取材でおおよそ見当が付いていた。ゼロコロナはおかしい、もう我慢の限界だ、言論の自由が必要だ、中国共産党による独裁体制を変えなくてはいけない……。政治運動というのは不思議なもので、同じようなスローガンを繰り返し唱えるうちに、思考回路も一つの型にはまっていくものなのかもしれない。迷いのない言葉は歯切れが良い一方、何かを見えにくくするようでもあった。

 誰に声をかけようかと逡巡していると、集会の輪から2メートルほど離れた路上で、興味深そうに横目でこちらを眺めている男性がいた。今にも通り過ぎてしまいそうな様子で立ち止まっていたので、急いで声をかけた。20代後半で、来日して日が浅いという。頭髪をかき上げながら、彼はこう言った。

「彼らのことはすごいと思うよ。気持ちはよく分かる。ゼロコロナはみんな反対しているもの。でも、俺にはとてもあんなことをする勇気はないな」

 参加しない理由を、こう述べた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト