芸能

【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」

(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会

自らプロデューサーを務めるドラマに美容のカリスマ役で出演するMEGUMI (c)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会

 MEGUMIが初めて連続ドラマのプロデュースを手がける『完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの』、略称『カリスマ壱子』(テレビ東京ほか)。深夜帯の放送にもかかわらず、女性を中心に人気を博しているそうだ。

 キー局の人気アナウンサーだった有加里壱子(ゆうかり・いちこ/深川麻衣)が、予期せぬ不倫事件で、人生を“詰んで”しまうところからドラマは始まる。SNSや世間の痛烈バッシングに耐えながら、再生してカリスマを目指すのが大まかなあらすじだ。「女子アナ」、「不倫」、「詰む」という3ワードだけでも十分に視聴欲をそそられる。加えて“MEGUMIプロデュース”とあれば、期待は裏切られるわけがないのだから見るしかない。

 一体、彼女はどんな狙いで私たちの五感を刺激してくるのか。ドラマにかける思いを聞いた。【全3回の第1回】

「日本人女性の自己肯定感の低さ」に驚いた

「はじめまして、MEGUMIです」。ジャケットスタイルで登場した彼女は、姿勢が良く、凛とした印象。この人は今日、プロデューサーなのだろうか? はたまた女優? それとも……? と、聞き手の緊張が緩む間もなく、インタビューは始まった。

──『カリスマ壱子』楽しく拝見しております。視聴後「は〜、細かいことがどうでも良くなる!」と爽快感があります。この楽しいドラマ、いつ頃着想されたのでしょうか?

MEGUMI:(観てくれて)ありがとうございます、嬉しいです! 着想したのは今から2年くらい前に、自分がゲスト出演したニュース番組で「日本人女性の自己肯定感は最下位である」というトピックを取り上げていて、非常に驚いたことがきっかけです。そこでドラマはどうかな、と。日本には女優さんを主演にして、女性が這い上がっていく……というサクセスを描いた作品がとても少ないんです。そこに何かを投げかけたい、なと。

──女性の自己肯定感が最下位とは、残念ですけど、興味深いものがあります。

MEGUMI:日本はちょっと失敗をすると、完全に袋叩きにあって、再起不能になってしまう傾向が強い。政治家とか著名な方もそうですし、最近では一般の方でさえも「炎上してしまうから」と発言を控えることがある。そういう風潮は、何かおかしいなって。私はこの世界(芸能界)に20年くらいいるんですけど、揶揄に押しつぶされてやめてしまった人も、たくさん見ています。そういう人たちに観てほしい、心を浄化してほしいというのもありました。

(c)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会 design by れもんらいふ

テレビ東京ほかで放映中 (c)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会 design by れもんらいふ

関連キーワード

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン