芸能

ガーシー氏に俳優や実業家が告訴状を提出 “ガーシー信者”が罪に問われる可能性も

東谷氏

俳優や実業家が告訴状を提出した(写真は東谷氏。YouTubeより)

「おれは日本に帰ります。堂々とね、凱旋します」。1月11日夕刻、SNSでライブ配信を行ったガーシー参議院議員(東谷義和・51才)の顔は上気していた。その日、ガーシー氏の関係者の自宅など数か所が、警視庁による家宅捜索を受けた。

「ガーシー氏は有名芸能人のプライベートやスキャンダルを暴く『暴露系YouTuber』として活動していました。今回の家宅捜索は、暴露動画を通じて誹謗中傷を受けたなどとして、複数の著名人が告訴状を提出したことによるものです」(社会部記者)

 実際に告訴状を出したのは、地上波連ドラの主演を複数回務めたこともあるトップ俳優や実業家。さらに、あるIT企業が法人として提出しているとみられている。そもそも、ガーシー氏の存在が広く知られるようになったのは、2021年末頃のことだ。

「ガーシー氏が、韓国の人気グループ『BTS』に会えるという甘い言葉をエサに、20人を超えるファンの女性から面会にかかる費用や飛行機代、ホテル代などを集めていた。しかし、実際に会うことは叶わずガーシー氏の言葉はすべて虚偽だった(ガーシー氏はその後、返金し示談をしたと公表)。

 ほかにも“人気YouTuberをキャスティングできる”と言って、クライアントから金を受け取っていたが、それも虚偽だったことをそのYouTuber本人から告発されました。当時いずれの被害者からも実際に警察に被害届が出ていました」(別の社会部記者)

 言葉巧みとはいえ、被害者たちがガーシー氏の甘言に乗ってしまった理由は、ガーシー氏が多くの有名芸能人と接点をもっていた点にあった。しかし、ガーシー氏の詐欺的行為が明るみに出ると、それまでツルんでいた芸能人たちが一気に手のひら返し。ガーシー氏は中東UAEの都市ドバイに脱出すると、昨年2月にYouTubeチャンネルを開設し、それまで懇意にしてきた芸能人たちの秘密や裏の顔の暴露を始めた。

 交友のあった芸能人の名前をホワイトボードに書き出し、暴露予告を行ったこともあった。小栗旬、綾野剛、佐藤健、田中圭、城田優、新田真剣佑、浜辺美波、橋本環奈──暴露は俳優やモデルに留まらず、音楽アーティストやお笑い芸人にまで及んだ。信憑性は不明ながら、異性との関係や詐欺などの金銭トラブル、違法薬物や違法賭博、さらには未成年淫行やレイプなど性犯罪をうかがわせるものまであった。

「LINEのやりとりのスクショを暴露の“証拠”として添えたこともありました。実際は証拠というには不充分なものが多いのですが、芸能人としては、名前を出されただけでもダメージは大きい。

 特に最大の“被害者”は綾野さんで、真偽不明ながら未成年淫行などの疑惑を一方的に暴露した。また、下半身を露出した綾野さんとされるベッド写真も公開。その影響があるのかないのか、綾野さんのCM契約が続々と打ち切られたといいます。また、小栗さんとされる人物が全裸でマイクを握りカラオケに興じる写真も晒されました」(芸能関係者)

 暴露を続けるガーシー氏を、ネットを中心に“ダークヒーロー”としてもて囃す声は次第に大きくなった。昨年7月の参院選では、選挙運動をすべて海外から行ったにもかかわらず、比例当選を果たした。だが、当選後も「帰国すれば逮捕される」などと主張してドバイに滞在したままで、これまでに一度も登院していない。

「一方、警視庁は昨年、ガーシー氏に任意の事情聴取を要請しました。それに対しては“求められているのであれば帰国して対応する。事情聴取も受けます”と動画で表明しました」(前出・社会部記者)

 ガーシー氏の所属するNHK党の立花孝志党首(55才)は、1月12日に開いた緊急記者会見で「3月上旬を予定している」と帰国を明言した。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン