芸能

堺雅人 トラブル含みの独立劇、仕事の方針を巡って意見の相違 菅野美穂との「非公式舞台」も

菅野美穂と堺雅人が極秘裏に舞台に立った

菅野美穂と堺雅人が極秘裏に舞台に立っていた

 1月上旬に明らかになった人気俳優・堺雅人(49才)の事務所独立。報道では円満退社が強調されたが、実態はトラブル含みの“離反劇”だった。新会社を立ち上げて一から出直す直前、極秘裏に開催された公演で堺は妻・菅野美穂と共に舞台に立った──。

 わずか3文字の短い社名に、演劇をこよなく愛する舞台人の熱い思いが込められていた。都心のオフィス街にたたずむ雑居ビル。複数の企業が入居するレンタルオフィスの一角に芸能事務所「テント」が新設されたのは昨年末のこと。同社は前事務所・田辺エージェンシーから独立し、今年の元日から個人で活動する堺雅人の新しい拠点である。芸能関係者が語る。

「登記上の代表取締役は長年、堺さんの仕事を担当してきたマネジャーのAさんです。堺さんが全幅の信頼を置く右腕のような存在で、昨年末に堺さんと一緒に前事務所から独立しました。

 社名の由来は早稲田大学在学中に堺さんが所属していた演劇研究会。『東京オレンジ』という劇団で活動していた堺さんは、大隈講堂裏の広場に建てた仮設テントで公演を行い、そこで寝泊まりしていたそうです。資本金100万円からのスタートで、社名には無名時代の初心に戻って一から出直す意味も込められているといいます」

 1月上旬、各メディアで報じられた唐突な独立劇は芸能界に大きな波紋を広げた。円満退社と報じるメディアも少なくなかったが、20年以上所属した前事務所を離れるまでには紆余曲折があった。

「去年の春頃、堺さんの仕事の方針を巡って、事務所側とマネジャーのAさんの間に意見の相違が生じたようです。責任を痛感して辞表を出したAさんに、最終的には堺さんも追随することになった。退社に関するアナウンスがなく、堺さんがいまだにコメントを出していないこともトラブル含みだったことを示唆しています」(テレビ局関係者)

 前事務所社長が『デイリー新潮』(1月10日付)に語ったところによれば、堺が「マネジメントを自分でやりたい」、「独立して会社をやりたい」と事務所サイドに申し出たのは昨年6月か7月頃だったという。前出のテレビ局関係者が続ける。

「もともと堺さんに独立志向はなく、むしろこれまで世話になった前事務所に骨を埋めるくらいの覚悟があったはず。一方で、10年以上堺さんに尽くしてきたマネジャーも彼にとっては何者にも代えがたい存在でした。堺さんが今後も自分のやりたい仕事を続けるためには、Aさんと共に事務所を出る以外に選択肢がなかったといいます」

 すでに堺は今夏の大型ドラマに主演することが内定している。7月クールの「日曜劇場」(TBS系)で、2月には大規模なモンゴルロケも予定されているという。

「仮タイトルは『VIVANT』で、共演者に阿部寛さんや役所広司さんなど、名だたる大物俳優がキャスティングされています。堺さんが主演した『半沢直樹』シリーズ(TBS系)を演出した福澤克雄さんも制作に参加し、業界内でも今年いちばんの大作になると話題に上っていました」(別のテレビ局関係者)

 これまで、2年に1度のペースで連ドラに出演してきた堺にとっては久々の話題作。当初は前事務所も「絶対に成功させる」と意気込んでいたが、一連の騒動で状況は一変したという。

「今後、前事務所はドラマに関与せず、TBSと堺さんの新事務所で進めることになったようです。すでにスタッフは直接、Aさんや堺さんとやりとりしているといいます」(前出・別のテレビ局関係者)

 最終回の瞬間最高視聴率が46.7%を記録した前述の『半沢』をはじめ、2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』や『リーガル・ハイ』シリーズ(フジテレビ系)など、これまで数多くのヒット作に主演した堺。だが、昨年3月、鳴り物入りで主演したスペシャルドラマ『ダマせない男』(日本テレビ系)は平均視聴率6.7%と奮わなかった。

「当初から、前事務所側はドラマの出演に難色を示していたが、堺さんはそれでも『自分たちでやりたい』と押し切った。俳優としてのブランディングも含めて、先々のことまで考えている前事務所側と、どんな仕事も挑戦したいと考える堺さん、そしてAさんの間に隔たりが生じていました」(前出・芸能関係者)

 その後、水面下で進退を巡る話し合いが行われていたという。

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン