国内

【人生を沖縄ジャズにのせて】本土復帰50年、87歳の女性シンガーが平和の鐘を背に歌う

バンドマスター(中央のギター)は夫の勝さん(写真は東山さん提供)

バンドマスター(中央のギター)は夫の勝さん(写真は東山盛さん提供)

 アメリカと日本の音楽文化が、独特の風土と歴史のなかで混ざり合って生まれた「沖縄(ウチナー)ジャズ」。今年、米寿を迎える“石垣島のオバー”こと齋藤悌子さんは、87才の現役ジャズシンガーだ。ウチナージャズと人生の苦楽を共にしてきた齋藤さんは、「好きなことを続けることが元気の源」だという。アメリカ統治下の米軍基地で歌い始め、昨年は“デビューアルバム”も制作した彼女だが、過去には辛いこともあった。【全4回の第2回。第1回から読む】

 * * *
 アルバムのタイトル(『A Life with Jazz』)が示すように、齋藤さんは人生の大半をジャズと共に歩んできた。だが、過去にはつらい出来事を機に15年以上歌を封印していた時期もある。齋藤さんにジャズの素晴らしさを教え、10代の頃から行動を共にしてきた夫の勝さんが闘病の末に亡くなったのは1993年。65才の若さだった。

「急に腰が痛いと言うようになって。石垣島の病院で検査したけど異常が見つからなかったんです。一向によくならないので那覇の病院に行ったら、先生に『若い頃に大きな手術をしたことがありますか?』と聞かれました。夫は昔、鼻の手術をしていてそのときの血液製剤が原因でC型肝炎にかかっていたようなんです。それで肝臓がんになって、腰にも転移してしまった」(齋藤さん)

 告知はしなかったが、薬を見た勝さんは自分の病を察していたという。それから約半年後、最愛の夫は静かに息を引き取った。

「病院にみんなで集まっているときに、呼吸器をつけていた夫の意識が一瞬だけ戻ったんです。娘が『お父さん!』と呼びかけると、バイバイって手を振るんですよ。まだ手を振る元気があるんだと思っていると、先生が『ご臨終です』と。あまりのことにそのときは涙も出ませんでしたが、あるとき、レストランで夫が演奏したジャズが流れるのを聴いて一気に感情があふれ出してしまいました」(齋藤さん)

 本格的に音楽に触れることができるようになったのはいまから約5年前のこと。老人クラブの友人に誘われて習いはじめたフラダンスがきっかけだった。

「ジャズとはまったく違うジャンルだし、踊りからはじめたので抵抗はなかったんです。そのうちウクレレに合わせてハワイアンを歌うようになり、徐々に慣れていったのがよかったんでしょうね。

 そうこうしているうちに、たまたま喫茶店で流れていたジャズを耳にして『もう一度、歌いたい』という気持ちがむくむくと頭をもたげてきました。やっぱり、青春時代に出会いましたから、いまでもジャズが好きなんですね。でも、いざ歌おうとすると、なかなか声が出ない。それで真剣に練習するようになったんです」(齋藤さん)

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
五輪出場を辞退したことを発表した体操女子日本代表主将の宮田笙子(時事通信フォト)
《体操・宮田笙子の五輪辞退で注目》“実は厳しい”芸能界の「未成年喫煙・飲酒」への処分 アイドルグループなら謹慎、脱退、退所も
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
今秋のドラフト挑戦を明言した慶大・清原正吾(時事通信フォト)
プロ志望明言の慶大・清原正吾、今秋「ドラフト漏れ」なら民間企業の争奪戦か 野球部OBの進路は引く手あまたでアナウンサー採用も
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
『お葬式』で井上侘助役を演じた山崎努
【独白70分】盟友・山崎努が明かした映画監督・伊丹十三との“濃い関係”「今でも、夢に出てくるよ」
NEWSポストセブン
安冨歩さんの推しメンは女優・秋吉久美子
【“私の推しメン”対談】秋吉久美子×安冨歩・東大名誉教授 50才をすぎてから“女性装”に移行したのか?「モラハラの研究過程で徐々に心が解放された」
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン