国内

【人生を沖縄ジャズにのせて】本土復帰50年、87歳の女性シンガーが平和の鐘を背に歌う

バンドマスター(中央のギター)は夫の勝さん(写真は東山さん提供)

バンドマスター(中央のギター)は夫の勝さん(写真は東山盛さん提供)

 アメリカと日本の音楽文化が、独特の風土と歴史のなかで混ざり合って生まれた「沖縄(ウチナー)ジャズ」。今年、米寿を迎える“石垣島のオバー”こと齋藤悌子さんは、87才の現役ジャズシンガーだ。ウチナージャズと人生の苦楽を共にしてきた齋藤さんは、「好きなことを続けることが元気の源」だという。アメリカ統治下の米軍基地で歌い始め、昨年は“デビューアルバム”も制作した彼女だが、過去には辛いこともあった。【全4回の第2回。第1回から読む】

 * * *
 アルバムのタイトル(『A Life with Jazz』)が示すように、齋藤さんは人生の大半をジャズと共に歩んできた。だが、過去にはつらい出来事を機に15年以上歌を封印していた時期もある。齋藤さんにジャズの素晴らしさを教え、10代の頃から行動を共にしてきた夫の勝さんが闘病の末に亡くなったのは1993年。65才の若さだった。

「急に腰が痛いと言うようになって。石垣島の病院で検査したけど異常が見つからなかったんです。一向によくならないので那覇の病院に行ったら、先生に『若い頃に大きな手術をしたことがありますか?』と聞かれました。夫は昔、鼻の手術をしていてそのときの血液製剤が原因でC型肝炎にかかっていたようなんです。それで肝臓がんになって、腰にも転移してしまった」(齋藤さん)

 告知はしなかったが、薬を見た勝さんは自分の病を察していたという。それから約半年後、最愛の夫は静かに息を引き取った。

「病院にみんなで集まっているときに、呼吸器をつけていた夫の意識が一瞬だけ戻ったんです。娘が『お父さん!』と呼びかけると、バイバイって手を振るんですよ。まだ手を振る元気があるんだと思っていると、先生が『ご臨終です』と。あまりのことにそのときは涙も出ませんでしたが、あるとき、レストランで夫が演奏したジャズが流れるのを聴いて一気に感情があふれ出してしまいました」(齋藤さん)

 本格的に音楽に触れることができるようになったのはいまから約5年前のこと。老人クラブの友人に誘われて習いはじめたフラダンスがきっかけだった。

「ジャズとはまったく違うジャンルだし、踊りからはじめたので抵抗はなかったんです。そのうちウクレレに合わせてハワイアンを歌うようになり、徐々に慣れていったのがよかったんでしょうね。

 そうこうしているうちに、たまたま喫茶店で流れていたジャズを耳にして『もう一度、歌いたい』という気持ちがむくむくと頭をもたげてきました。やっぱり、青春時代に出会いましたから、いまでもジャズが好きなんですね。でも、いざ歌おうとすると、なかなか声が出ない。それで真剣に練習するようになったんです」(齋藤さん)

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン