芸能

「ジャニーズらしさを見事に継承」トニセンのコンサートを体験した山田美保子氏がレポート

ジャケ写

山田美保子さんが20th Centuryのライブをレポート(写真は配信シングル『恋はこれから/君の笑顔につられて』。竹内まりやの作詞作曲)

 坂本昌行(51才)、長野博(50才)、井ノ原快彦(46才)の3人からなる「20th Century」が中野サンプラザで単独コンサートを開催。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、最高に素晴らしかった公演をレポートします。

 * * *
 2月2日、東京・中野サンプラザで行われた20th Century(トニセン)の全国ツアー『20th Century Live tour 2023~僕たち20th Centuryです!~』の昼公演を見に行く機会に恵まれました。

 平日の昼間にホールライブ。トニセン(坂本昌行クン、長野博クン、井ノ原快彦クン)だからこそできるエンターテインメントです。

 2021年11月、V6が解散し、26年の歴史に幕を下ろしたときは、寂しさの方が勝ってしまい、「トニセンは残る」と聞いたところで、そのときは彼らの“その後”の活動ぶりがまったく想像できませんでした。

 V6がいかにすばらしいグループで、後輩たちにとっても輝かしい存在であったことはラストコンサートの際、見学席にTOKIOやKinKi Kids、NEWS、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、ジャニーズWEST、なにわ男子、Travis Japanまで多くが駆け付けたことでもわかりました。

 ご存じのかたも多いと思いますが、V6の活動とは別に、トニセンは個別に曲をリリースしたり、コンサートをずっと行ってきたりしました。ですから、「トニセンとして活動を続ける」のは不自然なことではない……という感想を持っていました。

 そんなトニセンをテレビでフツーに見られるのは、度々流れる、「ニベアメン アクティブエイジシリーズ」のCMではないでしょうか。ブルーを基調とし、それぞれの個性を生かしたカジュアルな装いでベンチに並び、昔と変わらぬ優しい笑顔で“お肌事情”について語り合う3人。そこには、若い頃の体形をキープし続け、カッコイイままのトニセンが(ハート) 素敵な驚きでした。しかも、ファンの皆さんの大好物“ワチャワチャ感”まで健在で、「トニセンは変わらない」「すばらしい」と思っていたところにホールツアーのお知らせが舞い込んだのです。

 一言で感想を述べるなら、「本当に楽しかった」に尽きます。繰り返しますが、トニセンの3人は何もかもがカッコよかったのです。

 まずはダンス。今回は、懐かしいトニセンのオリジナル曲がたっぷり披露されたのですが、当時のままの振り付けで3人は華麗に踊るのです。それは指の動きまで美しく揃っていて、まぁ、なんてセクシーなんだろうと魅了されてしまう瞬間が何度も何度もありました。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン