坂本昌行一覧

【坂本昌行】に関するニュースを集めたページです。

【動画】結婚の坂本昌行&朝海ひかる 2年前の車中デートシーン
【動画】結婚の坂本昌行&朝海ひかる 2年前の車中デートシーン
 V6のリーダーをつとめてきた坂本昌行さんがかねてから交際が報じられている元タカラジェンヌで女優の朝海ひかるさんとの結婚を発表しました。 2018年ミュージカル『TOP HAT』で共演したのを機に、交際に発展した2人。「女性セブン」は2年前の2人の車中デートシーンをキャッチしていました。 黒のキャップをかぶり、全身黒でコーディネートした2人。車の中では顔を寄せあい、仲の良さがわかる距離感で2人きりの時間を楽しんでいました。 本当におめでとうございます。末永くお幸せに!
2022.01.09 16:00
NEWSポストセブン
結婚を発表した坂本と朝海。大人の付き合いが見える2人
坂本昌行、朝海ひかるとの結婚で見せたジャニーズアイドルの矜持
「12月30日に私共は入籍いたしましたことをご報告させていただきます」 12月30日、V6のリーダーをつとめてきた坂本昌行(50)が結婚を発表した。お相手は、かねてから交際が報じられている元タカラジェンヌで女優の朝海ひかる(49)だ。2018年に主演を務めたミュージカル『TOP HAT』で共演したのを機に、交際に発展したという。 2人は「人生のパートナーとしてお互いを想い支え合いながら、二人三脚でこれからの人生を歩んで参ります」と報告。「日々状況が変わる中、お仕事をさせていただけることに感謝し、また一日も早く穏やか日常が訪れることを願っております。どうぞ今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます」といったコメントも発表している。 V6といえば11月1日に解散したばかり。この日は彼らのデビュー日でもある。「V6がグループ解散を決断したのは2019年のことです。2020年にはデビュー25周年を迎え、つい先日、グループでの活動にピリオドを打ちました。といっても、ジャニーズ事務所を退所したのは森田さんだけ。坂本さん含む20th Century(以下トニセン)のメンバーや、三宅くん、岡田くんも事務所に残留して活動を継続します」(芸能リポーター) V6の元メンバーたちは2016年から結婚ラッシュが続き、今では6人中4人が既婚者。振り返れば2007年に井ノ原快彦(45)と瀬戸朝香(45)、2016年に長野博(49)と白石美帆(43)、2017年に岡田准一(41)と宮崎あおい(36)、2018年に森田剛(42)と宮沢りえ(48)の夫婦が誕生している。「坂本さんはV6のなかでも特にプロ意識が高く、もともと結婚を発表するとしたら解散後になるとも言われてきました。これまでに何人もの後輩たちの結婚を見届けながらも、ご自身はグループ解散後に結婚。今回の発表の方法も、メディアが報じるよりも前に、トニセンのファンクラブ会員に優先的に情報が入りましたし、そういった意味でもジャニーズアイドルとしての矜持がみられますね」(前出・芸能リポーター) そうした坂本の姿勢に、結婚が発表されるとネット上には〈ついに結婚、おめでとう〉〈アイドルを貫いてくれた!〉など、ファンからの祝福のコメントが相次いだ。 坂本は12月25日にトニセンのラジオ番組『S.I.N NEXT GENERATION』に出演し、年末に開催される『ジャニーズカウントダウン』など大型イベントに出演しないことについて、「後輩たちの活躍を見られるっていう。出ると見れないんだよね」とも語っていた。 今年の年越しは坂本にとって「特別」なものとなりそうだ。
2021.12.30 14:20
NEWSポストセブン
結婚を発表した坂本昌行
V6坂本昌行と元宝塚トップスターの車内デート ゴール目前か──NEWSポストセブン2020年熱愛スクープ部門4位
 NEWSポストセブンで2020年(1月1日~12月7日)に公開した記事の中から、大きな反響を呼んだ記事を紹介します。「熱愛スクープ部門」第4位は、8月23日に配信した『V6坂本昌行と元宝塚トップスターの車内デート ゴール目前か』です。大人カップルのドライブデートの様子に注目が集まりました。(以下、年齢などは当時) * * * 7月のある日、都内の路上に駐めた車の中でスマホを操るカップルをキャッチした。スタンドに立てたスマホには、目的地までの地図が映っているのか。画面を見ながら楽しそうに会話をしていたのは、アイドルグループV6の坂本昌行(49才)と、元宝塚トップスターの朝海ひかるの“大人カップル”である。 2018年秋の舞台「TOP HAT」での共演をきっかけに、交際に発展したと報じられた2人。朝海をよく知る舞台関係者が語る。「新型コロナウイルス禍の自粛期間を経ても、2人の交際は順調だと聞いています。まだ、結婚に関する具体的な話までは流れていませんが、2人ともいい大人なので、ゴールインも視野に入っているのではないでしょうか」 坂本は、20代後半から30代にかけては、元モーニング娘。中澤裕子(47才)と長く交際して、その後は女優の大塚千弘(34才)と交際も報じられていた。ただ、どちらとも結婚には至らなかった。 当時を知る芸能記者は「当時は、坂本さんに結婚願望が無かったからと言われていました。中澤さんも大塚さんも、坂本さんと破局後に次の交際相手とすぐに結婚しましたから、結婚観に隔たりがあったのでは?と推察されていました」と解説する。 坂本は、かつてテレビ番組でレギュラーコーナーを持ち、「将来の夢は小料理屋を開くこと」というほどの料理好き。また、数年前までは、「僕には城島くんがいるから大丈夫。いつまでも(城島と)手をつないでいきます」と、TOKIOのリーダー・城島茂(49才)と一緒に、独身をネタにするほどだった。 ただ、その城島も結婚。V6は、メンバー6人のうち4人が結婚。残すは、8才年下の三宅健と坂本だけだ。 近年のジャニーズアイドルグループでは、SMAPが解散、TOKIOもメンバーが欠けて、後輩グループでは嵐が今年で活動休止、タッキー&翼は解散、NEWSや関ジャニ∞、KAT-TUNはメンバー脱退と大きく様変わりする中で、V6だけがオリジナルメンバー6人で活動を続けている。 結成当初は、年長組トニセンと年下組カミセンと世代の差が広かったために、結束力が脆弱と言われていたが、ここまで長続きしているのは、最年長リーダー坂本によるところが大きい。V6ファン歴20年以上の40代女性が語る。「坂本くんはリーダーとしての存在感もあるけど、何よりもジャニーズナンバーワンとも言われる歌と踊りが魅力的なんです。最近はコンサートツアーが無いことは残念ですが、V6が1人も欠けずにずっと仲良しでいてくれていることは、ファン冥利に尽きます。坂本くんが結婚してもファンは絶対にやめません」 機は熟しているようだ。
2020.12.23 07:00
NEWSポストセブン
中居aa
中居、玉木、竹野内、ムロら10人「マスク×黒」の男前コーデ
 新型コロナウイルスが流行し始めてから半年以上経ち、コロナ対策でのマスクもすっかり日常となった今日この頃。以前からマスクをつける機会の多い芸能人は、マスクをつけながらのコーディネートはお手の物。この春以降キャッチしたイケメン芸能人たちは、「黒」を使ってファッションを楽しんでいた。 さわやかに晴れた6月の週末、都内の老舗スーパーで買い物する中居正広(48才)の姿があった。黒いキャップに黒いTシャツ、黒のパンツと全身黒で統一しているが、重たく見えないスポーティな印象。この8月に48才になったばかりだが、アラフィフとは思えないTシャツ越しからでも分かる鍛えられた体が、きれいな着こなしを一層引き立てていた。サングラスとマスクもつけていたが、醸し出すオーラでひと目で中居と分かってしまった。 都心の住宅街を自転車でさっそうと駆け抜けていたのは、中居と同様、ジャニーズ事務所を退所した手越祐也(32才)。6月初旬のよく晴れたこの日、極太タイヤがおしゃれなファットバイクにまたがり、大きなリュックを背負ってボランティア活動に励んでいた。黒い無地のTシャツに黒い短パン、黒のレギンスと、全身黒で統一したコーディネートで、トレードマークの金髪がよく映えていた。 5月中旬、都内のラジオ局から収録を終えて出てきたのはマスク姿のムロツヨシ(44才)。おしゃれなグレイヘアが日焼けした肌によく似合っている。濃いめのベージュのシャツにゆったりとした紺色パンツと服はシンプルにまとめ、大きめの青のトートバックやカラフルなスニーカーで色をプラス。そして、黒縁メガネがコーデのアクセントに。小物でおしゃれを楽しんでいるようだった。 市川海老蔵(42才)は6月中旬、オーガニックカフェで長女の麗禾ちゃん(8才)、長男勸玄くん(7才)とともにアイスクリームを味わっていた。ぴったりと体にフィットした白いTシャツに丈の短めの黒い短パン、ビーチサンダルというカジュアルな服装は海老蔵の普段着の定番スタイル。がっちりとした体型のためか、サングラスにマスクをしていても、道行く人が振り返るほどの存在感を放っていた。 玉木宏(40才)は、黒のサングラスに黒マスク、黒のシャツを着用し、ボトムスにはダメージジーンズとウォレットチェーンというワイルドなスタイル。8月下旬、庶民派スーパーへ買い物に出かけたときのシーンで、荷物がたくさん入ったビニール袋を両手に持っていても、どこかサマになっているのさすが! 7月上旬、都内の繁華街で、焼き鳥をテイクアウトしていた竹野内豊(49才)の姿をキャッチ。黒いTシャツに黒いパンツ、足元はスニーカーというシンプルなコーディネートだが、長身で小顔という抜群なスタイルは、マスク越しでもスターの貫禄で溢れていた。Tシャツからのぞく腕もたくましく、49才とは思えない鍛えぬかれた体には、華美な装いはむしろ不要!? 長谷川博己(43才)が、マスクをつけて都内高級住宅地の一角を歩いていたのは5月下旬の夕方のこと。竹野内と同様、黒いパンツに黒いTシャツ、足元にはスニーカーを合わせた長谷川。ラフなスタイルだが、体のサイズに合った服をサラッと着こなし、「きちんと感」を醸し出しているあたりは身長183cmと高身長な長谷川ならではだ。 7月のある日、都内の路上に車を止め、スマホを操っていたのはV6の坂本昌行(49才)だ。黒いキャップに黒Tシャツ、黒いパンツとこちらも黒で統一したコーディネートは、リラックスした大人の印象。キャップに黒縁メガネとマスクをしていても、長年スターとして活躍してきたオーラは隠せていなかった。 坂本と同じジャニーズ事務所のTOKIOのリーダー・城島茂(49才)も黒を使ったファッションだった。7月末、都内のコンビニエンスストアで買い物を終えたリーダーは、黒のキャップを目深に被り、白いTシャツに黒の短パン、黒いスニーカーというコーディネート。今年2月に生まれた子供がまだ小さいためか、メガネにマスク、手袋も着用して徹底したコロナ対策を行うなど、早くもパパとしての一面が垣間見られた。 少し肌寒さを感じる4月下旬、都内屈指の高級フレンチのエントランスにいたのは、マスク姿の中井貴一(59才)。ジャケットの下にアーガイルのニットを合わせ、左手小指にはクロムハーツのリングと、さすが芸能界きってのファッショニスタと言われる風格だ。トレードマークのピッチリ横分けの髪型と黒縁メガネもよく似合い、ベテラン俳優だからこそ醸し出せる大人のムード満載だった。
2020.09.21 16:00
NEWSポストセブン
【動画】V6・坂本昌行と元宝塚女優 車中デートな写真4枚
【動画】V6・坂本昌行と元宝塚女優 車中デートな写真4枚
 7月のある日都内の路上に駐めた車の中でスマホを操るカップルの姿。スマホの画面を見ながら楽しそうに会話をする二人はV6の坂本昌行さんと元宝塚トップスターの朝海ひかるさんでした。2018年秋の舞台「TOP HAT」での共演をきっかけに交際に発展したと報じられた2人。舞台関係者によると「2人の交際は順調だと聞いています。2人ともいい大人なのでゴールインも視野に入っているのではないでしょうか」とのことです。
2020.08.26 16:00
NEWSポストセブン
結婚を発表した坂本昌行
V6坂本昌行と元宝塚トップスターの車内デート ゴール目前か
 7月のある日、都内の路上に駐めた車の中でスマホを操るカップルをキャッチした。スタンドに立てたスマホには、目的地までの地図が映っているのか。画面を見ながら楽しそうに会話をしていたのは、アイドルグループV6の坂本昌行(49才)と、元宝塚トップスターの朝海ひかるの“大人カップル”である。 2018年秋の舞台「TOP HAT」での共演をきっかけに、交際に発展したと報じられた2人。朝海をよく知る舞台関係者が語る。「新型コロナウイルス禍の自粛期間を経ても、2人の交際は順調だと聞いています。まだ、結婚に関する具体的な話までは流れていませんが、2人ともいい大人なので、ゴールインも視野に入っているのではないでしょうか」 坂本は、20代後半から30代にかけては、元モーニング娘。中澤裕子(47才)と長く交際して、その後は女優の大塚千弘(34才)と交際も報じられていた。ただ、どちらとも結婚には至らなかった。 当時を知る芸能記者は「当時は、坂本さんに結婚願望が無かったからと言われていました。中澤さんも大塚さんも、坂本さんと破局後に次の交際相手とすぐに結婚しましたから、結婚観に隔たりがあったのでは?と推察されていました」と解説する。 坂本は、かつてテレビ番組でレギュラーコーナーを持ち、「将来の夢は小料理屋を開くこと」というほどの料理好き。また、数年前までは、「僕には城島くんがいるから大丈夫。いつまでも(城島と)手をつないでいきます」と、TOKIOのリーダー・城島茂(49才)と一緒に、独身をネタにするほどだった。 ただ、その城島も結婚。V6は、メンバー6人のうち4人が結婚。残すは、8才年下の三宅健と坂本だけだ。 近年のジャニーズアイドルグループでは、SMAPが解散、TOKIOもメンバーが欠けて、後輩グループでは嵐が今年で活動休止、タッキー&翼は解散、NEWSや関ジャニ∞、KAT-TUNはメンバー脱退と大きく様変わりする中で、V6だけがオリジナルメンバー6人で活動を続けている。 結成当初は、年長組トニセンと年下組カミセンと世代の差が広かったために、結束力が脆弱と言われていたが、ここまで長続きしているのは、最年長リーダー坂本によるところが大きい。V6ファン歴20年以上の40代女性が語る。「坂本くんはリーダーとしての存在感もあるけど、何よりもジャニーズナンバーワンとも言われる歌と踊りが魅力的なんです。最近はコンサートツアーが無いことは残念ですが、V6が1人も欠けずにずっと仲良しでいてくれていることは、ファン冥利に尽きます。坂本くんが結婚してもファンは絶対にやめません」 機は熟しているようだ。
2020.08.23 16:00
NEWSポストセブン
薬指に指輪がキラリ
城島茂はなぜ好かれるか、「東の江頭2:50、西の城島」の評も
 TOKIOのリーダー・城島茂(48才)とグラビアアイドル・菊池梨沙(24才)の交際が順調であると先日、報じられたが、これに対してネットでは「安心した」「応援している」といった声が出ている。「激動のTOKIO 城島茂が結婚すれば前向きに動き始めるか」という当サイトの記事に対しても「リーダーが結婚……最優先だろー、JK」といったツイートも書き込まれた。ここでいう「JK」とは「常識的に考えて」の略語だ。 城島に対しては山口達也(47才)がTOKIOから脱退した後、残ったメンバー4人で『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)でアウトドア系の道を究め続けていることが高く評価されている。9月1日の放送時の様子はツイッターのまとめサイト・togetterで以下のタイトルでまとめられ、約12万のアクセスを獲得している。「多摩川のアユを救うため、クワをふるって19年の城島リーダーが“川底の石の耕し方”を市の職員に指導 #鉄腕DASH」 ここでは、城島がなぜ今年は多摩川のアユが少ないかの理由を分析するとともに、増やすための対策を指導する様がまとめられた。アユの天敵であるスズキを捕獲したうえでパスタを作る様も紹介され「もう捕獲罠もプロの域だな、リーダー」と絶賛された。 城島の特徴は「リーダー」と呼ばれる点にある。アイドルグループにおいてはSMAPの場合は中居正広が、嵐は大野智が、V6は坂本昌行がリーダーだが、城島ほど「リーダー」の呼称では呼ばれない。 そしてこの「リーダー」という呼称はTOKIOのファンではない人にとっても親しみを感じる呼称になっている。長年ネットを見続けているネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、城島について「通常芸能人に対しては辛辣なコメントが多いものの、叩かれている状況をほぼ見たことがない。『東の江頭2:50、西の城島リーダー』と私は思っています」と語る。 だからこそ、まとめサイト「NAVERまとめ」でも『愛すべき我らがリーダー、城島茂のほのぼのエピソード【TOKIO】』というまとめが存在し、これは約114万のアクセスを獲得している。 さらにこのまとめの説明文には「アンチがほぼ皆無といってもいいTOKIOの愛すべきリーダー城島茂さんの心温まるエピソードをまとめてみました。」ともある。 一体なぜここまで城島リーダーは愛されるのか。中川氏は「体を使って必死に頑張る人はネットでは応援される」と語る。 TOKIOは全員体を使って畑を耕したり魚を獲ったりもする。江頭2:50は何もアピールすることなく被災地へ救援物資を運びに行ったり、オリンピックではコスプレをして客席に映り込む。こうした姿勢がウケているのだという。 同様の傾向で愛されるキャラとしては照英、イモトアヤコ、出川哲朗、上島竜兵、そしてTOKIOの他のメンバーもそうだろう。昨今の報道によると、城島は菊池とお揃いのリングをはめ、双方の両親とも食事をしたという。結婚となれば、称賛の声が多数書き込まれるだろうが、前出・中川氏は「数字で計るのは難しいですが、南海キャンディーズ・山里亮太が蒼井優との結婚を発表した時と同じぐらい、ないしはそれを上回るほど祝福されるのでは」と予想する。
2019.09.09 16:00
NEWSポストセブン
ジャニーズ“年功序列”リスト グループまたぐ複雑な上下関係
ジャニーズ“年功序列”リスト グループまたぐ複雑な上下関係
 ジャニーズ事務所の滝沢秀明(36才)が年内で芸能活動を引退し、プロデュース業に転身することを発表した。今後、ジャニーズJr.の育成と舞台のプロデュースを担当するとのこと。新人を養成する学校を設立し、校長に就任する予定もあるという。 この発表の2週間前、『週刊文春』が「芸能界激震スクープ ジャニー喜多川社長が指名 ジャニーズの後継者は滝沢秀明」と報じているが、滝沢はジャニーズ事務所の経営にかかわるというよりも、舞台のプロデュースを継承していくということのようだ。 たしかに、ジャニー社長の後継者となるのであれば、滝沢の上に何人もの先輩がいる。近藤真彦(54才)を筆頭に、少年隊の錦織一清(53才)、植草克秀(52才)、東山紀之(51才)、元光GENJIの内海光司(50才)、元男闘呼組の岡本健一(49才)など、多くの先輩たちが鎮座している。さらには、V6の坂本昌行(47才)、TOKIOの城島茂(47才)、元SMAPの中居正広(46才)、木村拓哉(45才)と、まだまだ多くの先輩がいるのだ。 ここでは、2010年以前にデビューしたジャニーズ事務所所属タレントを年齢順にリスト化した。同じ年齢の場合は、五十音順で表記した。 ジャニーズ事務所では基本的に上下関係は入所した順番で決まるという。従って年は下なのに先輩といったパターンもあるし、先輩なのに後輩より後にメジャーデビューといったこともある。 たとえば、元SMAPの中居と木村は先輩の光GENJIのバックで踊っていたこともあるが、光GENJIの佐藤アツヒロは2人の1学年下。さらに、SMAPより後にデビューしているV6の坂本昌行は2人よりも年上で、長野博は2人と同学年だ。単純に入所順ではなく、年齢やデビュー時期もからんでくるため、先輩後輩関係は意外と複雑なのだ。※女性セブン2018年10月4日号
2018.09.21 15:55
NEWSポストセブン
V6井ノ原も憧れる田原俊彦、本邦初公開の大記録とは
V6井ノ原も憧れる田原俊彦、本邦初公開の大記録とは
 V6の井ノ原快彦も田原俊彦への憧れを隠せないようだ。7月21日放送のラジオ番組『V6 Next Generation』(JFM)で坂本昌行、長野博、井ノ原が事務所の大先輩になる田原俊彦について語った。井ノ原は田原のことを「西部警察で言えば石原裕次郎さんみたいな感じ」とたとえる。  田原に憧れてジャニーズ事務所に履歴書を送ったという井ノ原は近年、トシちゃんとホームセンターで遭遇したことを明かし、「握手したとき、感動した。長い待ち合わせだった……と思った。だって、ジュニアで会った時、話なんて出来なかったでしょ?」と話すと、長野が「できない、できない。ありえない」と実感を込めて振り返った。 井ノ原が「『イノッチ!』っていわれたんだよ! 君、名前なんて言うの?じゃなくて、イノッチっていわれたのが。イノッチって知ってるんだ……」と興奮気味に話すと、坂本は「だって、(自分は)未だに呼ばれたことないもん」と羨ましそうに呟いた。 7月31日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、〈超大物芸能人の2世が大集合〉というテーマで、田原俊彦の娘である女優の田原可南子が出演。普段の父親の振る舞いや教育方針を語った。可南子が「(父が)赤いポルシェを買った」という話をすると、明石家さんまは「大スターの生活やな~」と感心した。 1990年代生まれ以降の世代からすると、1980年代のトップアイドルだった田原俊彦の凄さは伝わりづらいかもしれない。『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の著者である芸能研究家・岡野誠氏はまず、田原の持つ有名な大記録を挙げる。「当時の人気歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)の最多ランクイン数は田原俊彦の247回。ベストテンのスタジオには、田原専用の青いソファーが作られたほどです。番組終了後の1990年代以降、歌のヒットを現す指標は主にオリコンになりましたが、1980年代は高視聴率番組『ザ・ベストテン』のランキングが話題の中心でしたから、その中での1位はまさに1980年代のナンバーワンといっていい」 それまでの歌番組はプロデューサーが主導して出演者を選んでいたが、1978年開始の『ザ・ベストテン』は視聴者の意向を反映するため、レコード売り上げ、ハガキリクエスト、ラジオチャート、有線放送の4部門を元にコンピューターで客観的に順位を弾き出した。総合チャートのため、各部門で高順位につけないとランクインできなかったのである。「1980年代前半の男性アイドル界はまだ今のように“ジャニーズ1強”ではなく、他事務所も沖田浩之や竹本孝之などの有望株を輩出していた。しかし、彼らは田原俊彦と近藤真彦の人気を超えられなかった。野村義男を含めた『たのきんトリオ』が、今のジャニーズ事務所の礎を築いた」(同前) 今まで『ザ・ベストテン』のランクイン記録は公式本などで明らかになっていたが、岡野氏は『田原俊彦論』の中で、初公開と思われる“歌手の年別ランクイン数”を調べた。それにより、ある記録に気付いたという。「最多ランクインの他に、田原俊彦がもう1つの記録保持者であることも判明しました。番組放送12年のうち、10年間(1980~1989年)ランクイン。これは近藤真彦と並んでトップです。3位は9年のサザンオールスターズ。4位タイで西城秀樹、五木ひろし、松田聖子、薬師丸ひろ子、中森明菜、小泉今日子の6人が並んでいます。薬師丸は通算ランクイン回数では30位タイ(55回。1986、1988年は各1回のみ)ですが、年数という単位で見ると順位が一気に上がります」 1970年代後半に低迷したジャニーズ事務所を救った田原と近藤がいかに息の長いアイドルだったかよくわかるデータだ。 岡野氏によれば、田原は1989年1月26日放送の『ザ・ベストテン』で司会の黒柳徹子、渡辺正行から最多ランクイン記録について触れられると、こう話したという。〈田原:ただ単にタイムリーだったっていうか、長いんですよね。渡辺:名前をトシちゃんとかお呼びできませんね。田原先生、田原さま。業界では田原亭なんてのもありますけどもね。黒柳:トウちゃんとか。トシちゃんだから。田原:なんで(笑)黒柳:あなたは私たちからなんて呼ばれれば?渡辺:なんてお呼びしたらいいですかね。田原:そうですね、僕は別になんでもいいと思ってるんですけどね。呼びやすいように呼んで頂ければ。まあ一応、とりあえずは(カメラ目線で)『彦さま』みたいなのがいいですね。黒柳:大久保彦左衛門(笑)田原:(手を叩いて)パン! 彦さま! みたいな。ウソウソ、ジョークです(笑)。〉『ザ・ベストテン』は1978年から1989年まで放送されたため、1980年デビューの田原は他の歌手と比べて、たしかに有利な面もあったかもしれない。しかし、アイドルが2~3年も人気を保てば大成功だった時代に、10年以上もヒット曲を出し続けたことは異例中の異例。『ザ・ベストテン』の最多ランクイン、最多ランクイン年数に輝いた田原俊彦の偉業が色褪せることはないだろう。
2018.08.07 16:00
NEWSポストセブン
V6座談会、6人が語るソロとグループ活動の差と人間関係
V6座談会、6人が語るソロとグループ活動の差と人間関係
 両A面シングル『Crazy Rays/KEEP GOING』をリリースしたV6の素顔に超接近。6人の笑顔が絶えなかったインタビューを公開する。井ノ原快彦「それぞれソロでも仕事しているけど、だからこそ、ぼくは6人の時は楽しくやりたいと思ってる」岡田准一「うん。できるだけ楽しくやるには、どうしたらいいかというのは、メンバーみんなが考えてるかな」長野博「笑顔で仕事したいからね!」井ノ原「ソロでも頑張って、グループに笑顔で戻ってきたいよね。健とか舞台でも歌ったりするけど、V6としての音楽活動は別でしょう?」三宅健「そうだね。自然と切り替わるし、やっぱり楽しいよね」岡田「レコーディングの時、マイルールって何かある…?」井ノ原「長野くん、裸足で歌うよね!」長野「一度もしたことないよ(笑い)」全員「あはは!」井ノ原「座って歌うか立って歌うか、曲によって変えるくらい?」三宅「座って歌うことあるの?」井ノ原「あるある! アルバム『The ONES』の、剛のプロデュース曲『ボク・空・キミ』は座って歌ったよ」坂本昌行「昔、曲によっては照明を暗くして歌入れしたことがあるけど。今回のシングルのように明るい曲では、暗くして歌ってもね(笑い)」全員「あはは」森田剛「『Crazy Rays』は、懐かしい感じの振り付けなんだよね」坂本「『KEEP  GOING』は、テンションが上がる曲なので、楽しんで聴いてもらえるんじゃないかな」岡田「そうだね。タイトルのKEEPのように、メンバーに変わらないでほしいな…と思うことがあって。井ノ原くんは“楽しく仕事したい”というポジティブなところ」井ノ原「坂本くんは、デビュー当時はぼくらを引っ張らなくてはいけない役回りで無理した面もあったと思うけど。もともとマイペースだと思うから、自分のペースで好きな仕事をずっと続けてほしいな」森田「健は、好き嫌いがはっきりしているところがいい!」坂本「剛は、アウトローに見えると思うけど、すごく優しい面がある。そのギャップは変わらないでほしいね」三宅「…(※すごく小声でささやく)」井ノ原「なんで口をパクパクさせてるんだよ(笑い)」全員「あはは!」森田「聞こえない(笑い)」三宅「長野くんは、ずっと優しい長野くんでいてほしい。いつも冷静で周りのことをよく見ていて、怒ったところはあまり見たことがない」長野「岡田は6人でいると、昔から変わらないいちばん年下の空気を、今もそのまま持っているところが、すごくいいなと思ってる」岡田「やっぱり年上は、ずっと年上だから。いつまでも先輩なんです!」森田「いちばん、変わったのは誰かな…?」三宅「変わったようで、みんな変わってないんだよね」井ノ原「そういうもんだよね(笑い)」全員「あはは!」※女性セブン2018年6月14日号
2018.06.04 16:00
女性セブン
4年半ぶりオリジナルアルバム発売のV6 メンバーが全曲解説
4年半ぶりオリジナルアルバム発売のV6 メンバーが全曲解説
 オリジナルとしては、約4年半ぶりとなるアルバムを8月9日にリリースしたV6。そんなV6 のメンバーに、アルバム『The ONES』を全曲それぞれ解説してもらった。M1 『never』「“過去を振り返って今を生きる”がテーマ。時計の秒針音をメンバーが歌うところが、今までになくておもしろい」(坂本昌行)M2 『刹那的Night』「ぼくのプロデュース曲は、石野卓球さんに作詞・作曲をしていただけることになったので、曲の核となるようなミュージックビデオを作った」(岡田准一)M3 『SOUZO』「ファンクな曲でまさにSOUZOが膨らむ曲」(長野博)M4 『Beautiful World』「秦基博さんが作ってくれた曲で、秦さんの世界観の中にぼくたち6人が入りこんでいるような感じ。優しいメロディーで、今までになくさわやか」(森田剛)M5 『Cloudy sky』「本当に久しぶりに秋元(康)先生に詞を書いていただきました。歌詞に広がりがあってさわやかな曲」(坂本)M6 『DOMINO』「文字通り、ドミノのように崩れてゆく男女が描かれた楽曲」(三宅健)M7 『Round & Round』「歌詞のとおり、何が現実なのか?といった世界観で、プロデュースした」(長野)M8 『Remember your love』「いなくなってしまった彼女への喪失感を歌っている」(三宅)M9 『会って話を』「バンドにKIRINJI、コーラスにコトリンゴと2組のアーティストが参加。男の女々しさと本音を女子に感じてもらいたい」(井ノ原快彦)M10 『Answer』「6人がこの曲をシャウトしながら歌っている姿をイメージして、プロデュースした曲。自分の正解は他人が決めることではなく、自分自身が出した答えが正解!」(坂本)M11 『Can’t Get Enough』「デビューから20年以上たって、6人で踊る新たな方向性を見つけようとした曲」(岡田)M12 『Get Naked』「男性目線の挑発的な歌詞に注目してほしい」(三宅)M13 『ボク・空・キミ』「命をテーマにプロデュースした曲。人間の力強さ、愛、自然の持つ力などのパワーが詰まっている曲だから、じっくり聴いてもらえたら」(森田)M14 『COLORS』「誰かに対しての応援歌になればいいなと。V6らしい1曲」(岡田)M15 『レッツゴー6匹』「聴いた人が、とにかく楽しく笑顔になってもらいたいと思ってプロデュースした。メンバーにも、何も考えずに笑顔で歌ってもらった」(井ノ原)M16 『The One』「ファンのみなさんと一緒に、これからも歩んでいけたら…という思いも込めている曲」(長野)※女性セブン2017年8月3日号
2017.08.09 07:00
女性セブン
デビュー22年のV6、調整・世代間パイプなど各人の役割
デビュー22年のV6、調整・世代間パイプなど各人の役割
 V6がオリジナルとしては、約4年半ぶりとなるアルバムをリリース。メンバーに改めて各人の魅力について明かしてもらいました。個人でも活躍するV6だが、6人が集合した時の絆も最強だった。長野博(44才)「個人でも活動しながら、アルバムでは6人で新しいものを発信できる。新たなV6を、曲を通して聴いていただけるのはうれしいですね!」三宅健(38才)「それぞれの表現力の幅も変化していると思います」井ノ原快彦(41才)「うん。“今のV6”を切り取ったアルバムですね」坂本昌行(46才)「6人でそれぞれ曲をプロデュースしたことも非常に大きくて、より制作に携わったぶん愛も深い。1曲、1曲が濃密で、深みのある一枚です」森田剛(38才)「聴きごたえも、ミュージックビデオの見ごたえもある豪華な作品になりました」岡田准一(36才)「バラエティーに富んでいるし、今のぼくたちの個性を集めたものになったな…と」坂本「改めてメンバーの魅力を言うなら、今のV6があるのは、(年長組と年少組の)パイプ役だった井ノ原がいてくれたから! 感謝してます」三宅「ムードメーカーだよね」森田「そうかな~?(笑い)」井ノ原「おーい!」森田「冗談だよ。気を使うところもあるし、自分の意見もあるし、そのバランスが絶妙」長野「坂本くんはリーダーとして引っ張ってくれるから、みんながある意味、自由にできる。常に守ってくれる存在」井ノ原「岡田が俳優として日本の映画界で認められていくのを近くで見てきたけど、グループとしての活動も積極的にやるところが好き! ウチの親は岡田准一がいないと困るって(笑い)」岡田「ありがとうございます(笑い)。三宅さんは、“天才アイドル”。1970年代にアイドル活動をしてたら、もっとすごかったと思いますよ」三宅「森田剛は、あるがままって感じ! それに尽きます」岡田「昔からカリスマ的な雰囲気をずっと持ち続けている感じがありますね」井ノ原「20年以上やっていれば、メンバー同士でのけんかも数えきれないほどあるけど(笑い)。そういう時に仲裁してくれるのが森田くん」森田「長野くんは優しいし、物腰も柔らかいし、でもこだわるところは追求する。マスコットキャラクターみたいな感じ! でも、メンバーの中でいちばんミステリアスで謎が多い」坂本「メンバーの中でいちばん一緒に遊んでいるけど、謎が多いんですよね」井ノ原「プライベートが謎だから、風呂とか入っている時に、ふと“長野くんって本当はどうなんだろう?”って思うことがあります(笑い)」全員「あはは!」※女性セブン2017年8月17日号
2017.08.06 16:00
女性セブン
岡田准一 二宮和也と大阪の実家に帰るほどの関係
岡田准一 二宮和也と大阪の実家に帰るほどの関係
 連休まっただ中の東京・西麻布のある夜。創業25年の高級老舗ワインバーで米倉涼子(41才)と、後からやってきたV6の岡田准一(36才)と嵐の二宮和也(33才)がバッタリ。その様子を10日発売の『女性セブン』が報じた。 アクティブな岡田に出不精の二宮。性格は真反対の2人だが、プライベートではまるで兄弟のように大の仲良しだという。 2015年末に行われた『ジャニーズカウントダウンコンサート』で、「初夢ツーショット」という視聴者アンケート企画が行われた。異なるグループに所属するメンバーがコンビになって歌うという、普段は見ることのできない取り合わせに会場のファンは大興奮。その時に実現はしなかったものの、岡田と二宮のタッグを望む声は根強い。それは、2人の絆が20年以上にわたり固く結ばれてきたから。 岡田は1995年11月、14才のときにデビュー。オーディションに合格して事務所に所属してから、わずか4か月後のスピードデビューだった。「右も左もわからず大阪から東京に出てきて、歌もダンスも演技も本格的に経験したことがないのに、何万人ものファンの前に放り出された。目まぐるしい現実に戸惑ったこともあったそうです。 岡田はV6の中では最年少で、リーダーの坂本昌行(45才)は9才年上。同年代の三宅健(37才)、森田剛(38才)はジャニーズJr.としての場数を踏んでいた。しかも他の5人は関東出身なのに、岡田だけ大阪出身。孤独感は相当なものだったそうです」(音楽関係者) 5月6日『サワコの朝』(TBS系)にゲスト出演した岡田は、当時をこう振り返った。「ずっと怒られ続けていたし、“ひとりだけレベルが足りない”と言われていた」  その頃、V6のバックで踊っていたJr.のメンバーの中に二宮の姿があった。 「岡田にとっては、年齢が近くキャリアもそれほど変わらない彼らと一緒にいる時間はリラックスできた。その中でも特に二宮には悩みを打ち明けたりしていたそうです。休みに大阪の実家に帰るときに、二宮を連れて行ったこともあったそうですよ」(前出・音楽関係者) 3才年上の岡田もまた、二宮の相談相手だった。 「5人の(メンバーの)うち、辞めたいやつが3人もいるなかで、嵐を応援してくれるファンはいるのかな?」 1999年のデビュー当時を振り返って、二宮はそんな複雑な気持ちを抱えていたことをたびたび明かしている。2人の知人は語る。「慶應義塾大学への進学が決まっていた櫻井翔さん(35才)は“アイドルは入学まで”と決めていたし、大野智さん(36才)も辞めると宣言していた。二宮さんもデビュー前に“いずれは事務所を辞める”と伝えていました。デビューしてからも、中途半端な気持ちで表舞台に立つことにかなり悩んでいたそうです。 その時に打ち明ける相手が岡田さんだった。岡田さんは二宮さんに対してあれやこれやアドバイスをするわけではなく、ただじっくり耳を傾けて話を聞いた。でも、それだけで二宮さんは気持ちの整理がついた。そうして、いつしか固い絆で結ばれていったんです」  年始恒例の初詣では、いつも席は隣。カウントダウンコンサートでも、岡田が二宮にヘッドロックをかけてじゃれ合ったり、ずっとそばにいる。岡田が「ニノは天才肌」と言えば、二宮は「岡田氏は真面目でストイック」と、正反対の性格であることはお互い認識しているのに、「自分たちはジャニーズでいちばん地味なカテゴリーにいる」と仲間意識を隠さない。 ※女性セブン2017年5月25日号
2017.05.15 07:00
女性セブン
城島茂、独自キャラ確立 民謡の司会、「結婚できない」もネタ
城島茂、独自キャラ確立 民謡の司会、「結婚できない」もネタ
 TOKIOの城島茂(46歳)が独自のポジションを築きつつある。これまでの「農業アイドル」いう肩書きに加え、最近では「民謡番組」の司会に挑んだり、さらに「未婚」であることや「老化」についても自ら話題にするなど、新たなキャラクターを打ち出しているのだ。 農業ができるアイドルという触れ込みはすでに十分認識されているであろう。人気番組『THE!鉄腕!DASH!!』で農業を始めて17年。今では畑の土を触っただけで土壌の性質を指摘したり、果物を食べただけで糖度を言い当てるなど、本職並みの知識を誇る。昨年末のオンエアでは、定期購読している農業専門紙「日本農業新聞」に目を通し、国内の米の豊作に胸をなでおろしていた姿が放送され話題を呼んだ。 彼の多才ぶりは農業だけにとどまらない。クレーンやショベルカーも操縦し、料理もプロ並み。また意外にも、TOKIOの歌の作詞・作曲も多く手がけている。その中にはストレートなラブソングや全編英語歌詞でつづったバラードもある。◇民謡番組の司会、報道番組のキャスターにも挑戦 仕事の幅が広がっているのにも注目だ。4年前からは『民謡魂~ふるさとの唄~』(NHK)という民謡番組の司会にも挑戦。全国各地の公民館や体育館をめぐりながら、民謡歌手や、漁師歌を歌い継ぐ漁師など地元の人たちと触れ合っている。「社会派」な一面もあり、テレビ朝日系『週刊ニュースリーダー』というニュース番組のMCも務めている。ジャニーズでも、これだけ多ジャンルの仕事をこなしているのは城島ぐらいではないだろうか。  ジャニーズタレントのイメージといえば「年を取らない」「昔と変わらない」ことが特徴的だが、城島の場合はむしろ逆で、「老い」をまったく隠さない。今年1月のテレビ番組では「年を感じたエピソード」というテーマで、「お手洗いが近くなった」と告白。また最近の悩みは頭皮の後退とのことで、彼らが開拓している無人島「DASH島」に自生するアロエでオリジナルの育毛剤を作っていた。◇結婚について「悩んでいる時間は過ぎました」と自虐 そんな愛すべきキャラだから、何かチャレンジに失敗しても、不思議と許されてしまう。 正月放送の特番で彼が挑んだのは、幅5cm、長さ5mのゴムのベルトの上を渡りながらジャンプし、その途中にある高さ3mのくす玉を割るというもの。だが何度か飛び上がるものの、バランスを崩し失敗。みかねたTOKIOのほかのメンバーが、ベルトの両端をおさえてベルトの揺れやたわみを少なくした状態で再チャレンジ。結果成功し、出演者に温かい拍手を浴びていた。 そんな愛すべきリーダーは今、結婚できない「未婚キャラ」という新しいキャラを手に入れている。  2016年11月に放送された『ベストアーティスト2016』(日本テレビ系)。同世代のジャニーズアイドルであるV6・長野博が結婚したことを司会者に尋ねられた城島は、同じく独身のV6・坂本昌行を連れて「飲みに行ってきます!」と自虐ともとれるコメントし、笑いを誘った。 さらに別の日、とある新CMの発表会でも自身の結婚について聞かれた際は、「悩んでいる時間は過ぎました」と、流れに身を任せる旨の発言をし、さらには「当面は無人島でいろんな作業が残っていますんで」と、結婚より開拓を選んでいた。  年を重ねるほどに存在感を増しているTOKIOのリーダー城島茂の今後に大注目だ。 (芸能ライター・飯山みつる)
2017.02.05 07:00
NEWSポストセブン
パラリンピックで注目 「ジャニーズの異端児」風間俊介
パラリンピックで注目 「ジャニーズの異端児」風間俊介
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ジャニーズの中で独自のポジションを築く風間俊介にクローズアップ。 * * * リオパラリンピックのハイライト番組『パラリンピックタイム』(NHK)で現地から大会の模様をリポートしたり、競技が終わった選手へのインタビューを行ったりしている風間俊介への評価が日に日に高まっている。 一年間にわたり、パラリンピアンへのインタビューを行っていただけでなく、14年から、障がいや病気など、様々な生きづらさを抱える主人公たちをドキュメントVTRで徹底取材する『ブレイクスルー ハートネットTV』(Eテレ)でキャスターを務めている風間。 決して付け焼刃ではないコメント力は、開会式から発揮されていた。「『障がいをもった方は助けてあげなさい』という常識が覆される」「『手助けさせていただく』…、そんな気持ちにすらなる、尊敬できる存在です」 パラリンピアンに敬意を表しつつ、そのカッコよさを目の当たりにし、「自分だけ個性がないような感覚に襲われたんです」と、時間をかけて取材をしたからこそのストレートな感想を語った。 さらに、「“いつか”を変えるときは“今”だと思う」という風間が、自ら撮影した“お気に入り”写真と応援メッセージを綴った「ソーシャル・グッド・プロジェクト」なる『ハートネットTV』の派生企画も注目を集めている。 実は風間は今年初めから、「ジャニーズでもっとも忙しいアーティストではないか」と言われてきた。 まず1月は5年ぶりとなる主演映画『猫なんかよんでもこない。』が公開された。3月には先輩であるV6岡田准一主演の『エヴェレスト 神々の山嶺』に出演。その岡田がCMキャラクターを務めている「マルちゃん正麺カップ」でも共演中だ。 4月は、長年声優を務めている『遊☆戯☆王』シリーズの新作『THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』に主演。そして、4月期のドラマでトップの視聴率をおさめた嵐の松本潤主演『99.9 刑事専門弁護士』(TBS系)にゲスト出演し、最終話に並ぶ最高視聴率を記録した。 さらには舞台『イントレランスの祭』にも主演し、5月には映画『少女椿』が公開され、7月、8月は、『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』でテリー役を好演。いまは大竹しのぶ主演で話題の『後妻業の女』にも出演しているのだ。 風間と言えば、彼と同年代以上の視聴者には、『3年B組金八先生』第5シリーズ(99年・TBS系)での優等生の皮をかぶった問題生徒役の印象が強いと思う。ジャニーズJr.内では、山下智久、生田斗真、長谷川純らと「FOUR TOPS」というユニットを組んでいたが、山下がNEWSのメンバーになった時点で消滅。くしくも現在、FOUR TOPSのメンバーは全員ソロで活動しているが、ソロ歌手でもある山下や、映画や舞台の主演俳優である生田、ファッション誌でモデルをしていた長谷川に比べると、風間の活動は地味だった気がする。 バラエティー番組専門放送作家の私が彼に注目をしたのは、彼がMCをする機会が多かった『裸の少年』(テレビ朝日系)だった。後輩ジャニーズJr.を仕切り、彼らの個性を把握し、前に出してあげられるタイミングを瞬時に察しながら番組をまわしていた風間。そこには彼の気遣いや優しさが溢れていた。 その“司会力”は事務所内でも認められ、イベントのMCを任されることもあったが、彼がそこで歌ったり踊ったりということはなかったのである。 その内、“他流試合”ともいうべき、ジャニーズ以外の舞台に出演するようになった風間。その都度、舞台人として有名な俳優や演出家から演技を評価されるも、「売れっ子」と言うには程遠いような状態だった。 その頃の彼については、「懸命に自分を大きく見せるようなところがある」「プライドが高すぎる」と、ジャニーズ担当の記者らが口を揃えた。男性アイドル事務所に所属しながら、主流派ではない自分のことを風間はよく理解し、必死にもがいていたのだろう。 それでも懸命に自分の居場所を探しながら、こつこつと仕事をしてきた風間に好機が訪れた。11年7月期のドラマ『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)だ。 彼の役は「少年A」こと三崎文哉。いわゆるサイコパスで、少年院を経て社会復帰しても幼児に対する異常性愛を感じる…という、最後まで救われない、難しい役だった。 満島ひかり、瑛太、田中圭、安藤サクラら若き演技派に加え、大竹しのぶ、柄本明、段田安則といった個性派に囲まれながらも、視聴者の目は風間に集中した。それほど彼の演技には鬼気迫るものがあったのだ。 当然のように、多くのプロから風間に声がかかるようになった。その一人が脚本家の遊川和彦氏で、風間は氏が脚本を手掛けた朝ドラ、『連続テレビ小説「純と愛」』(NHK)でヒロイン・夏菜の相手役に抜擢されたのである。 曰く、「前科27犯ぐらい」と言い、「劇中、何度パトカーに乗せられたかわからない」という風間は、なんと、朝ドラでもパトカーに乗っている。8時スタートになってからの朝ドラの中でも異質な『純と愛』にあって、もっとも異質だったのがまた風間の役だったのである。 その『純と愛』がオンエア中だった年末のこと、当時、TOKIOの国分太一がMCを務めていた『ザ少年倶楽部プレミアム』(BSプレミアム)に、『あさイチ』のMCでもあるV6の井ノ原快彦や坂本昌行、TOKIOの城島茂、松岡昌宏らが集合。「その年のジャニーズのMVPは誰か」というテーマトークになった。 そのとき、全員が「異論ナシ」として挙げた名前が「風間俊介」。朝ドラでの演技を見て「涙が出た」と言ったり、「イベントのMCだけに呼ばれてたよね」「頑張りがやっと認められた」と過去を振り返ったり…。先輩たちはみな風間のことをどこかで心配しつつ、やっと全国区になった彼のことを心から喜んでくれていたのだ。グループに属しておらず、日ごろ、先輩との共演がほとんどない風間にとって、これは嬉しい瞬間だったと思う。 グループといえば、嵐の5人ともジャニーズJr.時代、ほぼ同期であり、二宮和也と生年月日が同じだったり、相葉雅紀とは休日、二人で出かけたりもする風間。『VS嵐』(フジテレビ系)にゲスト出演したときなど、気心の知れた嵐のメンバーと、“わちゃわちゃ”している様子は、双方のファンのツボでもある。 が、やはり基本は孤高の人。誰も助けてくれないから自ら積極的にネットワーキングに励むし、思うようにカンパニーに溶け込めなかったり、演技において壁にぶつかってしまっていたりする後輩キャストを見つけると、声をかけ、救い上げるのも風間の特徴だ。 だから、特に若手女優が風間と共演すると、いっきに輝く。松岡茉優、岡本玲、そして彼女たちより年上だが『ドラゴンクエスト〜』のヒロイン、中川翔子もまた、風間と共に芝居を作りあげた結果、急成長した女優たちである。 でも、いまだに群衆の中に紛れ込むのを得意技とし、メジャーよりはマイナー志向。円の中心に居るよりは円の外から見ているほうを好むタイプで、そこがまた風間俊介の魅力と言えよう。「ジャニーズの異端児」は、もっとも忙しい2016年、リオパラリンピックでパラリンピアンに寄り添い、手をさしのべ、彼らを円の中心に押し上げている。風間俊介のコメントは、間違いなく、リオパラリンピックの「見どころ」の一つとなっている。
2016.09.11 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン