芸能

《49歳で当たり役》俳優・岡部たかし 昨年話題になった「迫真のパワハラ演技」の裏側を語る

(撮影/横田紋子)

昨年放送の『あなたのブツが、ここに』と『エルピス』で当たり役を掴んだ(撮影/横田紋子)

 現在放送中のドラマ『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系列、水曜夜10時〜)に出演中の俳優・岡部たかし(50)。ドラマは架空の「西さいたま市」が舞台の物語で、同市の『児玉交響楽団』を再生させるために呼ばれた指揮者で市長の息子の常葉朝陽(田中圭)や、元天才ヴァイオリニストの谷岡初音(門脇麦)をはじめとする団員らの奮闘を、岡部演じる小野田隼がオケの事務局長として支えている。

 昨年のドラマ出演は9本とバイプレーヤーとしての存在感を放つ岡部さんだが、49歳で出演した『あなたのブツが、ここに』(NHK総合)と『エルピス』(カンテレ、フジテレビ系列)で当たり役に出会うまでの約25年間、ずっと日の目を見ることなく、苦労を重ねてきたと言う。

 30代以降、地元の仲間たちとの間にできた距離感の一方で、演じることの面白さを追求する日々。長い下積み生活で、彼はいったい何を掴んだのだろうか? 本人に話を聞き、俳優・岡部たかし像を紐解いていく。【全3回の第2回。第1回から読む】

(c)NTV

門脇麦主演『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系、水曜夜10時〜)では楽団の事務局長・小野田役を担当(c)NTV

30代後半で「あきらめた」こと

──役者として売れないまま、でも約20年間も続けてこられたことがすごいと思うんです。自分は変わっていなくても、周囲は変わるじゃないですか。

岡部:地元の和歌山にね、今でも交流のある友人がいるんですよ。でも今から15年くらい前は友人たちには会えなかった。工業高校出身の友人が多いですから35歳にもなると、経営者になって、家庭があって。幸せそうだなって。

 たまに一緒にご飯を食べに行くと「いいな、おまえは夢を追っていて」って言われていたんです。でもなんも言えない。当時、東京で舞台には多く出演して、面白いことをしていたつもりですけど、テレビにはチョイ役でしか出ていない。説得力がなかったんですよね。だから地元に帰省したときもコンビニで友人を見かけると……気付かれないようにそっと隠れていたこともありました。

──ただやはり2022年は岡部さんの機運が巡ってきたのではないでしょうか? いずれも話題作の『あなたのブツが、ここに』(NHK総合)と『エルピス』(関西テレビ、フジテレビ系列)に出演し、キーになる人物を演じられた。

岡部:僕ね、30代後半で「役者でごはんを食べて行こう」という気持ちをあきらめたんです。このままバイトを続けながら、好きなように面白いことができていたら、それで自分の生涯を終えたらええんかなあと。「もっと上にいかなあかん」「いい家に住まなあかん」とかいう上昇志向がまったくなくなったんです。そしたら『あなブツ』と『エルピス』という面白い作品に出会えた。いい意味であきらめることも大事なんかなって思います。

 でもそれまでとやっていることは全然変わらなかったんですよね。ずっと「面白くなりたい」という気持ちだけは切れずにここまできていますし。運が良かったのかなあ……。

(c)NTV

放送中の『リバーサルオーケストラ』での役柄は“オケの成長を見守る事務局長”(c)NTV

──運も実力だと思いますが?

岡部:『あなブツ』は台本を読んだときに「面白いなあ」って思ったんですよ。オール関西弁で演じやすそうと思ったし。

──演じられた、キャバ嬢だったヒロインを助ける葛西信夫役。運輸会社の社長なのに奥さんにも、事務員さんにも逆らえなくて、ついにはコロナ感染するという……

岡部:実際に演じてみたらやりすかったですし、現場の雰囲気も良かったです。でも始まる前は、まさか作品がギャラクシー賞をいただけるほどの高評価を得るとは思っていなかったです。僕以外のキャストさんもそうだったんじゃないかなあ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

創価学会の「自民党離れ」は今年4月の衆院島根1区補選でも
【自公連立終焉へ】公明党の支持母体・創価学会の「自民党離れ」が進む 岸田首相の「解散やるやる詐欺」に翻弄され“選挙協力”は風前の灯火
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト