国内

犠牲者5万人超のトルコ地震と日本の類似性 複数のプレートを有し大地震が起こりやすい

地震発生から3日後に、トルコ南部のパタイでがれきに埋もれているところを発見された。首以外の部分が全て埋まっており、がれきをかき分け救助された(写真/アフロ)

5万人を超える死者が確認されたトルコ大地震(写真/アフロ)

 白煙を上げ、轟音とともに崩れ落ちる建物と、放り出された人々。トルコの大地震は世界中に衝撃を与えた。だが知ってのとおり、わが国も地震大国。同じ規模か、それ以上の大地震がいつ起こるとも限らない。もっとも起きる確率が高いのは「首都直下地震」──そのとき、東京に“安全な場所”はあるのだろうか。【全4回の第1回】

 連日テレビに映し出されるがれきの山。2月6日、トルコ南部・シリア国境付近で発生した大地震はM(マグニチュード)7.8と、東日本大震災以降、世界でも最悪の地震災害となった。両国合わせての死者数はすでに5万人を超え、崩壊した建物はトルコ国内だけで68万棟以上と報じる現地メディアもある。支援が滞るシリア北西部の反体制派支配地域ではいまだ行方不明者が多く、犠牲者はさらに増えるとみられている。

 実はトルコも日本と同じ「地震大国」。特にトルコ南部、震源地周辺は日本と同じく複数のプレートがぶつかり合う地域で、M7以上に限っても過去100年間に14回の地震が発生している。1939年、東部エルジンジャン県でM7.8の地震が発生した際は3万人以上が死亡した。1999年に北西部コジャエリ県でM7.6の地震が起きたときにも1万7000人あまりが亡くなった。東京工業大学教授の山中浩明さん(地震工学が専門)が解説する。

「トルコは2枚のプレートが横方向にずれて、それが戻るときに地震が起きる『横ずれタイプのプレート境界地震』が多く、今回の地震もそれに当たります。今回はアラビアプレートとアナトリアプレートの境界にある『東アナトリア断層』でのずれが震源となりました」

 日本もトルコと同じく複数のプレートを有しており、大きな地震が起こりやすい点が似ているという。日本のプレート境界地震は横ずれだけではなく、あるプレートが別のプレートの下に沈み込んで、限界がくると元に戻ろうと跳ね返るタイプの地震も起きる。東日本大震災は典型的なプレート境界地震によるものだ。一方、阪神・淡路大震災を起こした兵庫県南部地震や熊本地震は、活断層による地層の横ずれが原因の地震だ。

「プレート同士がその境界でグイグイ押し合うことで、地殻(地球の浅い部分)の内側に『活断層』と呼ばれる小さな亀裂が多数できる。阪神・淡路大震災や熊本地震はその活断層によって起きた地震です。中でも熊本地震は地層が横に2mもずれており、今回のトルコ地震とも似たタイプの地震だと言えます」(山中さん・以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン