ライフ

【逆説の日本史】藩閥内閣成立に手を貸した「政友会の裏切り」の真相

作家の井沢元彦氏による『逆説の日本史』(イメージ)

作家の井沢元彦氏による『逆説の日本史』(イメージ)

 ウソと誤解に満ちた「通説」を正す、作家の井沢元彦氏による週刊ポスト連載『逆説の日本史』。近現代編第十一話「大日本帝国の確立VI」、「国際連盟への道4 その2」をお届けする(第1372回)。

 * * *
 政治というのは「妥協の産物」でもある。自分の理想を100パーセント実現するのが困難な場合は、相手と妥協しても理想が少しでも実現できるように政治家は努力すべきであって、この点は外交交渉も同じだ。この時点で西園寺公望が山本権兵衛を首相に推薦し、山本内閣を成立させたうえで自分が総裁を務める政友会から複数の党員が山本内閣に入閣するのを許したのも、根底にそういう考えがあったからだと私は考える。

 その状況を不満として政友会を脱党した尾崎行雄、激怒した国民党の犬養毅も、その怒りは当然だ。政友会も国民党も「藩閥打倒」をスローガンに国民の支持を集めたのだから、彼らから見れば西園寺の動きは「裏切り」としか見えなかったのだろう。結局、政党内閣では無い藩閥の山本内閣を成立させ、その内閣に多数政友党員が入閣したのに総裁西園寺はなんのペナルティも与えなかった。

「総裁、彼らを除名すべきではないか! 除名しないなら、われわれのほうが党を脱する」というのが尾崎ら脱党組の思いであったろう。結局、尾崎ら二十数名の脱党組は政友倶楽部という新しい政党を結成する。じつは、桂太郎も総理在職中に国民党に対して政治工作を行ない党を分裂させて「桂新党」を作ろうとしていたが、果たせず辞任した。皮肉なことに、桂の死後二か月たって新党は成立した。立憲同志会といい、加藤高明が総裁に就任した。加藤も今後日本を動かすキーマンの一人となるので、紹介しておこう。

〈加藤高明 かとう―たかあき 1860―1926
明治―大正時代の外交官、政治家。
安政7年1月3日生まれ。岩崎弥太郎の娘婿。三菱本社勤務から官界をへて政界に転じ、明治33年第4次伊藤内閣外相となる。大正4年第2次大隈(おおくま)内閣外相として、中国に対華二十一ヵ条要求を受諾させた。5年憲政会総裁。13年護憲三派内閣を組織し、普通選挙法・治安維持法を制定。翌年単独内閣を組織。大正15年1月28日死去。67歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。東京大学卒。旧姓は服部。〉
(『日本人名大辞典』講談社刊)

 話を戻そう。西園寺にとっての政治家としての理想は、政党政治の確立であったはずである。にもかかわらず、大正政変での動きはまるで逆行しているように見える。いったいどういうことか? もちろん、前回紹介した「大正天皇の御命令」という「厄介なもの」もあったのだが、最終的に西園寺が尾崎行雄や犬養毅では無く山本権兵衛を首相にすべきだと考えたのは、長年の政治家としての経験からこの時期は山本に任せる以外に無いと考えたからではないだろうか。

 これまで、たとえば孫文の辛亥革命についてはその発端から成就まで述べてきた。あるいは大逆事件についても乃木大将の殉死についても、そういう形で紹介してきた。しかし、実際に歴史上の出来事というものはすべて同時並行で起こる。当時の人間の気持ちになるならば、この「同時並行」を理解していなければならない。前にもそうした形の「年表」は示したことはあるが、今度はまったく別の角度から「年表」を示そう。別の角度とは狭く言えば日中関係であり、広く言えば国際情勢である。それは別掲の表のようなものだ。

歴史上の出来事は「同時並行」で起こる

歴史上の出来事は「同時並行」で起こる

 このように並べてみれば一目瞭然で、大正政変で桂内閣が崩壊したころ、日本は今後の日中関係をどうすべきか、具体的に言えば袁世凱の仕切る中華民国を正式に承認するか否かという大問題を抱えていたのである。日中問題は結局、それが満洲問題となって大日本帝国を滅亡に導くことになる。もちろん西園寺はそこまでの危惧は抱いていなかっただろうが、この時期に国を任せられるのは相当な政治力があり一国を背負う力量のある人間でなければならない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン