芸能

話題ドラマ『今夜すきやきだよ』本間Pインタビュー「理解できなくても認めざるを得ないことがある世界で」

(c)谷口菜津子・新潮社/「今夜すきやきだよ」製作委員会

あいこ(蓮佛美沙子)と、ともこ(トリンドル玲奈)の共同生活を描く。第10話より (c)谷口菜津子・新潮社/「今夜すきやきだよ」製作委員会

 内装デザイナーで高収入でも家事が苦手、恋愛体質の太田あいこ(蓮佛美沙子)。スランプ気味の絵本作家でアロマンティック(他者に恋愛感情を抱かないセクシュアリティ)を自認する浅野ともこ(トリンドル玲奈)。このふたりが共同生活を送り、それぞれの生き方を見つけていく『今夜すきやきだよ』(テレビ東京ほか、毎週金曜深夜)が好評放送中だ。同作について担当プロデューサーに話を聞いた。(取材・文/小林久乃)

 とにかくこのドラマには、現代社会を映した魅力的なコンテンツが詰まっている。女性のふたり暮らし以外にも、ともこが作る深夜ドラマには危険な飯テロシーンがあったり、働く女性が「仕事が思うように進まない」と悩んだり……。年がら年中テレビを観ているオタクから言わせると、この手のドラマは物語が散漫になってしまうパターンが多い。が、『すきやき』にそのパターンは当てはまらないようだ。独特な世界観が漂う同作には、一体どんなコンセプトが眠るのか。若き担当プロデューサーの本間かなみさん(32)にインタビューした。

テレビ東京・本間かなみプロデューサー

『今夜すきやきだよ』を担当するテレビ東京・本間かなみプロデューサー

キーワードは「共生」

 本間Pはこれまでに『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(2020年、以下『チェリまほ』)、『うきわ ─友達以上、不倫未満─』(2021年)など、女性人気の高い作品を次々に制作してきた。今回の『すきやき』にも通じるのは、それらが漫画原作であること。実は本間P、漫画が大好きだそう。

「最初に谷口菜津子さんの『今夜すきやきだよ』を読んだ時も、ただのイチ読者でした。読み終わった後に、すごくエンパワーメントをされて……そう、シンプルに元気が出たんです。あいこちゃんと、ともこちゃんに会いたくなりました。その後、ちょうど社内の企画募集がかかったので『これだ!』と思って企画書を書きました」(本間P、以下同)

 物語を彩る要素がとても多い『すきやき』だが、プロデューサーとして考える本作の大テーマとは何だろうか?

「それは“共生”です。あいことともこはまるで正反対のタイプ(性格)でも、良きパートナー関係を築いている。あいことその恋人のゆきくん(鈴木仁)は恋愛関係があっても、100%理解しあうことはできない。原作で描かれているさまざまな“共生”の形があること、その“共生”がもつ希望をドラマでも描きたかったのです。

 この“共生”という言葉を作品のテーマとして意識したのは、韓国の映画配給会社スタッフの言葉がきっかけです。映画『チェリまほ』の仕事で韓国へ行った時、彼らといろんな話をしたんですが、その中で『よく理解を進めようって言葉を聞くけど、大事なのは理解できない人たちの理解を待つことじゃない。この世界には、理解できなくても認めざるを得ないことがあるんだから』と言っていたことが、ずっと残っていました。

 それまでは『人と人はきっと分かり合える。私はそうでありたい』と、思っていました。でも同時に、その難しさも感じていて……。理解し合えなかった時の、その先が見えなかったんです。だけど前出のスタッフの言葉(=意見)を聞いて変わりました。理解ができなくても認めること、それがあらゆる他者と生きていく中で、大切なことなんじゃないかと思ったんです」

(c)谷口菜津子・新潮社/「今夜すきやきだよ」製作委員会

「共生がもつ希望をドラマでも描きたかった」と本間P。第10話より (c)谷口菜津子・新潮社/「今夜すきやきだよ」製作委員会

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン