スポーツ

侍ジャパン山川穂高、決戦直前の「生牡蠣ランチ」が波紋 「万が一があったらどうする」と怒りの声も

残り2試合、山川の力が必要な時がくるはず(時事通信フォト)

残り2試合、山川の力が必要な時がくるはず(時事通信フォト)

 3月21日(以下日付は日本時間)の準決勝メキシコ戦が迫る侍ジャパン。3月17日の米国到着後、選手たちは時差ボケ解消を含め、軽めの練習で調整中だ。一方で決戦を前に選手たちは自由時間を思い思いに過ごしている。現地で取材するテレビ局記者が語る。

「3月20日、ダルビッシュ有が選手一同を引き連れて決起集会を開きました。ダルビッシュは宮崎合宿でも調子が上がらない宇田川優希を励ますために投手集会を企画し、復調させてからというもの、メジャー組が参加したときなど折々で集まりを開催。今回が4回目の集会でさすがのキャプテンシーです。普段は外食なんて滅多にしない大谷翔平も山本由伸、ヌートバー、村上宗隆、宮城大弥とご飯に行って、準々決勝の米国対ベネズエラ戦を観戦しました。山本が大谷に“連れて行ってくれ”とお願いしたようですが、大谷も別れが名残り惜しいのでしょう。佐々木朗希も岡本和真らと準々決勝のメキシコ対プエルトルコ戦をスタンドで観戦するなど残り少ない時間を過ごしています」

 チーム内で一番、米国を満喫しているともっぱらなのが代打の切り札としての活躍が期待されている山川穂高だ。

「休養日に大城卓三、中野拓夢、牧原大成を連れて、マイアミの高級宝石店に買い物に行っていました。山川は英語が苦手だと明かしていますが、持ち前のキャラクターで店員とも打ち解け、写真撮影にも喜んで応じていた。ダルビッシュの決起集会前には牧秀悟を連れて、観光客が多数訪れる有名なシーフード料理店にランチにいき、生牡蠣や海老などを食べ楽しんだようです」(同前)

 山川も牧との会食を自身のインスタグラムで公開している。驚いた顔でスマホを食事に向ける牧に対し、「ですたーーーーーしゃ」と、DeNA選手がホームランを打った後のパフォーマンス「デスターシャ」を指したと思われるコメントを残している。

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン