ライフ

藤井聡太が6冠制覇も“年内8冠”はあるのか 最大の敵は「ハードスケジュール」

“年内8冠”への期待も(時事通信フォト)

“年内8冠”への期待も?(時事通信フォト)

 3月19日の棋王戦第4局では、挑戦者の藤井聡太竜王(20)が渡辺明棋王(38)に勝利し、3勝1敗で棋王のタイトルを奪取。史上最年少6冠という快挙を達成した。3月12日には羽生善治九段(52)の挑戦を退けて王将位を防衛したばかり。その前週には順位戦A級の挑戦者決定プレーオフで広瀬章人八段(36)に勝利して、渡辺名人への挑戦権を手にするなど、破竹の勢いだ。

 早くも史上初となる全タイトル制覇の8冠独占の“年内実現”を期待する声も高まっている(1996年に羽生九段が全タイトル制覇した時は「7冠」だった)。年内の8冠独占には、4月からの名人戦を制し、保持するタイトルを防衛したうえで10月からの王座戦でタイトル奪取を果たす必要があるが、今の強さを見れば期待感が高まるのも無理はない。

 将棋ライターの松本博文氏はこう解説する。

「棋王戦も制した藤井竜王は、これまでタイトル戦番勝負に13回登場してそのすべてを制しています。常識外れの強さで、名人戦にも勝利して最年少名人、最年少7冠を達成する可能性はかなり高いのではないか。実力的には、8冠を独占してもおかしくありません。年内8冠への最大の敵はハードスケジュールでしょう。タイトルを複数保持するような超一流棋士は対局が過密日程になる。藤井竜王がそこをどう乗り越えていくかが楽しみです」

トーナメント方式という壁

 一方で、最後に残る可能性のある王座のタイトルについては、挑戦権を得るまでの困難もある。藤井竜王はトーナメント方式で挑戦者を決める王座戦においては、初参加の2018年にベスト4まで進んだのが最高成績で、タイトル保持者となって予選免除で決定トーナメントから参加した2021年と2022年は1回戦で敗退している。業界関係者はこう話す。

「複数回の対局で結果が出る番勝負やリーグ戦で藤井竜王を上回るのは至難の業ですが、トーナメントは一発勝負。王座への挑戦権を得るには1回戦、2回戦、準決勝、決勝と4連勝が必要になります。今年度の藤井竜王の勝率は8割超で、相手もトップ棋士というなかでは驚異的な水準ですが、勝率8割でも2連勝の確率は64%、4連勝となれば約40%になる。挑戦権を得られる確率は5割を切るという計算です。

 先日決着した棋王戦もトーナメント方式で挑戦権を決めますが、敗者復活がある。藤井竜王も今回の棋王戦では準決勝で敗れた後に敗者復活から勝ち上がって挑戦権を得ている。複数回のチャンスがあれば、藤井竜王がトップに立つ可能性が高いということでしょう。一方、1回負けたら終わりのトーナメントだと、流石の藤井竜王でも勝ち上がるのは大変です」

 挑戦権を得たとしても待ち構えるのは現在王座戦4連覇中で次回は名誉王座の資格獲得が懸かる永瀬拓矢王座(30)だが、タイトル戦自体は藤井竜王が無類の強さを誇る番勝負になる。別の観戦記者もこう言う。

「やはり、8冠に向けての高い壁は挑戦権を得るまでの王座戦のトーナメントでしょうね。将棋は先手と後手では後手のほうが少しだけ不利になる。番勝負なら先後は交互になりますが、トーナメントだと毎回振り駒で決めるので強い相手に後手ばかり続く可能性もあるわけです」

 もちろん、数々の難局を乗り越えてここまで実績を積み重ねてきたのは並大抵のことではない。「“8冠は確実”といった声もあるなかで、そこまで甘くはないだろうという話。保持するタイトルの防衛は盤石に近いだろうから、8冠挑戦のチャンスは何度もあるかもしれない。王座戦の挑戦権さえ獲得すれば、タイトル独占の可能性はグッと上がるのではないか」(前出・業界関係者)との見方もある。藤井竜王の対局から、目が離せない日々がまだまだ続きそうだ。

※週刊ポスト2023年3月31日号

銀色の杯を抱える(写真/JMPA)

銀色の杯を抱える棋聖獲得時(写真/JMPA)

破竹の勢い(写真は2021年)

破竹の勢い(写真は2021年)

現在19歳(写真/JMPA)

現在20歳(写真/JMPA)

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン