芸能

小雪が実践する「サンゴの粉で洗濯」 環境保全のためのはずが逆効果になってしまうことも

サンゴの粉で

サンゴの粉で洗濯をする小雪だが…

「サンゴの粉っていまだに使われています?」。3月22日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、森三中の大島美幸(43才)が松山ケンイチ(38才)に質問した。かつて妻の小雪(46才)と共演した際の、「洗濯物をサンゴの粉で洗っている」という彼女の発言が印象に残っていたのだという。

 松山は笑いながら“ドヤ顔”で答えた。

「粉はいっぱいあるんですよ。ぼく以外の洗濯物は洗剤を使っていないらしいです」

 松山は、2011年に小雪と結婚。2019年春からは、北日本の雪深い地域に一戸建てを建て、1年の半分は「村」、もう半分は「東京」という二拠点生活を家族で送ってきた。

「松山さんは“半々”の生活を送っているようですが、最近は、小雪さんと子供たちは『村』にいる期間が長いようです」(芸能関係者)

 ふたりが実践しているのが、徹底した自然派生活だ。農薬や化学肥料を使わない自然栽培で野菜を育て、鶏を飼うなど、ほぼ自給自足の生活だという。

「特に小雪さんは、環境に配慮する気持ちを強くもって生活をしており、そのこだわりは、時に謎めいていることもあるようです。サンゴの粉末での洗濯も、こだわりの一環なのでしょう」(前出・芸能関係者)

 実際に、サンゴの粉末は洗剤として商品化もされているようだ。化合物や環境問題に詳しいジャーナリストの郡司和夫さんは、「サンゴの粉末のもつ吸着力で汚れを吸い取ることができ、そのうえ、水を汚すことなく洗濯ができるということのようですね」と解説する。

 サンゴの粉末は、人工的に作られた合成洗剤より環境によさそうな印象だが、果たして効果はどうなのか。

「サンゴの粉末は、石灰化したサンゴを粉砕し、光熱で焼き、水を加えて作られたものと思われます。これは、消石灰と呼ばれる物質で、消毒効果のある水酸化カルシウムで構成されます。強いアルカリ性なので、油汚れを落とすことも期待できますが、合成洗剤よりも洗浄力は劣ると思います」(郡司さん・以下同)

 また、小雪にとっては“誤算”といえるデメリットもあるという。かつて小雪は、排水することで環境に悪影響があることを懸念し「洗濯などに使う水を何回も使いまわしている」という主旨の発言をしていたが──。

「水酸化カルシウムの粉末は水に溶けにくいため、洗濯の際には何回もすすぎをする必要がある。当然、大量の水を使うことになるでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《別居生活3年》田中美佐子“格差婚”から28年、湘南の自宅から姿を消して…Take2深沢邦之に起きていた「異変」
NEWSポストセブン
結婚宣言した玉村昇悟ときらら(時事通信、きらら本人のインスタグラムより)
【「はい、そうです」堂々結婚宣言】広島カープの若手ホープ・玉村昇悟投手が人気TikTokerと“極秘おめでた婚”していた
週刊ポスト
“厳重注意”に終わった広末
《W不倫報道》広末涼子、本人は反論の意向も事務所が“厳重注意”に至った理由「出会って3か月」の衝撃
NEWSポストセブン
市川猿之助の俳優は
【俺は特別な存在だ】市川猿之助、顕著になっていった公私混同 人気俳優との共演計画は頓挫
女性セブン
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
女性セブン
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
女性セブン
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
女性セブン
伊藤容疑者(本人のTwitterより)
【留置場の28歳パパ活女子に面会取材】「乱倫パーティの参加者は大事な仲間だった」 被告が明かした「49歳男性を刺すまでの“東京での1年間”」
NEWSポストセブン
女優の広末涼子(左/時事通信フォト)とアーティストのキャンドル・ジュン氏(右/インスタグラムより)
「あなたは家事の全貌を知らない」広末涼子がW不倫報道の直前にもらしていた夫キャンドル・ジュン氏への不満
NEWSポストセブン
W不倫が封じられた女優・広末涼子(左/時事通信フォト)と人気シェフ・鳥羽周作氏(右/Twitterより)
【W不倫報道】広末涼子のお相手の素性 フレンチの革命児で「ハレンチシェフネットワーク」を結成、4年連続一つ星の“シズる男”
NEWSポストセブン
射殺された組長は司組長の出身母体の傘下組織だ(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【心臓マッサージの場面も】六代目山口組ラーメン店組長射殺 事件直後のヒットマン映像が出回る
NEWSポストセブン
始球式に登板した稲村は基本ノーバン(時事通信フォト)
《基本ノーバン》稲村亜美の球速が激減、2年間もマウンドから遠ざかる「始球式の女王」「神スイング」は今 
NEWSポストセブン