芸能

小雪が実践する「サンゴの粉で洗濯」 環境保全のためのはずが逆効果になってしまうことも

サンゴの粉で

サンゴの粉で洗濯をする小雪だが…

「サンゴの粉っていまだに使われています?」。3月22日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、森三中の大島美幸(43才)が松山ケンイチ(38才)に質問した。かつて妻の小雪(46才)と共演した際の、「洗濯物をサンゴの粉で洗っている」という彼女の発言が印象に残っていたのだという。

 松山は笑いながら“ドヤ顔”で答えた。

「粉はいっぱいあるんですよ。ぼく以外の洗濯物は洗剤を使っていないらしいです」

 松山は、2011年に小雪と結婚。2019年春からは、北日本の雪深い地域に一戸建てを建て、1年の半分は「村」、もう半分は「東京」という二拠点生活を家族で送ってきた。

「松山さんは“半々”の生活を送っているようですが、最近は、小雪さんと子供たちは『村』にいる期間が長いようです」(芸能関係者)

 ふたりが実践しているのが、徹底した自然派生活だ。農薬や化学肥料を使わない自然栽培で野菜を育て、鶏を飼うなど、ほぼ自給自足の生活だという。

「特に小雪さんは、環境に配慮する気持ちを強くもって生活をしており、そのこだわりは、時に謎めいていることもあるようです。サンゴの粉末での洗濯も、こだわりの一環なのでしょう」(前出・芸能関係者)

 実際に、サンゴの粉末は洗剤として商品化もされているようだ。化合物や環境問題に詳しいジャーナリストの郡司和夫さんは、「サンゴの粉末のもつ吸着力で汚れを吸い取ることができ、そのうえ、水を汚すことなく洗濯ができるということのようですね」と解説する。

 サンゴの粉末は、人工的に作られた合成洗剤より環境によさそうな印象だが、果たして効果はどうなのか。

「サンゴの粉末は、石灰化したサンゴを粉砕し、光熱で焼き、水を加えて作られたものと思われます。これは、消石灰と呼ばれる物質で、消毒効果のある水酸化カルシウムで構成されます。強いアルカリ性なので、油汚れを落とすことも期待できますが、合成洗剤よりも洗浄力は劣ると思います」(郡司さん・以下同)

 また、小雪にとっては“誤算”といえるデメリットもあるという。かつて小雪は、排水することで環境に悪影響があることを懸念し「洗濯などに使う水を何回も使いまわしている」という主旨の発言をしていたが──。

「水酸化カルシウムの粉末は水に溶けにくいため、洗濯の際には何回もすすぎをする必要がある。当然、大量の水を使うことになるでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
綾瀬はるかとの熱愛が発覚したジェシー
《綾瀬はるかと真剣交際》SixTONESジェシー「プライベートはお任せください!」「ズドン」異例コメントに見えた「ファンへの思い」と「ユーモアたっぷりの誠実さ」
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン