芸能

タモリ、たけし、さんま、中島みゆき…ニッポン放送元社長・亀渕昭信氏が語る『オールナイトニッポン』秘話

たけし、さんま、タモリの裏話も(写真/時事通信フォト、共同通信社)

たけし、さんま、タモリの裏話も(写真/時事通信フォト、共同通信社)

 ニッポン放送の看板番組『オールナイトニッポン』が放送開始から55周年を迎えた。初期の人気パーソナリティ、そしてニッポン放送社長も務めた亀渕昭信氏(81)は、『オールナイトニッポン』について何を語るのか? 新刊『秘伝オールナイトニッポン 奇跡のオンエアはなぜ生まれたか』を上梓する亀渕氏が、長寿番組の裏話を語り尽くす。ここでは「お笑いBIG3」や中島みゆきなど、人気パーソナリティについて話を聞いた。【全3回の第2回。第1回から読む

中島みゆきは「天才」

──パーソナリティからディレクターに戻ってからはタレント起用路線に変わりましたね。

 ずっと同じことをしてもダメで、いつも新しい風を吹かせようというのが社風でしたから。ディレクターに戻った時は自分たちが面白いと思う人をどんどん起用していこうと思いました。

 1974年に始まった土曜の(笑福亭)鶴光さんは下ネタで人気になりました。鶴光さんによると、僕が「放送には色気が必要」と言ったそうなんです。そしたら鶴光さん、あんなに素敵な「下ネタ」をたくさん喋ってくれて。色気=Hな話題と考えちゃったのかもしれない。鶴と亀、相性が良いんでしょうかね(笑)。

 月曜の放送で大人気だった中島みゆきさんは、生まれながらのラジオの天才です。僕は他局の放送をたまたま聴いて、「この人は凄い」と感じてお願いしたんです。

 深夜放送は「マイクの穴からリスナーの耳へ届けるもの」という教えがあるんですが、その届ける力がみゆきさんはハンパない。例えば、ハガキや手紙を読む際には必ず紙が擦れる音を立てる。そうするとリスナーが「今、読んでる」と感じるでしょ? 放送最後のハガキ紹介からエンディングの曲までの流れも素晴らしい。おかげさまでみゆきさん担当のディレクターはみんな一流のラジオディレクターに成長しました。

──タモリさんもテレビよりオールナイトでブレイクした印象があります。

 福岡県から上京して赤塚不二夫さんの家に居候していたタモリさんにアプローチしたのは、同じ早稲田大学で知己だった岡崎(近衞)正通さんです。オーディションで音を録ったけどブラックジョークがキツすぎて最初は見送ったそうです。タモリのニッポン放送デビューは、アグネス・チャンの放送に“でたらめ中国語”でいきなり飛び入りしたんですって。

 それが、オールナイトが始まって一気に人気者になりました。NHKのニュースを継ぎ接ぎしてフェイクを放送したり、得意の大橋巨泉さんの声色で放送してリスナーを騙したり、アナーキーな放送を展開してましたよ。

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン