スポーツ

村上宗隆、原英莉花との交際否定宣言の裏に「ダルビッシュのアドバイス」、原には「別の本命」の存在も

村上とおそろいのブランドのネックレスを試合中も身につける原(右。時事通信フォト)

村上とおそろいのブランドのネックレスを試合中も身につける原(右。時事通信フォト)

 村上宗隆選手(23才)と原英莉花選手(24才)という、プロ野球とゴルフのトップアスリート同士に持ち上がった熱愛報道。しかし、SNSで関係を匂わせる女性には本命視される彼氏の存在が……。ロマンスの裏側に迫る──。

「最初に思ったのは、『あの男性とは別れたのか?』ということでした。原さんの交際相手は彼女を支えるスタッフのひとりだといわれていましたから。ただ、振り返ると去年の夏頃は、何かと理由をつけて東京滞在の時間を引き延ばそうとするなど、不自然な行動が目に付きました。もしかしたら、“彼”に会っていたのかもしれません」(ゴルフジャーナリスト)

 原とはゴルフの原英莉花プロ、“彼”とはプロ野球・東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手だ。将来を期待される若手アスリートの交際が報じられたのは、4月11日のことだった。

「村上選手は日本プロ野球界の若きスター。昨シーズンは王貞治さんの本塁打記録を塗り替え、史上最年少で三冠王に輝きました。昨年末にはNHK紅白歌合戦の審査員も務めています。3月のWBCでは侍ジャパンの4番に座り、不調に苦しみながらも準決勝では試合をひっくり返すサヨナラ打を、決勝でもホームランを放って優勝に貢献しました。圧倒的な実力を見せつけた大谷翔平選手(28才)へのライバル心を隠さず、メジャーへの憧れについてもたびたび語っています」(スポーツ紙記者)

 一方の原も、その実力が高く評価されている。

「『女性は弟子にしない』と公言していたジャンボ尾崎氏(76才)が、彼女のスイングを見て弟子に迎え入れたほどのポテンシャルの持ち主です。全英女子オープンを制したこともある渋野日向子選手(24才)のライバルと言えば実力の程がわかるでしょう。おしゃれも好きなようで、ラウンドの際には173cm、8頭身というモデル体形で着こなすウエアも注目を集めています」(前出・ゴルフジャーナリスト)

 2人の関係については原の方がゾッコンで、夢中になっていたとの証言もある。実際、原のSNSではさまざまな“匂わせ”が見て取れる。

「原さんは、村上選手の名前こそ出しませんでしたが、村上選手がホームランを打った日に《えりかもがんばろ》《自分が強くなった気分》などとつぶやき、村上選手に似ているとされるキャラクターの絵文字を使ったり、ヒールを履いたら村上選手と同じ“188cm”あったとはしゃいだりしていました。こうした“匂わせ”から、報道の信憑性が増した部分は否めません」(前出・ゴルフジャーナリスト)

 目下、女性ファンが急増中の球界の主砲は、派手さと堅実さを兼ね備えている。

「今年の年俸は推定6億円で、愛車はヤクルトカラーの2000万円以上するベンツ。腕時計は4000万円ともいわれる『オーデマ ピゲ』。服装にも気を使っていて、セリーヌのスタジャンを着こなす球界の“おしゃれ番長”です。一方で地元・熊本ではマンションを2棟所有するなど、地に足のついたところもあります」(前出・スポーツ紙記者)

 球団内では、日本代表でも一緒だったヤクルトの顔・山田哲人選手(30才)にかわいがられている。

「すでにチームリーダーの風格をたたえる村上選手ですが、山田選手のことを慕っています。東京五輪の決勝後に村上選手が山田選手をお姫様抱っこし、今回のWBCでは肩車をしていたことも話題になりました」(前出・スポーツ紙記者)

 ただ、そんな村上が入団以来、チーム内で最も慕っていたのは、数年前に引退したXという先輩野手だったという。

「X氏はかつて山田選手の夜遊びの指南役でした。試合後、2人が六本木の交差点付近で女の子たちと立ち話しているところを報じられたこともあります。X氏の兄は赤坂で飲食店を経営しており、九州から上京してきた村上選手もX氏を通じて遊び方を学び、人脈を広げていったのです」(球界関係者)

 原と出会ったのも、そうした人脈上にある六本木のカラオケバーでのことだった。芸能人や業界のVIPクラスも多く通うこの店で2人は昨年夏頃に知り合い、10月にもデートをしていたとされる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン