芸能

市川猿之助、“遺書”をあてた俳優への“絶対的な信頼” 事件の数日後に明治座の楽屋に姿を見せる

猿之助が

猿之助が“遺書”のような書き置きをあてた俳優への信頼とは

 物語のクライマックスは、自刃した平家の武将・平知盛が転生し、空へと羽ばたいていくシーン──白い衣装をまとった五代目市川團子(19才)は、演目の名そのままに、不死鳥のごとき姿だった。

 明治座(東京・中央区)で上演中(5月28日まで)の『市川猿之助奮闘歌舞伎公演』の昼の部「不死鳥よ 波濤を越えて ─平家物語異聞─」は、座頭である四代目市川猿之助(47才)の不在を、見事に團子が埋めてみせた。

「歌唱、立廻り、宙乗りと見せ場が多いことに加え、約2時間の演目中に衣装が10着ほど変わります。團子さんは、わずか1日しかなかった通し稽古でセリフと動きを頭に叩き込み、猿之助さんの代役を務め上げました。緞帳が下りると、満員の客席からはスタンディングオベーションが巻き起こり、すすり泣く声も漏れていました」(芸能関係者)

 香川照之(九代目市川中車、57才)の長男として2004年に誕生した團子は、2012年、父の中車襲名と時を同じくして、團子の名跡を受け継いだ。「團子」という名は明治時代、二代目猿之助が5才の頃、当時の市川團十郎に弟子入りした際にもらったものだという。当人は「“だんご”なんて嫌だ」と反発したという逸話も残る。以降、團子は「猿之助」→「猿翁」という、歌舞伎の名門・澤瀉屋の名跡を継ぐ役者の幼名とされてきた。

 それだけに、当代の猿之助の穴を團子が埋めるという運命めいたものに、歌舞伎ファンは一層の拍手を送ったのだ。團子の活躍は、父である香川の評価さえ引き立てるものだ。しかし、それをもっとも望んでいなかったのは、猿之助本人だったのかもしれない──。

 猿之助が東京・目黒区内の自宅から救急搬送されたのは、5月18日の朝だった。同居していた父・市川段四郎さん(享年76)と母親(享年75)が亡くなった。

 歌舞伎史上最大の悲劇はなぜ起きたのか──。

解決に時間がかかる「5つの謎」

 通報があったのは18日午前10時過ぎ。救急隊が駆けつけると、自宅の半地下にあるクローゼットで、猿之助が意識もうろうとした状態で倒れていた。2階のリビングでは段四郎さんと母親が並んで仰向けで倒れており、布団が掛けられていた。母親はその場で死亡が確認され、段四郎さんは搬送先の病院で亡くなった。猿之助は搬送の翌日に退院した。

「両親の司法解剖の結果、『向精神薬中毒』が死因とされました。猿之助さんは警察に対し、“家族で死んで生まれ変わろうと話し合った”“両親が薬をのんだ”といった趣旨の説明をしており、一家心中をほのめかしているようです。

 ただ、両親はすでに亡くなっているので、猿之助さんの話が事実かどうか、現場検証などの証拠と照らし合わせて、警察が慎重に捜査しています。この事案には『謎』が多いことから、解決に時間がかかるかもしれないという見方もあります」(全国紙社会部記者)

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン