スポーツ

大谷翔平が昨年までの10年で稼いだ年俸総額は20億円以下 「高卒後、投手で即メジャー」なら180億円稼いだか

大谷選手が

大谷がもし「高卒後、投手で即メジャー」なら180億円稼いだとも(写真=Icon Sportswire/aflo)

 イージーゴーイング──日本語で「おおらかな」という意味のその言葉は、ロサンゼルス・エンゼルスのチームメートが大谷翔平(28才)を形容するときに使うという。笑顔を絶やさず、常にチームメートを鼓舞し、世界最高峰の舞台で異次元の活躍を続ける大谷。今シーズンは「投」「打」でトップクラスの成績をマークしている。だが、そのおおらかさとは裏腹に、世界中の野球ファンが熱狂する「二刀流」の実現のため、大谷は誰も通ったことがない道なき道を進んでいく──。

 2012年10月のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに1位指名された大谷は、投手と打者の「二刀流」に挑んだ。当時は無謀な挑戦と揶揄する声もあったが、大谷は結果で雑音を黙らせた。2017年オフにエンゼルスに移籍するまでの5年間で、打者として48本の本塁打を放ち、投手として42勝をマーク。2015年には最多勝を獲得した。華々しい成績だが、違った見方をする専門家もいる。

「日本での実績が移籍にプラスに働いたのは事実ですが、18才で渡米していれば、彼はメジャーリーグでもっと早くスーパースターになっていたでしょう。現在、日米で合わせてプロ11年目ですが、年俸の総額が桁違いになっていた可能性があります」(米在住のメジャーリーグ担当記者)

 大谷は高校3年生のときに、卒業後は日本のプロ野球を経由せず、投手としてメジャーリーグに挑戦することを表明。しかし、日本ハムが提案した「二刀流」で心変わりし、同球団に入団した経緯がある。2013年の日本ハム入団1年目の年俸は1500万円だった。2017年には2億7000万円に到達し、在籍5年間で計6億1500万円を稼いだ。

 しかしエンゼルスに移籍後、年俸は大幅にダウン。当時の為替レートで新人王を獲得した2018年は6000万円ほどで、2019年と2020年は7000万円前後だった。メジャーリーガーの平均年俸の約5億7500万円(2022年)と比べると、低すぎると感じてしまう。

 これは“国外のリーグでプレーしていた25才未満およびプロ経験6年未満の選手は、最初の3年間は最低保証年俸から上がらない”という規定によるもの。4年目の2021年は約3億円で昨年は7億円ほどに上がったが、大谷が昨年までのプロ生活10年間で稼いだ年俸は、20億円に届かない。高校卒業後、すぐに投手一本でメジャー挑戦していた場合、どうなっていたのか。

「まずはマイナー契約からのスタートで、並の選手であればメジャー昇格までに何年もかかります。ですが、皆さんご存じの通り、彼はスーパーアスリート。日ハム時代には二刀流をやりながら、プロ2年目に投手で2桁勝利を挙げ、3年目には投手タイトルを総ナメにしました。

 もし高卒で渡米していたら投手に専念していたでしょうから、成長は早まったと思います。2年目にはメジャーに昇格し、チームのエース級になっていた可能性も否定できません。さらに、その年にもっとも活躍した投手に贈られる『サイ・ヤング賞』を獲得したとなれば、彼の人生は大きく変わっていたでしょう」(前出・米在住のメジャーリーグ担当記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン