国内

《パナウェーブ研究所》「白装束集団を率いた女」教祖・千乃裕子氏の生涯 彼女が3000人もの会員を集められた理由

「パナウェーブ研究所」を名乗る白装束集団の施設で福岡教育大学の千草聡助教授が死亡した事件で、家宅捜索する福井県警捜査員(時事通信フォト)

「パナウェーブ研究所」を名乗る白装束集団の施設で福岡教育大学の千草聡助教授が死亡した事件で、家宅捜索する福井県警捜査員(時事通信フォト)

“白装束集団”騒動からちょうど20年。渦巻き模様のステッカーがベタベタと貼られた白いワゴン車の車列などがテレビや新聞・雑誌で連日報じられ、さまざまな凶悪事件を引き起こしたオウム真理教を想起させ視聴者・読者を不気味がらせた。あの騒動は何だったのか。この1月に出版された『白装束集団を率いた女──千乃裕子の生涯──』(論創社)は、著者の金田直久氏が丹念に資料を読み込み、関係者に取材し、白装束集団を率いた千乃裕子氏(2006年に逝去)と集団の実態に迫った渾身のノンフィクションだ。金田氏に話を聞いた。【前後編の後編。前編から読む

 * * *
 教祖・千乃裕子氏の理解できかねる言動に、なぜ白装束集団の人たちは付き従ったのか。千乃氏の何が惹きつけたのか。そしてそもそも、どんな人だったのか。

 千乃氏の本名は増山英美。1934年1月26日、生橋英美として京都で生まれた。父は市役所勤めで、30代後半のとき16歳年下の母と、当時にしては珍しく恋愛結婚をした。英美は一人っ子で、両親に大事に育てられたが、厳格な父は英美に手を上げることもあったという。

 そんな父親の死が転機となった。1942年、粟粒結核で亡くなり、英美は戦時下で未亡人の連れ子の身分となり、精神が不安定になっていった。食糧難もあり、国民学校初等科(小学校)を終える終戦後すぐの頃に島根の農家に養女に出されると、家出をし、自殺願望を抱くようになってしまった。

「英美は、彼女を持て余した養家から実母の元へ戻され、その後は大阪府池田市の、阪急電鉄石橋駅近くの商店街の一角にある木造二階建てで暮らしていました。英美の母は会計士と再婚。

 その後、いろいろあって増山姓になりました。継父のおかげで、英美は大阪で最初の女学校・梅花高等女学校、そして梅花女子短大英語科に通い、当時としては恵まれていましたが、英美は継父と折り合いが悪く、ケンカばかりしていたそうです」(金子氏、以下同)

 短大卒業後、大阪で大きな貿易会社に就職。しかし、人間関係のトラブルなどでまた心身のバランスを崩し、30歳前後から外資系企業を転々。秘書や英文速記者の仕事をしていたようだが、30代後半には会社勤めをあきらめ、自宅で女子高生に英語を教えるようになった。そこが千乃正法会の“原点”となっていった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
超絶進化を遂げている「コンビニコスメ」撮影/玉井幹郎
超絶進化を遂げる「コンビニコスメ」 美の賢者たちが語るその“魅力”と、カテゴリー別の“ベストバイアイテム”
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン