芸能

【日比谷野音100年物語】音楽プロデューサー・亀田誠治さんが語る「ほかにはない特別な空気」と「変化」

日比谷音楽祭実行委員長で、音楽プロデューサーの亀田誠治さん(59才)。’64年米ニューヨーク生まれ。東京事変のメンバー。椎名林檎(44才)、平井堅(51才)、スピッツ、GLAY、いきものがかりなど多数のアーティストの楽曲に携わる。写真提供:日比谷音楽祭

日比谷音楽祭実行委員長で、音楽プロデューサーの亀田誠治さん(59 才)。1964年米ニューヨーク生まれ。東京事変のメンバー。椎名林檎(44才)、平井堅(51才)、スピッツ、GLAY、いきものがかりなど多数のアーティストの楽曲に携わる。写真提供:日比谷音楽祭

 1923(大正12)年に日本初の大規模野外音楽堂として誕生した「日比谷野外音楽堂」。100周年の今年、さまざまなイベントが行われているが、施設の老朽化による建て替えのため2024年10月より使用休止となる。多くのアーティストに愛され、数々の伝説を生んだ野音の歴史を、ここで振り返ってみよう。1960年代後半から1970年代にかけて「ロックの聖地」「フォークの殿堂」と呼ばれるようになった野音。1980年代後半以降も多くのロックコンサートが開催された──。【全3回の第3回。第1回から読む】

 1987年には女性だけのロックフェス『NAONのYAON』がスタート。バンドブームも手伝い、1990年代以降もHOUND DOGや、エレファントカシマシなど、若者から圧倒的な支持を受けていたバンドが野音のステージを彩っていく。

「野音にはほかにはない特別な“空気”がある」と、音楽プロデューサーの亀田誠治さんは言う。

「彼らは収容人数の多い日本武道館やアリーナなどでコンサートを行うようになったいまでも、野音のステージを大切にしています。

 ぼく自身も、1999年に椎名林檎さん(44才)のコンサートメンバーとして、初めて野音のステージに立ったのですが、そこから見えた景色に圧倒されたんです。

 というのも、すぐそこに3000人のお客さんがいて、その向こうに木々が見え、その後ろに官公庁のビル群が聳え立つ。いわゆる『ザ・東京』という景色なんです! 晴れた日はきれいな青空が広がっていますし。“こんな場所が東京にあるんだ”って、感動したのを覚えています。

 ぼくは武道館のステージにも立っていますが、武道館は天井から音が降ってくると感じるのに対し、あのとき感じた野音のステージは東京の空、いや、宇宙に向かって自分たちの音が飛んでいくんじゃないかと思いました。音楽の神様に背中を押されているような、『この先アーティストとしてちゃんとやっていける』という自信をもらった気がします」(亀田さん・以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン