芸能

【堺雅人の半生】菅野美穂との運命的な出会いと誰もが驚いた電撃婚 二人三脚で仕事と育児を両立

菅野美穂との出会いは

菅野美穂との出会いや電撃婚、二人三脚も注目

 壮大なスケールで話題を集めたドラマ『VIVANT』(TBS系)。役所広司、阿部寛、二宮和也と、大物俳優が揃う中、主演を務めるのは堺雅人(49才)だ。早稲田大学在学中に劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加し、看板役者となる。“小劇場のプリンス”と呼ばれて人気を博し、田辺エージェンシーに所属することとなった堺は転機を迎えることとなる。その半生をたどる。【全3回の第2回】

 大手事務所に所属し、カルト的人気を誇るものの、なかなか食えない時代が続いたが、2000年に大きな転機が訪れる。NHK連続テレビ小説『オードリー』で、ヒロインに思いを寄せる監督役を演じて脚光を浴びたのだ。

「朝ドラに出たことで両親も堺さんを認め、絶縁状態は解消されました。人気を不動にしたのは2004年の『新選組!』の新選組総長・山南敬助役で、山南が切腹する直前には、NHKに視聴者から助命嘆願書が届いたそうです」(芸能関係者)

 プライベートで初めてのロマンスが報じられたのは2001年。女優の富田靖子(54才)と半同棲する様子を『FRIDAY』が撮影した。

「富田さんとは結婚間近といわれましたが、2006年に破局。その後は、女優の高橋由美子さん(49才)との恋仲も噂されましたが、ゴールインには至りませんでした」(スポーツ紙記者)

『婦人公論』(2005年7月7日号)で「好きなタイプの女性」について堺はこう述べていた。

《僕は、こういうタイプだから好きになる、ということはないんですよ。ただ、好きになった後で振り返ると、いつも言葉、声、顔の順に惹かれています》

 そんな堺の前に現れた運命の女性が菅野美穂(46才)だ。ふたりは、2012年に公開された映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』で出会った。

「菅野さんが演じる女将軍に仕える役柄だった堺さんは、初顔合わせの際、『誠心誠意お仕えします』と伝えて彼女をドキッとさせたそうです。その後も堺さんは菅野さんに熱を上げ、『あなたの演技は素晴らしい』『肌が美しい』などと褒めまくってアプローチしました。当時35才だった菅野さんは『結婚前提なら……』と交際を受け入れたそうです」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン