芸能

【MEGUMIと降谷建志が離婚】夫はどうして活躍する妻を裏切るのか 山田美保子さんが分析

MEGUMI

芸能活動のみながら実業家としても活躍するMEGUMI

 タレント・MEGUMI(42才)とDragon Ashのボーカル・降谷建志(44才)の離婚が報じられた。仲がよかったはずの夫婦に、どんな気持ちの変化があったのだろうか。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが分析する。

 * * *

人任せにせず自分で汗を流し納得いくまでやり抜く

 何が驚いたってMEGUMIさん(42才)「離婚へ」という報道ぐらいビックリしたことは近年なかったように思います。芸能人カップルの離婚でいったら杏サン(37才)と東出昌大サン(35才)以来の衝撃だったでしょうか。それぞれが輝いていて、ツーショットも本当にカッコよくて、傍から見ていたら、うまくいっていないなんて微塵も感じられなかった夫婦の離婚……。

「嘘をつきたくないんで」とMEGUMIさんは記者の直撃に対し否定をせず、別居していることも明かしたのでした。

 今年もっとも活躍した女性芸能人は誰かというアンケートをとったならば、MEGUMIさんはベスト3には入るはずです。特に、あの田中みな実サン(36才)に勝るとも劣らない“美容番長”ぶりは多くの女性たちから支持を受け、自身が試してよかったコスメや美容法を包み隠さず記した著書『キレイはこれでつくれます』は35万部を売り上げるベストセラーに。

「ちゃんとした女優になりたい」とコミットして10年。体当たりともいうべき演技が光った映画『台風家族』『ひとよ』が評価され、「第62回ブルーリボン賞」で助演女優賞を受賞したのは2020年でした。

 実業家としてもさまざまなことにチャレンジしていらして、2016年、石川県金沢市にオープンした『Cafe たもん』は、すっかり地元の人気店になっています。

 芸能人がオーナーの飲食店が人気店になるためには、店主の顔が見え続けていることであり、それはイコール自らお店に出たり、近隣店の経営者さんや地元のお客さまたちと、熱が感じられるコミュニケーションをとったりすることがいちばんです。

 MEGUMIさんはそれをちゃんとやっていたんですよね。しかも、地元の食材を使ったメニュー開発から店の内装、スタッフのユニホーム、ロゴなど細部にもMEGUMIさん本人がかかわっていらしたのです。だからこそ、人気店が多数立ち並ぶ観光地・ひがし茶屋街でも、ちゃんとやっていけているのです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン