国内

《今年は異常事態》秋田・クマ駆除ハンターが語る過去最悪の被害状況「糞尿にまみれたリンゴ農園」「ワナに残る血痕」「考えられないほど多い」

クマによる被害

クマの駆除作業の様子

 全国各地で、クマによる被害が相次いでいる。被害件数は、国が統計を取り始めてから最も多かった2020年の143件を上回り、過去最多を更新している。秋田県では10月19日朝、市街地のバス停でバスを待っていた女子高生がクマに咬まれ、ほかに4人が次々に襲われた。同県のクマによる被害は8月頃から急増し、人身被害の件数は10月31日までの統計で全国最多の61件に達する。 現地で何が起こっているのか。NEWSポストセブン記者は現地へ向かった。

 秋田県能代市に住む男性は、「今年のクマの数はちょっと考えられないほど多い」と不安を口にする。

「家の玄関前にはクマがしょっちゅう現れるし、窓から外を眺めると前の道を歩いてるんだから。里に下りてきてるんだよ。親子で3匹のクマが、田んぼの向こうを平然と歩いていたのを見たこともある。大人は車で移動すればなんとかなるけど、子どもは怖くて外には出せないよ」

 人の生活圏に下りてきたクマは『アーバンベア』と呼ばれ、駆除の対象となる。秋田県では市町村が地元猟友会に委託をして、駆除等を行っているのが現状だ。湯沢市ではクマ対策として、すでに約90頭ものクマを捕獲しているが、地元猟友会の高橋俊一氏は「異常事態だよ」と語る。

「8月頃からクマが出没しだして、本格的に増えてきたのは9月半ばくらい。3日連続でクマが罠にかかることもあった。40年ほど猟友会で活動しているけど、過去にこんな年は記憶にないよ。はっきりした原因はわからないけど、猛暑で木の実などの餌になる植物が凶作で、餌を求めて市街地に出てくるようになったと言われているね」

 クマが増えるに連れて、今年は農作物を荒らすだけでなく、人を頻繁に襲うようにもなった。

「女性や子どもが襲われたら、ひとたまりもない。クマがこれだけ増えた以上は駆除せざるを得ません。子グマを駆除したときは動物保護団体から批判されましたが、今、個体数を減らさないと、数年後に成獣になって、また住民が被害に遭うことになってしまう」(同前)

 クマの大量発生を受けて、猟友会には県から1頭捕獲につき5000円の補助が出るようになったが、クマの駆除作業は基本的にボランティアで、持ち出しも多い。

「地域の安全を守るために、誰かがやらなければならない。好き好んでやるわけないじゃない。クマを仕留めるときには、なんとも言えない気持ちになるんだよ……」(前出の高橋氏)

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン