芸能

【いまもっとも忙しい俳優】小日向文世インタビュー「若い人たちに対等に感じてもらえるのはうれしい」

小日向

「いまもっとも忙しい俳優」小日向文世

 善良なおじさんから凶悪な男まで、役柄を自在に行き来し、バラエティーでは“天然”の顔を覗かせる、俳優・小日向文世(69才)。その素顔はいったい……怖いのか、愉快なのか、大胆なのか、繊細なのか。当代一のバイプレーヤーにオファーが途切れない理由、私たち視聴者を引きつける理由はいずこに……。いまもっとも忙しい俳優に、人生と仕事について聞いた。【前後編の前編。後編を読む】

最新作はあまりやったことのない“暴走気味のおじい”

 現在放送中の『下剋上球児』(TBS系)では、孫のために野球のグラウンドまで作ってしまう“孫バカ”の大地主、犬塚樹生役を、小日向はテンション高めに演じている。

「孫の翔くんを溺愛し、まわりの目を気にせず思ったことを全部口にしてしまう、暴走気味の困った“おじい”です(笑い)。これまであまりやったことのない役柄なので、演じるうえでは楽しいですね」と微笑む。

 勝手に試合相手を決めてきたり、すねると制御不能になったり、確かに厄介なおじいだ。だが、回を重ねるごとに「暴れ方がかわいい」「金にものをいわせる系おじさんなのに憎めない」などとネット上で目立つようになり、その“ウザかわ”キャラが視聴者の心を掴み始めている。

「そばにいたら本当に迷惑な人ですよねえ(笑い)。でも、彼も彼なりの寂しさや挫折を抱えている。周囲を振り回しながらも『まったく、しょうがないなあ』と苦笑してもらえるような人物にしたいと思ってやっています」(小日向・以下同)

 話題作にこの人あり、といわれるくらい多くの作品に参加し、かつ「幅広い」という表現では足りないほど多彩なキャラクターを演じているが、役作りのこだわりや、やりづらい役柄はあるのだろうか?

「どの作品も、監督の『こうしてほしい』という要求に応えたいという思いしかないので、やりづらい役柄ってあまりないですね。

 ただ、どんな役でも、人物の心の内を考えながら演じるようにしています。たとえば、3.11の原発事故を扱ったドラマ『THE DAYS』(Netflixシリーズ)で演じた怒りっぽい首相役も、見た人は『本当にムカつく』と感じたでしょう。確かにその通りですが、未曽有の状況下で、あの首相は功名心というより、ただただ必死だったんじゃないかと脚本を読んで感じた。その思いを役に込めました」

 劇団の看板役者として演劇界では知られた存在だったが、1996年に同劇団が解散。このとき小日向は42才、同じ劇団の女優で、1993年に結婚した妻と幼子を抱えた彼は映像に活動の場を広げるが、約5年“食えない”生活が続いた。転機は2001年、47才でメインキャストの1人に起用された『HERO』(フジテレビ系)が大ヒットし、さらに、映画『それでもボクはやってない』(2007年)の冷徹な裁判官を演じて以降、悪役もこなす俳優としてオファーが切れず、現在に至る。

関連記事

トピックス

子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン