22才で俳優を目指した

22才で俳優を目指した

もうちょっと欲張ってみたい

「役者を続けているのは、飽きなかったから」と語る小日向。どこか自分自身を俯瞰で観察しているような冷静さだ。

「45年役者をやっていても、これでOKというものがない。いつも、ずっと先の見えない理想に向かっている感じなんです。

 いよいよ体がいうことをきかなくなったとき『もうやりきった』と満足できる作品に出合うために続けているというか……。

 もちろん、すでに参加できてうれしかった作品にたくさん出合えてはいるんですが、まだもうちょっと欲張ってみたいという気持ち。

 若い俳優を見て刺激を受けることもあるから、まだ、いまの状況に満足していないんでしょうね」

 もし、役者以外の道を選べるとしたら何を選びますか?

「やっぱり絵が好きだから、絵を描いて、ときどき個展で作品がちょっと売れて……そういう生活ができたらいいなあ(笑い)。

 いまはまったく描けておらず、もっぱら、家でマリー・ローランサンのリトグラフ鑑賞ですけどね」

 国内外の美術館にも足を運ぶのかという問いには意外な答えが。

「仕事だったら喜んで行くけれど、実は外国が苦手。事故にあったら、誘拐されたらどうしようと心配になっちゃう。やっぱり自宅で死にたいから」

 怪演ぶりとのギャップに、思わず笑ってしまう。年齢を超えて醸し出す「かわいらしさ」が、俳優仲間からも、視聴者からも愛される理由の1つなのは間違いない。

(了。前編を読む

小日向文世の出演作紹介

映画『湯道』(2023年2月劇場公開)
 湯の道に魅せられ、湯道の家元のもとで入浴の所作を学びながら、定年後は自宅に檜風呂を作ることを夢見る実直な郵便局員・横山正役を演じた。妻・娘に圧倒される父親像も共感を呼んだ。現在Blu-ray(豪華版8580円、通常版5170円)、DVD(通常版4180円)が発売中。

ドラマ『VIVANT』(2023年7月16日~9月17日放送)
 堺雅人が主演を務め、社会現象を巻き起こした作品。小日向は主人公が勤める丸菱商事で天才ハッカーの部下と不倫関係にあった長野専務を好演。SNSでは「あれで出演終わり?」と、最終回での登場を願う声も多かった。TBS系。

舞台『海をゆく者』(2023年12月7日〜12月27日、パルコ劇場他にて上演予定)
 PARCO劇場50周年を記念した舞台。英国で数々の賞を受賞した物語で、2009年、2014年に上演され、大好評を博した傑作の1つ。重要人物ロックハートを演じる小日向のほか、浅野和之、高橋克実、大谷亮介、平田満と5人の名優が繰り広げる丁々発止のダークコメディー。

【プロフィール】
小日向文世(こひなた・ふみよ)/日本の俳優。1954〜。北海道出身。1977年に『オンシアター自由劇場』に入団し、中核的存在として活躍。1996年の解散後は、活動の場を映像に広げる。これまでに演じた役柄は、検察官、医師、プロ将棋士、悪徳マル暴刑事、普通の刑事、知事、豊臣秀吉、機長、幽霊、ヤクザの親分、パティシエ、落語家、勝海舟、レレレのおじさん、巨匠の漫画家、ゲイバーのママ、科学者、裁判官、警察学校校長、国土交通省事務次官、監察官、指揮者、総理大臣、郵便局員、詐欺師ほか多数。2011年『国民の映画』で第19回読売演劇大賞「最優秀男優賞」、2012年『アウトレイジビヨンド』で第86回キネマ旬報ベスト・テン「助演男優賞」などの受賞歴がある。『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)のほんわかとしたナレーションも人気に。長男の小日向星一(28才)と春平(25才)も俳優。

取材・文/佐藤有栄 写真/森 浩司

※女性セブン2023年11月23日号

話題のドラマ『VIVANT』にも出演

話題のドラマ『VIVANT』にも出演した

ポーズ

かっこよくポーズをきめる

ダンディな小日向

ダンディな小日向

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン