ライフ

ヘアメイク歴40年の経験でわかった、あかぬけてる人に共通する「クロスの法則」

ヘアメイク歴40年以上のキャリアから見い出した山本浩未さんの「あかぬける法則」。

ヘアメイク歴40年以上のキャリアから見い出した山本浩未さんの「あかぬける法則」。

 年齢を重ねると、自己流のメイクやファッションに固執してしまい、「今っぽく、あかぬけて」見せることが難しくなる。気を配っているつもりでも、かえって「若づくりがイタい」とか「どこかもっさりしていて残念」となってしまいがちなのだ。

 そんな悩みを打開し、大人な雰囲気を維持しつつ、さらに魅力的に見せるにはどうしたらよいのだろうか。新著『60歳ひとりぐらし 毎日楽しい理由』が話題のヘア&メイクアップアーティスト・山本浩未さんに伺った。

* * *

宝塚歌劇の大ファンを自認するヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんが名付けた「ズカ姫チャート」とは。

宝塚歌劇の大ファンを自認するヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんが名付けた「ズカ姫チャート」とは。

 山本浩未さんは18歳で美容の世界に入ってから、40年以上、ヘア&メイクアップ業界の第一線で活躍し続け、「大人のきれい」のコツを発信している。大人の女性が、自分自身を魅力的に見せる方法を聞いてみると、「まずは自分の顔と雰囲気が、どのタイプかを知ることから始まります」という。

 仕事柄、これまで多くの女性の顔に接してきた山本さんによると、顔立ちは、大きく4つのタイプに分かれるという。そこから、自分の顔立ちと雰囲気を知るために、山本さんが考案したのが『ズカ姫チャート』だ。その見極め方は簡単だ。

「まず、骨格や顔立ちには、年齢とともに、ゴツゴツしてくるタイプと、もったりとたるんでくるタイプがあります。骨格がしっかりしていて目や口などのパーツが直線的、宝塚でいえば男役っぽい顔立ちが“ズカ”系。一方、柔らかな丸みがあり、パーツが曲線的な顔立ちなのが“姫”系。ざっくりでいいので、自分で見極めてみてください」

 ちなみに、“ズカ”と“姫”とは、山本さんが宝塚歌劇の大ファンであることからネーミングしたという。“ズカ”はいわゆるクール系、“姫”は愛され系ともいえる。

「さらに、“シンプル”か“デコラティブ”かを知りましょう。目や口といったパーツが小さく控えめなら“シンプル”、大きくて存在感があるなら“デコラティブ”となります」

 ひと言で言ってしまえば、シンプルは「地味」。塩顔や醤油顔と言われる顔立ちだろうか。デコラティブは「派手」。ソース顔とも言える。

 では、この2軸から自分の顔はどのタイプか診断してみよう。判断基準となるチェックポイントをみて、どの項目が多いかで自分の系統がわかるはず。

このチャートで、自分の顔立ちは4タイプのうちどの系統にあてはまるか、まず確認してみましょう。

このチャートで、自分の顔立ちは4タイプのうちどの系統にあてはまるか、まず確認してみましょう。


60歳ひとりぐらし-毎日楽しい理由-家族がいてもいなくても、自分-ひとりで楽しめるヒント-
Amazonから購入

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン