スポーツ

元横綱・白鵬の宮城野親方、協会理事選不出馬の内幕 “貴の乱”の二の舞いを許さぬ執行部の包囲網、野望は潰えたのか

相撲協会の理事選出馬に野心を見せていた宮城野親方だったが…(時事通信フォト)

相撲協会の理事選出馬に野心を見せていた宮城野親方だったが…(時事通信フォト)

 連日、満員御礼の続いた九州場所だが、親方衆の興味は土俵上とは別のところにあった。来年の1月場所後に行なわれる相撲協会の理事選である。出馬に野心を見せていた元横綱・白鵬の宮城野親方(38)が、本誌『週刊ポスト』の直撃になんと“不出馬”を表明。何が起きたのか。

 福岡国際センターでの11月場所5日目の打ち出し後、理事選出馬を宮城野親方に直撃すると、「出ません」と一言。問いを重ねても「出ません」と繰り返し、浅香山親方(元大関・魁皇、51)を理事に推す伊勢ヶ濱一門の方針に従うのかと問うと、「はい。そうです」と応じた──。この本誌の直撃取材をNEWSポストセブン(11月17日付)で報じると、角界関係者に衝撃をもって受け止められた。

 相撲協会の理事は定員10人で、角界に5つある一門(出羽海、二所ノ関、時津風、高砂、伊勢ヶ濱)がそれぞれの“利益代表”として理事を擁立。2年に一度の理事選は、事前の一門内の調整により無投票で終わるのが慣例だ。しかし、宮城野親方は“一門の論理”に反目するとみられていた。

「今年の5月場所中、所属する伊勢ヶ濱一門の食事会で白鵬が『来年の理事選に出るつもりです。一門の親方衆に迷惑はかけません』と宣言したのが騒ぎのきっかけ。メディアも白鵬の“野心”を報じて、注目を集めていました」(ベテラン記者)

 小所帯の伊勢ヶ濱一門が擁立できる理事は1人。前回当選した伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士、63)が今年1月に不祥事で降格となったが、協会は理事の補選を行なわず、同じ一門の浅香山親方を役員待遇に昇格させて審判部副部長の要職に配した。一門の後継理事とするレールが敷かれたわけだが、「そこに白鵬が出馬を宣言して割って入ろうとしていた」(同前)のである。

執行部が“包囲網”

 理事選で投票権があるのは105(現在は「音羽山」が空席で104)ある年寄株を持つ親方衆だ。2010年には貴乃花親方が強行出馬し、一門の枠を越えて票を集めて当選した“貴の乱”の先例がある。宮城野親方は同様のかたちで当選を目指したが、

「“貴の乱”は八角理事長(元横綱・北勝海、60)と貴乃花親方の苛烈な闘争につながり、敗れた貴乃花親方は協会を去った。その再現に戦々恐々となった執行部サイドが今回は切り崩しを許さなかった」(前出・ベテラン記者)

 というのである。

「白鵬に近い親方衆も、“貴乃花のようになってはいけない”と説得したといいます。白鵬の引退時に年寄名跡の手配に尽力した朝日山親方(元関脇・琴錦、55)まで猛反対していた」(若手親方)

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン