芸能

【BreakingDownで話題の元アイドル】ヤンキー姉が語る「ストーカーとの半生」 驚きの対策は「月収、自宅、交際遍歴をすべて公開」

「ヤンキー姉」の愛称で知られる志筑杏里(撮影 加藤慶)

「ヤンキー姉」の愛称で知られる志筑杏里(撮影 加藤慶)

「今やから言葉にも出来るんですが、昔ストーカーに凄く悩んだ時期があったんです。包丁を持って追いかけられて、しばらくは恐怖で体が震えて、家からしばらく出れんくなりました」

「ヤンキー姉」の愛称で『Breaking Down 7』にも参戦し、時の人となった人気TikTokerの志築杏里さん(35)。喧嘩上等、過激な言動で多くのファンの心を捉えた彼女だが、昔は「ストーカーにかなり悩んでました」と吐露する。

 冒頭の発言は20代前半、歯科衛生士タレントと「Stellacot」というアイドルとして活動中に起きた事件だ。

「昼過ぎに自転車で自宅から駅に向かう途中、後ろから誰かが走って追ってくる足音が聞こえたから、パッと後ろを振り向くと『知ってる人がおる』と思ったんです。でも、よく見たら包丁を持ってるから、『ええ!?』ってなって……。それで(自転車を)ダッシュ漕ぎするじゃないですか。ダッシュ漕ぎしたときに、歩道のちょっとした段差にタイヤがはまってハンドルがグネってなって(奪われて)、そのまま転けたんです。転倒してからの記憶が一切なくて。その時に縫った傷が顎に残っているので、多分転けたときに顎を打ったんやと思います」

 意識不明で病院に搬送。意識が戻ったのは、それから1か月後。厳密にいうと記憶が曖昧なのだという。

「精神的にも参っていたから、何も知らされてないんですよ。犯人が逮捕されたとか、何も頭に入ってなくて入院してた時の記憶がほとんどない。病院にいた事実だけ覚えている感じです」

「エイリアンニキ」こと、弟の功胤(よしつぐ)さんもこう言う。

「実家に戻ってからも怖い、怖いって毎日泣いてて。外出なんて考えられない精神状態でした」

 ファンにはブログで活動の休止を報告。包丁男はライブに何度か訪れていたファンだった。

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン