芸能

【BreakingDownで話題の元アイドル】ヤンキー姉が語る「ストーカーとの半生」 驚きの対策は「月収、自宅、交際遍歴をすべて公開」

「ヤンキー姉」の愛称で知られる志筑杏里(撮影 加藤慶)

「ヤンキー姉」の愛称で知られる志筑杏里(撮影 加藤慶)

「今やから言葉にも出来るんですが、昔ストーカーに凄く悩んだ時期があったんです。包丁を持って追いかけられて、しばらくは恐怖で体が震えて、家からしばらく出れんくなりました」

「ヤンキー姉」の愛称で『Breaking Down 7』にも参戦し、時の人となった人気TikTokerの志築杏里さん(35)。喧嘩上等、過激な言動で多くのファンの心を捉えた彼女だが、昔は「ストーカーにかなり悩んでました」と吐露する。

 冒頭の発言は20代前半、歯科衛生士タレントと「Stellacot」というアイドルとして活動中に起きた事件だ。

「昼過ぎに自転車で自宅から駅に向かう途中、後ろから誰かが走って追ってくる足音が聞こえたから、パッと後ろを振り向くと『知ってる人がおる』と思ったんです。でも、よく見たら包丁を持ってるから、『ええ!?』ってなって……。それで(自転車を)ダッシュ漕ぎするじゃないですか。ダッシュ漕ぎしたときに、歩道のちょっとした段差にタイヤがはまってハンドルがグネってなって(奪われて)、そのまま転けたんです。転倒してからの記憶が一切なくて。その時に縫った傷が顎に残っているので、多分転けたときに顎を打ったんやと思います」

 意識不明で病院に搬送。意識が戻ったのは、それから1か月後。厳密にいうと記憶が曖昧なのだという。

「精神的にも参っていたから、何も知らされてないんですよ。犯人が逮捕されたとか、何も頭に入ってなくて入院してた時の記憶がほとんどない。病院にいた事実だけ覚えている感じです」

「エイリアンニキ」こと、弟の功胤(よしつぐ)さんもこう言う。

「実家に戻ってからも怖い、怖いって毎日泣いてて。外出なんて考えられない精神状態でした」

 ファンにはブログで活動の休止を報告。包丁男はライブに何度か訪れていたファンだった。

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
有働由美子と膳場貴子
【25年の因縁】有働由美子と膳場貴子“6才差のライバル関係” NHK時代に激しいエース争いを繰り広げた2人の新たなチャレンジ
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン