♦ストーカーに狙われない方法は「隠し事をなくす」

弟のエイリアンニキとツーショット(撮影 加藤慶)

弟のエイリアンニキとツーショット(撮影 加藤慶)

 実はこの事件以前にも「ストーカー被害で幾度か苦悩した過去がある」と杏里さんは語る。中学時代を含めるとその被害は10回以上。なぜ、これほど頻繁にストーカーから狙われるのか──。自問するが、明確な答えは見当たらない。

「自分で言うのもアレなんですけど、私、中学時代とかめちゃくちゃモテて、他校にファンクラブがあったんですよ。知らない人が学校に見に来るとか、普通みたいな環境で。あとで振り返ると、『あの人もストーカーやったかな?』というのが結構あって。高校1年生の時もそう。学校の最寄り駅の階段の踊り場で毎日立っている作業着姿の男性がいたんですね。放課後、帰宅時間が違っても必ずいる。それが1か月とか続いてくると、さすがにおかしいじゃないですか。しかも、私をずっと見てくるんです。しばらくすると私についてくるようになって、そん時も私は『偶然なんかな』って軽く受けてたけど、それが家の途中までついてくるようになって……。最後のほうはその人から『いつも会いますよね。遊んでほしい』と声をかけられた。キモいし、3日ぐらい断ってると『もう帰さへん』って手を引っ張ってどこかに連れて行かれそうになった」

「助けて」「離して」と声を荒らげても、行き交う人たちはカップルの痴話喧嘩と勘違いしたのか誰も助けてくれない。事前に相談していた杏里さんの彼氏が通りかかったことで、大事にならずに済んだ。

 こうした苦い経験から、杏里さんはストーカーの心理について様々な情報や文献を読み漁って対策を練り始めたのだという。

 そこで彼女が実践した一つが「隠し事をなくす」という手段だった。

「タレント業の休止中に、すごく勉強したんです。ストーカーの心理は『隠されてるものを見たい』。表に出せないところを見たいとか、そんな内容が結構書いてあったんで、そのタイミングで自宅も全部公開したんですよ。テレビ番組で公開して、そこからですね。ピタッてなくなりました。家まで付いてくる人とか一切いなくなりました。私だけかも知れせんが、この方法が自分には合ってました」

 実家にTVクルーを招いて、自室から月収、男性遍歴に至るまでプライバシーをほとんど公開。それ以降、ストーカー被害が激減したという。

関連記事

トピックス

眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
岸田文雄・首相がもくろむ「6月解散、7月総選挙」のシナリオとは(時事通信フォト)
岸田首相が突き進む、本気の「6月解散、7月総選挙」戦略 定額減税、夏のボーナス増額、株価高値更新で“布石”が揃う
週刊ポスト
TARAKO
【さくらももこさんとTARAKOさん】『ちびまる子ちゃん』の“生みの親”と“育ての親” 家族構成も生い立ちもそっくり、まる子が繋いだ不思議な縁
女性セブン
貴乃花、若乃花、曙
《誰も相撲界に残らず》曙太郎さん死去 「若貴」との“同期3横綱”が全員、角界を去らなければならなかった本当の理由
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン