芸能

浜辺美波と話題作で共演続く神木隆之介 なぜ「美波ちゃん」から「浜辺」に呼び方を変えたのか

神木隆之介と息の合った演技を見せる浜辺美波(Getty Images)

神木隆之介と息の合った演技を見せる浜辺美波(Getty Images)

 今年のドラマ・映画は浜辺美波(23)が席巻した。NHK朝ドラ『らんまん』で主人公(神木隆之介)を支える妻を演じ、大ヒット公開中の映画『ゴジラ-1.0』でも神木演じる主人公と一つ屋根の下で暮らすヒロイン役を熱演。「当たる作品には必ず浜辺がいる」──並み居る同世代女優たちのなかでも、なぜ彼女の存在感は抜きん出ているのか。その理由に迫る。【前後編の前編。後編から読む

「コラッ」と叱った

 浜辺の女優デビューのきっかけは、2011年の「東宝シンデレラ」オーディションだった。沢口靖子や長澤まさみらを輩出した同オーディションの審査に携わっていたアイドル評論家の中森明夫氏が振り返る。

「応募者たちが2日間のワークショップに参加し、僕らのような目利き(専門家)がその様子を見て評価を提出して、東宝が受賞者を決めるシステムでした。僕はその年、浜辺美波を推したんです」

 ワークショップの最中、当時10歳でひときわ小柄な浜辺は踊りが上手くできなくて、両手で顔を覆って泣き出してしまった。

「ダンスコンテストではないので、別に踊りが上手い子が選ばれるというわけではないんです。だけど、彼女は踊れなくて悔しくて泣き出した。その姿を見て、『この子はこれからどう成長していくんだろう』と、多くの参加者のなかで強く印象に残ったんです」(中森氏)

 その年のグランプリは上白石萌歌、審査員特別賞は姉の上白石萌音ら4人。浜辺は新設されたニュージェネレーション賞を受賞したが、授賞式でもまた印象的な出来事があったと中森氏は言う。

「名前を呼ばれた浜辺さんがステージ上の階段を上る時、パンプスの片方が脱げてしまったんです。まさにオーディション名そのままにシンデレラの靴が脱げたようで、会場は大いに沸きました」

 それから6年後、北村匠海とダブル主演を務めた『君の膵臓をたべたい』(2017年公開)が大ヒットを記録し、一躍ブレイク。日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞した。それ以降、数々の大ヒット映画やドラマに出演している。

 今年は3月公開の『シン・仮面ライダー』で本郷猛(池松壮亮)を導くヒロインを熱演し、4月スタートのNHK朝ドラ『らんまん』では、主人公の槙野万太郎(神木隆之介)の妻で、夫を支える強い女性を演じた。『らんまん』で共演した俳優の住田隆はこう振り返る。

「私は長屋の住人の落語家・牛久亭九兵衛役でしたが、彼女は結婚してから長屋に住むので、途中から長屋の撮影現場に加わったんです。その頃には長屋メンバーはファミリーのような雰囲気になっていたので、途中から加わるのは難しいだろうと。年長者である私が早く打ち解けられるように努めようと思っていたのですが、そんな必要はまったくなかった(笑)。彼女は距離感の作り方がすごく上手で、初対面の長屋メンバーとも気さくに接していて、自然と現場に溶け込んでいました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン