芸能

浜辺美波と話題作で共演続く神木隆之介 なぜ「美波ちゃん」から「浜辺」に呼び方を変えたのか

神木隆之介と息の合った演技を見せる浜辺美波(Getty Images)

神木隆之介と息の合った演技を見せる浜辺美波(Getty Images)

 今年のドラマ・映画は浜辺美波(23)が席巻した。NHK朝ドラ『らんまん』で主人公(神木隆之介)を支える妻を演じ、大ヒット公開中の映画『ゴジラ-1.0』でも神木演じる主人公と一つ屋根の下で暮らすヒロイン役を熱演。「当たる作品には必ず浜辺がいる」──並み居る同世代女優たちのなかでも、なぜ彼女の存在感は抜きん出ているのか。その理由に迫る。【前後編の前編。後編から読む

「コラッ」と叱った

 浜辺の女優デビューのきっかけは、2011年の「東宝シンデレラ」オーディションだった。沢口靖子や長澤まさみらを輩出した同オーディションの審査に携わっていたアイドル評論家の中森明夫氏が振り返る。

「応募者たちが2日間のワークショップに参加し、僕らのような目利き(専門家)がその様子を見て評価を提出して、東宝が受賞者を決めるシステムでした。僕はその年、浜辺美波を推したんです」

 ワークショップの最中、当時10歳でひときわ小柄な浜辺は踊りが上手くできなくて、両手で顔を覆って泣き出してしまった。

「ダンスコンテストではないので、別に踊りが上手い子が選ばれるというわけではないんです。だけど、彼女は踊れなくて悔しくて泣き出した。その姿を見て、『この子はこれからどう成長していくんだろう』と、多くの参加者のなかで強く印象に残ったんです」(中森氏)

 その年のグランプリは上白石萌歌、審査員特別賞は姉の上白石萌音ら4人。浜辺は新設されたニュージェネレーション賞を受賞したが、授賞式でもまた印象的な出来事があったと中森氏は言う。

「名前を呼ばれた浜辺さんがステージ上の階段を上る時、パンプスの片方が脱げてしまったんです。まさにオーディション名そのままにシンデレラの靴が脱げたようで、会場は大いに沸きました」

 それから6年後、北村匠海とダブル主演を務めた『君の膵臓をたべたい』(2017年公開)が大ヒットを記録し、一躍ブレイク。日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞した。それ以降、数々の大ヒット映画やドラマに出演している。

 今年は3月公開の『シン・仮面ライダー』で本郷猛(池松壮亮)を導くヒロインを熱演し、4月スタートのNHK朝ドラ『らんまん』では、主人公の槙野万太郎(神木隆之介)の妻で、夫を支える強い女性を演じた。『らんまん』で共演した俳優の住田隆はこう振り返る。

「私は長屋の住人の落語家・牛久亭九兵衛役でしたが、彼女は結婚してから長屋に住むので、途中から長屋の撮影現場に加わったんです。その頃には長屋メンバーはファミリーのような雰囲気になっていたので、途中から加わるのは難しいだろうと。年長者である私が早く打ち解けられるように努めようと思っていたのですが、そんな必要はまったくなかった(笑)。彼女は距離感の作り方がすごく上手で、初対面の長屋メンバーとも気さくに接していて、自然と現場に溶け込んでいました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン