芸能

【遠距離で結婚生活】NHK『ニュースウオッチ9』吉岡真央アナが「極秘結婚」していた お相手は高知放送局時代の「穏やかな先輩局員」

実は結婚していたNHK吉岡真央アナ

実は結婚していたNHK吉岡真央アナ

「スポーツです!」──平日の夜9時50分、明るく朗らかな笑顔でNHK『ニュースウオッチ9』(月~金、夜9時~10時)に登場する吉岡真央アナ。入局からわずか4年で夜の帯番組のスポーツコーナーを務める売れっ子アナだが、結婚していたことがわかった。そのお相手は、吉岡アナのキャリアにも深く関わる男性だという。12月4日発売の週刊ポストで報じる。

 吉岡アナは慶應義塾大学法学部を卒業後、2018年にNHKに入局。初任地は高知放送局だった。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が解説する。

「被りものをしたり、カヌーのルポで四万十川に飛び込んだりと、身体を張った姿勢で地元では愛されキャラとして抜群の人気を誇りました。『四国あるある選手権』では、高知出身である広末涼子の『Majiで恋する5秒前』の替え歌で高知あるあるを踊りながら、チアリーダー姿で歌と踊りを披露。若手アナのなかでも群を抜いて華のあるタイプです」

 2022年4月に東京アナウンス室に異動し、新番組だった『サタデーウオッチ9』のリポーターに就任。2023年には『ニュースウオッチ9』でスポーツのメイン担当に昇格。ラグビーW杯の現地リポーターを経て、人気はうなぎ登りだ。

「地方局を1か所、それもわずか4年で東京に異動するのはごく一握り。NHKの絶対エース、和久田麻由子アナも岡山放送局から3年で東京なので、同じ“エリートコース”に乗っていると言えます。順調にキャリアアップしており、局側の期待を感じる。将来的は和久田アナ、桑子真帆アナの後を継ぐ人気アナになりそうです」(丸山氏)

 NHKのHP上で、「わたしのモットー」として「人生はタイミング」と語っている吉岡アナが、「結婚」という人生のターニングポイントを迎えたのはいつなのか。

「東京に異動した2022年時点ですでに結婚していたそうです。お相手は高知局時代に同僚だった先輩局員。飾らない穏やかな男性ですが仲がいい様子で、現在ふたりは遠距離での結婚生活を送っています」(別のNHK関係者)

 11月下旬の昼下がり、出社する吉岡アナに声をかけると、「あぁ、どうも」と時折笑みを見せながら答えた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン