国内

「息子の尿をコンドームに入れて隠し持ち、任意提出した」覚醒剤所持で有罪判決を受け、子供をネグレクト状態に置いていた母親の言い分

女児が転落したとされたジャングルジム

女児が転落したとされたジャングルジム

 2021年8月、滋賀県大津市の公園内に意識不明の状態で倒れていた小学1年生の女児(6=当時)が病院搬送後に死亡した事件。女児は当時17歳だった兄と母親との3人暮らしで、兄は「ジャングルジムから妹が落ちた」と近隣住民に助けを求めていた。

 ところがその後の司法解剖などの結果により、女児は兄から腹や背中、そして顔などを蹴られるなどの暴力を受け、外傷性ショックで死亡したことが判明する。女児の遺体は内臓の一部が破裂し、骨折もみられた。こうした経緯によって兄は傷害致死容疑で逮捕されたが、同年9月、大津家裁は兄を保護処分とし、第1種少年院への送致を決定した。複雑な家庭環境やネグレクトが考慮された結果だった。

 母親は複数回の結婚を経て、4人の子供を産んでいた。そのうちのふたりが今回の兄妹だ。兄妹は幼い頃から別々の施設で育ち、事件の数ヶ月前に3人暮らしを開始したばかりだったが、2021年7月ごろから母親が家に帰らない日が増え、さらに女児死亡までの7日間にわたり母親は家に帰ってこなかった。児童相談所等の公的機関も兄妹がネグレクト状態に置かれていることを認識しながら一時保護等の措置も取られることなく、兄は一人で家事や妹の世話をすることを余儀なくされていたという。

 一方の母親は、兄妹の事件直後の2021年8月4日、県警が家宅捜索した際に自宅から違法薬物や注射器などが見つかったことから逮捕。大麻やケタミン、覚醒剤を所持したほか、ケタミンを使用したとする麻薬取締法違反や覚醒剤取締法違反、大麻取締法違反で起訴されていた。これら違法薬物は自分のものではないと母親は法廷で無罪を主張していたが、2022年12月、大津地裁は懲役2年4ヶ月の実刑判決を言い渡す。母親はこれを不服として控訴し、大阪高裁で控訴審が開かれていた。この控訴審でも一審同様、母親は無罪を訴えていたが、その証言から意外な人間関係が明かされた。

 まず一審・大津地裁で母親は違法薬物の使用について、妹に対する暴行死で少年院送致となった兄の尿を「コンドームに入れて隠し持ち、任意提出した」と証言。兄の尿を検査したことで陽性反応が出たと主張していた。自宅に違法薬物があったのは「娘(妹)の死後に友人からもらった」ためだという。だが一審では、主張はいずれも認められず、母親が薬物を所持し、使用したと判決で認定した。

 二審・大阪高裁の法廷で母親は、自宅から見つかった違法薬物について、当時自宅に出入りしていた複数の男性のものであると主張していた。そのひとりが、母親の現在の夫だ。「覚醒剤は自分のものである」と証言している夫の調書が存在するのだという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
幼稚園をご訪問され、子供たちに声を掛けられた天皇陛下
天皇皇后両陛下が幼稚園をご訪問 工作の様子を見守られ「どんなものができるのかな」と笑顔で声をかけられる場面も
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
スキャンダル写真で芸能界を震撼させた『BUBKA』
《90年代アイドルを震撼させた月刊誌『BUBKA(ブブカ)』》の創刊編集長が急死していた スキャンダル写真で物議「スクープ100万円」「複数訴訟」の全盛期
NEWSポストセブン
新しいヘアースタイルの大谷翔平
《大谷翔平の新ヘアスタイル》“切ってもらうと成績が向上する”と評判の美容師が担当 ソウルで水原被告と一緒にカット、料金は大谷が支払う
女性セブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
フリーになるも苦戦が続く上重聡アナ
《超大型連休続く?》元日テレ・上重聡アナ、「交渉しまして」古巣復帰の苦境 根強い“利益供与問題”のイメージ、自虐ネタに活路か
NEWSポストセブン
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン