スポーツ

渋野日向子は日本帰還の可能性、原英莉花ら“黄金世代”復活… 来季の女子ゴルフ、絶対女王・山下美夢有の牙城を崩すのは誰か

来季、女王の栄冠を手にするのは誰?(左から渋野日向子、セキ・ユウティン/Getty Images)

来季、女王の栄冠を手にするのは誰?(左から渋野日向子、セキ・ユウティン/Getty Images)

 女子ゴルフの日本ツアーは山下美夢有(22)が2年連続の年間女王に輝いた。今季はさらに若い世代の台頭も目立ったが、来季に向けては絶対女王の“先輩たち“も巻き返しに闘志を燃やしている。

 最終戦で今季5勝目をあげて女王の座を射止めた山下は、2年連続で平均ストローク60台という驚異の安定感を誇る。山下と同じ2001年度生まれは「新世紀世代」と呼ばれ、一昨年の全米女子オープンを制して米ツアー挑戦を続ける笹生優花(22)や日本ツアー6勝の西郷真央(22)が活躍する。季はその下の世代も躍進した。

「ポイントランキング3位の岩井明愛(21)と同6位の岩井千怜(21)の双子姉妹が2人で5勝とツアーを席巻。さらに1学年下も櫻井心那(19)が4勝、神谷そら(20)が2勝と存在感を見せました」(ゴルフ担当記者)

念願の初シード、その先へ

 ただ、来季は絶対女王・山下よりも上の世代の“逆襲“も期待されている。プロゴルファーの沼沢聖一氏が言う。

「山下の安定感は群を抜いており、来季も彼女が女王争いの中心なのは間違いありません。その牙城を崩す候補として推したいのは、『ミレニアム世代(2000年度生まれ)』の安田祐香(22)でしょうか」

 高校2年だった2017年にアマチュア日本一に輝いた安田は、2019年にプロテストに一発合格。しかし、その後は首や背中の故障に悩まされた。滝川第二高の同級生だった古江彩佳(23)がプロになってすぐに結果を残し、米ツアーへと飛躍したのとは対照的なキャリアだ。

「その安田が今年はランキング32位で初シードを獲得。線が細かったところにパワーがついてきたので、来季は1年を通じて安定したゴルフが期待されます。早くから大舞台で戦ってきたので精神的な強さがあり、飛距離と小技を兼ね備える楽しみな存在。ミレニアム世代は他にも西村優菜(23)、吉田優利(23)らきら星揃いで、アマ時代のナショナルチームは過去最強と言われた。来季こそ、この世代の女王が出てもおかしくない」(沼沢氏)

 1998年度生まれの「黄金世代」も捲土重来を期す。渋野日向子(25)は米ツアーでランキング83位に終わりシード権を逃した。出場試合が限られるなか米ツアーに留まる選択肢もあるものの、3年シードの権利を行使して日本ツアーに戻ってもいい。

「今の渋野のスイングは、フラットになり過ぎる問題を抱えています。年間を通じて青木翔コーチの指導を受けられるようになれば、改善に向かう可能性がある。青木コーチとの二人三脚の期間はスイング改善の兆しが見られたが、その後に米ツアーの転戦に出てしまった。シーズンを通してコーチに修正してもらえる日本ツアーの環境のほうが、いい結果につながるはず」(沼沢氏)

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン