スポーツ

楽天・安樂智大は「いい子すぎる」「親の躾がよかった」 済美・上甲監督が口にした評価とその後の10年での変貌の理由

楽天から1位指名を受けた直後の安樂。恩師の上甲監督の遺影を持参していた(撮影 藤岡雅樹)

楽天から1位指名を受けた直後の安樂。恩師の上甲監督の遺影を持参していた(撮影 藤岡雅樹)

 複数の選手がマスコミを通じてパワハラ被害を訴え、チームを自由契約になった東北楽天・安樂智大(27)。若手選手に逆立ちさせて下着を脱がせるなどの行為が球団から「ほぼ事実」と認定された。しかし、10年前、全国に名を馳せたばかりの16歳の安樂少年は誰からも愛される存在だった。その後、何が安樂を変えたのか。

 * * *
 口が達者な高校生だな──。

 それがパワハラ騒動を起こし、東北楽天を自由契約となった安樂智大に対する愛媛・済美高校時代の第一印象だった。時は2013年3月、センバツの初戦・広陵戦に勝利した翌日だったと記憶している。2年生ながら、エース番号を背負った安樂は広陵戦で延長13回を3失点完投し、2年生としては甲子園最速となる152キロを記録。その後、済美は決勝まで勝ち進むのだが、まだ初戦が終わったばかりのタイミングで安樂の周りに喧騒はなく、単独のインタビューも容易だった。

「試合に出られない先輩の分も背負ってマウンドに上がっています。個人としては、高校3年間で160キロを出したいです。あと3回の甲子園のチャンスを全部ものにして、上甲(正典)監督を胴上げしたいです」

 前年夏の岩手大会で160キロをマークした花巻東時代の大谷翔平のように、自分も160キロを出して、全国制覇を遂げたい──。そんな大言を放ちながら、先輩を立て、下級生ながらエースナンバーを背負う責任を言葉にし、上甲監督への感謝を口にした。そして大阪桐蔭など全国の強豪から誘いがある中で「地元の学校で甲子園を目指したかった」と済美を進学先に選んだ理由を話した。ハキハキと饒舌に語る様はまるでNHKが主催する「青年の主張コンクール」の弁論でも聞いているようだった。

 翌2014年9月2日に死去した上甲監督はその日、最後の愛弟子をこう評していた。

「いい子過ぎる。自分で物事を考えられるのと、マウンドで冷静に起きていることを判断できるのはすごいこと。先輩の気持ちを思いやりながら自分を主張する。親の躾が良かったんでしょう」

 30年を超える監督生活のなかで、上甲監督は平井正史(元オリックスほか)や福井優也(元広島ほか)など、プロ野球界に教え子を送り出してきた。

「安樂は上半身の筋力はないけれど、下半身の筋力はすごい。だからといって今後、トレーニングによって、上半身に筋肉をつけると、彼の持つヒジや肩の柔らかさを失ってしまう。私なりの育て方のマニュアルが通用しない子ですね。いろいろな方に相談しながら育てています」

 当時の田坂僚馬コーチ(現・済美高校監督)も、「高校2年生にしては大人びている」と話していた。

「普通の高校生ならば指導者に意見をなかなか言いづらい。だけど安樂は『ちょっと身体が重いんですが、どんなアップをしたらいいでしょうか』と、監督さんやコーチに意見を求めてくる。野球に関しては、信頼の置ける子です」

 また、この日は安樂の母も練習場に駆けつけていた。「自然とのびのびと」をモットーにして育ててきた次男をこう案じていた。

「ホントに野球ばかりで、三度の食事よりもキャッチボールが好きな子でした。注目していただけるのはありがたいですが、既に愛媛では街中を歩いていても、知らない方から指をさされてしまう状況で、逃げ隠れしなきゃいけないのは大変かなと思っています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン