スポーツ

楽天・安樂智大は「いい子すぎる」「親の躾がよかった」 済美・上甲監督が口にした評価とその後の10年での変貌の理由

楽天から1位指名を受けた直後の安樂。恩師の上甲監督の遺影を持参していた(撮影 藤岡雅樹)

楽天から1位指名を受けた直後の安樂。恩師の上甲監督の遺影を持参していた(撮影 藤岡雅樹)

 複数の選手がマスコミを通じてパワハラ被害を訴え、チームを自由契約になった東北楽天・安樂智大(27)。若手選手に逆立ちさせて下着を脱がせるなどの行為が球団から「ほぼ事実」と認定された。しかし、10年前、全国に名を馳せたばかりの16歳の安樂少年は誰からも愛される存在だった。その後、何が安樂を変えたのか。

 * * *
 口が達者な高校生だな──。

 それがパワハラ騒動を起こし、東北楽天を自由契約となった安樂智大に対する愛媛・済美高校時代の第一印象だった。時は2013年3月、センバツの初戦・広陵戦に勝利した翌日だったと記憶している。2年生ながら、エース番号を背負った安樂は広陵戦で延長13回を3失点完投し、2年生としては甲子園最速となる152キロを記録。その後、済美は決勝まで勝ち進むのだが、まだ初戦が終わったばかりのタイミングで安樂の周りに喧騒はなく、単独のインタビューも容易だった。

「試合に出られない先輩の分も背負ってマウンドに上がっています。個人としては、高校3年間で160キロを出したいです。あと3回の甲子園のチャンスを全部ものにして、上甲(正典)監督を胴上げしたいです」

 前年夏の岩手大会で160キロをマークした花巻東時代の大谷翔平のように、自分も160キロを出して、全国制覇を遂げたい──。そんな大言を放ちながら、先輩を立て、下級生ながらエースナンバーを背負う責任を言葉にし、上甲監督への感謝を口にした。そして大阪桐蔭など全国の強豪から誘いがある中で「地元の学校で甲子園を目指したかった」と済美を進学先に選んだ理由を話した。ハキハキと饒舌に語る様はまるでNHKが主催する「青年の主張コンクール」の弁論でも聞いているようだった。

 翌2014年9月2日に死去した上甲監督はその日、最後の愛弟子をこう評していた。

「いい子過ぎる。自分で物事を考えられるのと、マウンドで冷静に起きていることを判断できるのはすごいこと。先輩の気持ちを思いやりながら自分を主張する。親の躾が良かったんでしょう」

 30年を超える監督生活のなかで、上甲監督は平井正史(元オリックスほか)や福井優也(元広島ほか)など、プロ野球界に教え子を送り出してきた。

「安樂は上半身の筋力はないけれど、下半身の筋力はすごい。だからといって今後、トレーニングによって、上半身に筋肉をつけると、彼の持つヒジや肩の柔らかさを失ってしまう。私なりの育て方のマニュアルが通用しない子ですね。いろいろな方に相談しながら育てています」

 当時の田坂僚馬コーチ(現・済美高校監督)も、「高校2年生にしては大人びている」と話していた。

「普通の高校生ならば指導者に意見をなかなか言いづらい。だけど安樂は『ちょっと身体が重いんですが、どんなアップをしたらいいでしょうか』と、監督さんやコーチに意見を求めてくる。野球に関しては、信頼の置ける子です」

 また、この日は安樂の母も練習場に駆けつけていた。「自然とのびのびと」をモットーにして育ててきた次男をこう案じていた。

「ホントに野球ばかりで、三度の食事よりもキャッチボールが好きな子でした。注目していただけるのはありがたいですが、既に愛媛では街中を歩いていても、知らない方から指をさされてしまう状況で、逃げ隠れしなきゃいけないのは大変かなと思っています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン