芸能

〈立川談志、伝説の一席〉弟子の談春・志らくが語る2007年の『芝浜』とその後

弟子の立川談春(左)と立川志らく(撮影/井上たろう)

弟子の立川談春(左)と立川志らく(撮影/井上たろう)

 生涯にわたって年末の定番『芝浜』に向き合い続けた立川談志(享年75)。若い頃から「古典落語だけでは落語が滅びる」との考えを持っていた談志が、大晦日の情景と夫婦の愛情を描いた古典に執着したのはなぜなのか。2007年12月18日、談志が独演会で披露した『芝浜』は、「伝説の一席」と語り継がれている──。弟子の立川談春(57)と立川志らく(60)が、13回忌の節目に語った。(文中敬称略)【前後編の後編。前編から読む

「美談を、美談でないように」

 今でこそ『芝浜』は落語を代表する人情噺として、ファンの間に広く親しまれている。しかし、そもそもはさほど有名な噺だったわけではない。志らくは「昭和の時代も長いこと、三代目・桂三木助しかやってなかったんです」と明かす。

「三木助師匠の『芝浜』なんて、18分とか20分程度ですよ。その『芝浜』がなんで40分も50分もかかるようなネタになったか。五代目・(三遊亭)圓楽と、談志のせいですよ。2人で寄ってたかって、大ネタにしちゃった。圓楽師匠は客を泣かせるにはいいネタだってことで、噺の中のドラマ性を膨らませて観客も自分も滂沱の涙を流すような噺にした。

 逆に談志は美談が嫌いなので、その美談を美談ではないように演じられるのは俺だけだというモチベーションでやっていたんだと思います。この2人に(談志のライバルと称された古今亭)志ん朝師匠も続いた。『俺だったら、こうやるよ』って。圓楽、談志、志ん朝がやってたら、特別な噺になりますよ。芸人にとっても、ファンにとっても」

 実際のところ、落語の演目の中で『芝浜』がとびきりおもしろい噺というわけではない。それでもファンならば、年末の落語会で、その日のトリを務める落語家のネタが『芝浜』だとわかると少なからず心が躍ってしまうものだ。俳優の東出昌大も、そんな落語ファンのうちの1人だ。

「落語のよさって、四季を感じられるところだと思うんです。花見の季節だったら『百年目』、夏だったら『青菜』とか。そこへいくと、年の瀬は、やっぱり『芝浜』ですよね。ベートーヴェンの第九と一緒で、今年も終わりなんだなという気分が盛り上がる。畳を新しいのに替えて、いい匂いだな、っていう描写とかが好きなんですよね」

 談春も、こう言う。

「『芝浜』のどこがいいの?って言ったら、大晦日の噺だからですよ。除夜の鐘の音だったり、お飾りの笹がふれ合う音だったり。年越しに飲む縁起もののお茶を福茶っていうんだけど、福茶を飲んだり。そして、おかみさんは、そんな大晦日でなければ告白できない話をするわけ。大晦日を舞台にした落語って他にも山のようにあるんですよ。でも、ほとんどが貧乏人の家に借金取りがくる噺。庶民の貧乏人スケッチなんです。でも『芝浜』だけは、幸福スケッチなんですよ」

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン