芸能

《参加女性が告白》芸人飲み会で行なわれた“いかさまバレバレの王様ゲーム” 「帰りたいと口にすると呆れた顔で『嘘でしょ?』」

芸人パーティーで行われたゲームが…(イメージ)

芸人パーティーで行われたゲームが…(イメージ)

 芸人から高級ホテルに呼び出された女性たちの告発を『週刊文春』が報じ、波紋を呼んでいる。告発されたお笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(60)は、裁判に注力するために休業を発表。その後、同誌は後輩芸人が女性を“上納”するシステムがあると続報している。本誌『週刊ポスト』は、そうした飲み会に参加したことがある一般女性に取材。そのシステムの実態に迫った。【全3回の第2回。第1回から読む

 芸能人や有名経営者との飲み会に積極的に顔を出していたというA子さんは、20代の頃に「大物芸能人も来るかも」と誘われて飲み会に参加した。

 男性側の幹事の芸人Bはテレビではめったに見ないものの、様々な飲み会に出没していたのでA子さんとも顔見知りだった。東京・恵比寿にある居酒屋にA子さんら女性4人とBを含め芸人や放送作家の男性3人が揃うと、BがA子さんに「ねえ、この中で一番エッチな子って誰?」と耳打ちしてきた。

「えー、いきなり下ネタ!?」とA子さんが冗談っぽく反応すると、Bは真顔でこう言い放った。

「いや、そういうのいいから。さっさと教えてよ。今日ヤれるのって誰?」

 面食らった女性たちは互いに目配せした。A子さんはこう振り返る。

「そっち系の会だったか、と(苦笑)。でもそのあと来るという『大物芸能人』の期待があったので、私たちも下ネタを織り交ぜながら話を合わせてましたね。1時間くらい経つと、携帯メールを見たBが『打ち合わせ終わったって。新宿方面に移動しよう』と言うので、タクシーに分乗しました」

 A子さんら女性3人と一緒のタクシーに乗り込んだBは、しきりに「めったに飲めないすごい人なんだから。ノリが悪いのとか嫌いな人だし、失礼のないようにしてね」と念押しした。繁華街に着くと、「今これしかないから、残りはお願い」と千円札を1枚しか出さなかったBの代わりにタクシー料金を支払ったA子さんらは、ビルの中の個室カラオケに案内された。室内にはなぜかジャグジーバスもあった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン