妻の田中裕子(右)と買い物(2021年2月)

ライブでも眼鏡を着用していた。右は妻の田中裕子(2021年2月)

 沢田といえば、ファンを前にすると、本音を炸裂させることでも知られ、ライブではたびたび歯に衣着せぬ発言を繰り出し、注目を集めていた。たとえば、昨年刊行された彼の活動の軌跡を追ったノンフィクション『ジュリーがいた 沢田研二、56年の光芒』(文藝春秋)については、「あれは勝手に書いてるんや!」と吐露したことも。

「本は関係者への取材をもとに構成されていますが、その取材に応じた関係者については『よかれと思って答えたのだろうが、心ある人は断っている』と苦言を呈していましたね」(芸能関係者)

 また、前述の昨年6月に行われたバースデーライブでは、2024年の秋にマイナンバーカードと保険証が一体化され、紙の保険証が廃止になる予定であることを受けて、「保険証だけは残してほしい」と憤りを吐き出した。当時、マイナカードはトラブルが相次ぎ、世間に不信感が広がっていたため、国民の声を代弁したということなのだろう。

「切れ味鋭いMCはジュリーの持ち味のひとつです。それだけに、今回の弱気な発言には驚いてしまった。あのジュリーでも寄る年波には勝てないということなのでしょうか。ほかの観客もショックを受けていたようで、会場にざわめきが広がっていました」(前出・60代女性のファン)

「80才への不安」を吐露

 冒頭のシーンに戻ろう。ライブを振り返って、「ボロボロや」と反省を口にした沢田は、さらにこうもつぶやいた。

「今年も元気にやろうと思っていました。でも、現実は厳しい。80まで(ライブを)やるとか言ってたけど、これだとなぁ……」。正月ライブでは5年後に迫る80才への不安も吐露した沢田。

「確かに、弱気な発言もありましたが、沢田さんの人気の理由は、年を重ねることを躊躇なく楽しんでいる点にもあるように思います。昔の美少年のイメージとは一転、ふくよかになったことも、白髪になったことも隠さず、舞台に立ち続けていることでファンは元気をもらっている。

 今回、彼が難聴や視力の低下を告白したのも、そういった抗うことができない自身の変化をファンに隠したくないという思いがあったのでしょう」(前出・芸能関係者)

 過去にはライブを当日にドタキャンするなど奔放なふるまいもあった沢田。近年でも、ファンクラブの突然の解散やコロナ禍によるツアーの中止などが相次ぎ、「このまま引退するのでは」などと報じられたこともあった。それでもファンは沢田を信じてついてきた。

 いつ何が起こるかは誰にもわからないという覚悟は、沢田自身にもファンにもあるだろう。それでもファンは、年齢に負けず、ありったけの情熱を込めて歌う沢田に大きなパワーをもらっていることも、また事実なのだ。

※女性セブン2024年2月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン