芸能

【ボロボロやったね】沢田研二、ツアー千秋楽の異変「歌詞間違い連発」「難聴・視力低下を告白」…弱気発言にファン騒然

1月にはツアーを開催した沢田研二だが、千秋楽では異変が

1月にはツアーを開催した沢田研二だが、千秋楽では異変が

「ボロボロやったね……」。肩を落とし、静かにつぶやいた沢田研二(75才)の姿は、以前よりも一回り小さく見えた──。1月12日から31日にかけて、沢田にとって恒例の正月ライブ「沢田研二 正月LIVE 2024『甲辰 静かなる岩』」が開催された。

「東京のLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)を皮切りに、名古屋、大阪で公演を行った後、再び東京に戻り東京国際フォーラムで千秋楽を迎えました。70代半ばだというのに歌唱力は健在で、アンコール含む全17曲を熱唱。ステージ上を縦横無尽に動き回り、会場の熱量もすさまじかった。観客は1曲目から総立ちでした」(レコード会社関係者)

 ところが千秋楽では、ある異変があったという。

「歌詞や歌い出しの間違いが多かったように思います。自分も含め、観客の多くは往年のファンですから、ちょっとした間違いでもすぐに気づいてしまう。正直、これまでもミスはゼロではなかったけどね……。今回は多かったから、見ているこちらがハラハラしちゃったよ」(70代男性のファン)

 アンコールに入ると、沢田は彼の精神を象徴する情熱の赤い旗、通称“ジュリー旗”をまとって登場。しかし、燃えるような情熱とは程遠いしょんぼりした様子で、冒頭のように力なく、つぶやいたのだった。

無言で土下座をした

 いつの時代も沢田はファンを魅了し続けてきた。テレビから離れた後もライブ活動を精力的にこなし、一昨年から昨年にかけては、「沢田研二 LIVE 2022-2023『まだまだ一生懸命』」と題して、全国30か所をまわるツアーを敢行。昨年6月、75才の誕生日当日に「さいたまスーパーアリーナ」で開催したライブチケットは完売し、1万9000人の観客の前で圧巻のパフォーマンスを見せた。

 長年一流のパフォーマンスを続けることは並大抵のことではなく、ライブを重ねていくなかで、沢田に変化がなかったわけではない。「歌詞の間違い」もそのひとつだった。

 たとえば、2017年の正月ライブでのこと。この日は曲の途中で「忘れちゃった」と歌詞を思い出すことができず、演奏が一度中断した。そして、「もう一度やらせてもらいます」と再度演奏が始まり、歌唱後は無言で土下座をしてみせた。近年では歌詞の間違いは、「よくあること」のひとつだったわけだが、今回は特にそれが目立ったという。

「昨年6月のバースデーライブでも、『あれ? 歌詞間違えているんじゃない?』という場面が何度かあったけど、今回のライブでは比較にならないぐらい多かった。それだけではなく、時折、歌詞が出てくるのが遅れたり。MCもかみ気味でしたし、本調子とはかけ離れた様子でした」(60代女性のファン)

 このファンは、ほかにも気になったことがあったという。

「とにかく体調が悪そうでした。顔は真っ白で血色もあまりよくなくて、歌い終わった後、肩を上下させて“ハァハァ”と荒い息遣いをしていた。こんなジュリーの姿は見たことがありませんでした」

 そして、ライブのMC中には、沢田の口から衝撃の発言が飛び出した。

「突然、『(自分は)難聴だ』と明かしたんです。そのすぐ後に、『体温計のピッていう音が聞こえないから、ずっと脇に挟んだまま』なんて言って会場を笑わせていましたが……。加えて視力も低下し、視野が狭くなったとも話していました。そのためか、今回のライブではめずらしくメガネをかけたまま歌っていました」(前出・60代女性のファン)

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン